ホーム

My Story

 

このページでは、

 

・漠然とした不安を、たくさん抱えている方

・心療内科や精神科の通院(薬の治療)を止めたい方

・自律神経失調症や、パニック障害でお悩みの方

・他人に左右されず、自分らしい人生を歩みたい方

・生きづらさ(もしくは、どん底)を感じている方

 

このような方に向けて、私の経験が参考になればと思い、書かせていただきました。

 

 

正直な話し、不特定多数の方が閲覧できるインターネット上で、自分のつらい過去を書くことに対して、はじめは気がすすみませんでした。

 

 

ですが、あるパニック障害のお客様から、

 

「先生がパニック障害を克服された話しのおかげで、私も先生のように元気になれる希望がでてきました。きっと他の方も同じだと思いますよ。」

 

と、仰ってくださったことが、書くきっかけになりました。

 

 

「多くの方にどう思わたってもいい、私の体験談で参考になったと思ってくださる方がいれば、それでいいじゃないか。」

 

そう思って、公開しようと思った次第です。

 

 

拙い文章、かつ長文の内容ではありますが、最後まで読んでくださるとうれしく思います。

 

内気な性格が将来の健康に影響するとは

 

私は、3人兄弟の次男として、大阪府の堺市で育ちました。

 

3人兄弟でよくある話しに、長男は期待され育ち三男は甘え上手。

 

次男である私は、知らず知らずの内に周りに気を遣い、場の空気を読むようになりました。

 

後に知ることになりますが、自分の感情を抑圧し、言いたいことを言えない性格になっていたのです。

 

 

友達との関わり方は、2~3人の気心しれた友達と遊ぶことは好きな反面、友達が別の友達を呼んで大人数で遊ぶことが、とても苦手でした。

 

今考えると、友だちの些細な言葉でも傷つくメンタルの持ち主だったこと。

 

あと、なぜか大阪で生まれ育ちながら、大阪らしい冗談や独特な言い回しに違和感を感じることが多く、一緒にいると窮屈だったからです。

 

友だちが一人もいない専門学生時代

 

そんな私ではありますが、堺上高校を卒業し、当時興味を持っていた自動車に関わる仕事をしたい、と思いました。

 

幸い自宅から近い所に、自動車整備士を養成する専門学校があることを知り、阪和鳳自動車工業専門学校に入学しました。

 

 

ですが、元々の内気な性格が災いし、友達を全く作れず、周りが楽しそうに騒ぐ中、休憩時間はいつも一人で過ごしていました。

 

昼ごはんも一人で食べにいき、実習で組むパートナーも最後まで残るくらい、周りに馴染むことができません。

 

東京モーターショーと、ディズニーランドがメインだった修学旅行も、ほぼ一人で行動するという、なんとも寂しい2年間を過ごしていたのです....

 

 

そんな状況の中でも、両親にお願いして学んでいる手前、授業を欠席することなく2つの国家試験に合格。

 

卒業後、地元のトヨタオート南海株式会社に就職することができました。

 

理想と現実の狭間

 

自動車整備士としての、主な仕事は、

 

・オイル交換・タイヤ交換などの軽整備

・エンジン不調・異音・電気系統などのトラブル修理

・定期点検・車検整備

 

などを行っていました。

 

 

入社2年目に、国に変わって車検を通す、自動車検査員という国家試験に合格し、車検業務に携わることが多くなりました。

 

 

入社4年目になると、自動車検査員と兼任でサービスアドバイザーという、整備のフロント業務に異動となりました。

 

主な業務内容は、整備で来られる方の接客や修理内容の見積もり・部品の発注・整備士への作業指示などです。

  

 

ですが、元々の内気な性格が急に変わるはずはなく、今振り返ってみるとサービスアドバイザーの仕事は、私にとってストレスの温床だったのです。

 

 

ここで、例をあげてみようと思います。

 

・営業と整備との意見の食い違いの仲裁

・誰もが嫌だと思う苦情全般の対応

・細かい修理依頼への対応

・支店で解決できないクレーム対応

・違法改造車両の入庫禁止告知

 

 

こう書くと、あなたはそれほどたいしたことではないと、思っているかも知れません。

  

 

では、もうこの際、思い切って書いてみようと思います!(笑)

 

 

 今でも鮮明に覚えているのが、

 

・自動車損害保険金詐欺への加担(もちろん断りました)

・年上の男性3人に囲まれて罵詈雑言を浴びせられる

・陰湿な根回しをしてくるクレーマー対応

・反社会勢力の恫喝

・殺すぞ!と言われたこともありました

 

 

大手自動車メーカーの看板を掲げるサービスアドバイザーとして、さまざまなお客様と接してきた私でも、さすがに強い「負」の感情をぶつけられると、精神的ストレスがかなり溜まりました。

 

 

それでも、いいお客様に恵まれ、納車の時によろこんでいただいたり、労いの言葉をかけてくださったことは励みになりました。

 

人生の岐路

 

年次を重ねながら、入社9年目の冬に、人生の転機を迎えることになりました。

 

 

私は、年末の人事異動で営業職に異動を命じられたのです。

 

 

「え!まさか自分が営業?」

 

 

整備本部の説明では、整備が詳しい営業を育てる本部の意向に、適しているからという理由でした。

 

でも、学生の頃から「定年を迎えるまで整備士として働くんだ」

 

そう、思っていただけに、新車の販売は畑違いの職種だと常に思っていました。

 

 

異動を命じられてから、年末年始の休暇中に、改めて定年まで働くということを考えました。

 

 

考え抜いた結果、私のような真面目で内向的な性格では、とても営業職はつづかないと思い、翌年の1月に退職することにしました。

 

 

当時の心境は、

 

・整備サイドで職務を全うすることができなかった

・心身がかなり疲れていたためラクになりたかった

 

このように悔しい気持ちと、どこか安心している気持ちが入り混じった心境でしたね。

 

「転職」したことで「天職」に出会う

 

退職してから、営業の可能性が無い自動車関係の仕事をしようか?

 

それとも、当時は癒し・健康ブームだったこともあり、健康関係の仕事に転職するか迷いました。

 

 

具体的にどう迷ったのかというと、これから自動車関係の仕事に就いても、整備側で定年を迎える可能性は限りなく低いだろう。

 

もしかすると、売上ノルマやクレームなどで、精神的に参ってしまうかも知れない。

 

一方、健康関係の仕事に転職すると、将来独立できるかもしれない。

 

でも、自分にできるだろうか?

 

このように迷っていました。

 

 

当時は、まだ30歳です。

 

 

後述しますが、私は20代の頃から心身の不調をたくさん患っていました。

 

 

整骨院や整体院などで、治療を受ける一人の患者として、

 

・私を含めた患者さんが元気になっていく

・白衣を着た先生がかっこよく見える

 

このように、先生と呼ばれる職業に対して、どこか憧れを抱いていたのも正直ありました。

 

やがて、「人の健康に携わる仕事をやってみたい!」そういう想いが、ふつふつと湧いてきました。

 

 

・新たに自動車業界の仕事をしていく不安

・まったく新しく健康の仕事をしていく不安

 

 

この2つの不安を天秤にかけて、考え抜いた結果、自分の新たなる可能性にチャレンジしたい気持ちが強くなり、整体の道へ進む決断をしました。

 

 

============

人生の転機を迎えた訳です

============

 

修行時代

一年間かけて、推拿(すいな)と呼ばれる中国発祥の整体を学び、整形外科のリハビリスタッフとして、第二の人生を歩むことになりました。

 

 

毎日、多くの患者様が訪れる中、

 

「自分が患者さんを担当してもいいのかな?」

「しっかり話を聞けていないかも」

「他の先生と比べられているんじゃないだろうか?」

 

このような不安を感じ、それらの不安を消したくて、先輩方に指導を仰ぎました。

 

 

臨床現場が未経験の私に、リハビリの機会を与えてくださった院長先生。

 

指導をしてくださった先輩方。

 

そして、未熟な私の手技を受けてくださった患者様には、今でも感謝しきれません。

 

 

整形外科では、約4年間勤め、その後3カ所の整骨院・リラクゼーションサロンで施術に努めました。

 

なぜ、退職を繰り返したのかというと、色々な先生の考え方や技術を学びたかったからです。

 

 

どの業界でも、よくいわれる「修行」ですね。

 

 

多くの整骨院や整体院があるように、腕のいい先生はたくさんおられます。

 

・技術

・知識

・経験

・人柄

 

そういった意味でも、私はまだまだ未熟者だなと、痛感する出来事がありました。

 

 

それは、

 

・質問に対してうまく答えることができない

・ほとんど指名されない職場もありました

・施術が悪かったようで、患者様を怒らせてしまったこともあります

 

 

このままではダメだ!そう思い、院長先生や先輩の指導を仰ぎ、家族や友だちにお願いして、練習を重ねつづけました。

 

 

そのお蔭で、今まで難しかった症状を改善させることができるようになり、患者様からの評判も徐々にあがってくるようになりました。

 

からだとこころをつなぐ整体

 

施術経験を積み、患者様からの評判が自信につながったことを期に、そろそろ独立してもいいかな?と思うようになりました。

 

 

思い立ったらすぐ行動。

 

 

平成25年4月22日

整体と心理学を融合させた、さかい快福整体堂を開院することになりました。

 

 

1年・3年・5年と経験を積んでいくたびに、あることを強く思うようになりました。

 

それは、今の整体と自動車整備時代と、本質的に同じお客様と向きあっているということです。

 

これは、どういうことなのか?

 

それぞれの業務内容を、整理してみました。

 

整備

・ 修理受付      

・ 故障診断      

・ 原因説明 

・見積もり  

・ 修理         

・ 作業行程の説明    

・ 予測していないお金  

・ アフターフォロー

整体

・ 整体受付

・ カウンセリング

・ 徒手検査

・ 原因説明

・ コースや通院ペースの説明

・ 施術

・ 施術工程の説明

・ 予測していないお金

・ アフターフォロー


 

ね!ほぼ同じでしょ?

 

どうやら私は、困っている方のために出来る限り精一杯のサポートをしたい!

 

そういう想いが強い星の下で、生まれたようです。

 

 

これより先は、家族や親友も知らない、私の病気遍歴を綴ろうと思います。

 

私の病気遍歴

 

二十歳で就職してから、はじめて体の症状として悩んだ箇所は、首の痛みでした。

 

体の仕組みを学んだ今こそ、その原因が書類を作成する際の姿勢が悪く、筆圧が強かったからだと分ります。

 

 

特に、左の首筋に激しい痛みを感じ、首をもんだり健康グッズで押したりしながら、毎日を過ごしていました。

 

しかし、自分ではどうにもならない状態に陥り、整骨院やマッサージに通うことになりました。

 

 

プロにお願いしても、私の首の痛みはなかなか改善しません。

 

「もう首の筋肉を取って欲しい!」とさえ思ってしまうくらい、毎日つらかった記憶が残っています。

 

 

そんな中、サービスアドバイザーとしての責任も年々増して、無意識にストレスを感じていたのでしょう。

 

 

やがて、毎日深夜の2時に目が覚め、そこからしばらく寝れない日々が6ヶ月以上つづき、とても困りました。

 

 

さらに...追い打ちをかけるように、胃腸の不調・動悸・体がフワフワする・喉が詰まる・ふらつき・頭重感など、周期的に体調不調が入れ替わりました。

 

 

それぞれの症状に対して、適切だろうと思う医療機関を受診しても、

 

「特に異常はないですよ、安心してくださいね」

「とりあえず薬でようすを見てみましょう」

 

このような、説明を受けるばかりでした。

 

 

私は「症状として出ているのに、なぜ原因が分からないんだ!」と、病院に不信感を抱くようになりました。

 

 

それでも、病気は病院で治してもらえるという認識が強く、「もっと治せるお医者さんがいるだろう」と思い、違う病院を探すことにしました。

 

 

当時は、今のようにインターネットの環境が整っておりません。

 

タウンページを見て、隣街の病院や電車で1時間以上かけて、確かなお医者さんを追い求め、診察を受けにいきました。

 

 

しかし、それでも診察の結果は、

 

・ 原因不明

・ 異常無し

・ とりあえずお薬をだしておきます

 

そんな、ありきたりな説明だったのです。

 

 

どんどん、病院への不信感が強まりました。

 

 

西洋医学では治らないだろうと判断し、今度は鍼灸・カイロプラクテック・気功・ヒプノセラピーで症状を治そうと思い、治療(施術)を受けにいきました。

 

ですが、それらの施術でも私の体の不調は改善しません。

 

 

 心の中では、「がんばって通っているのに治らないなんてプロとしてどうなんだ!」

 

「貯金を切り崩して通っているのに!」と、治療院の先生方に対する不満で一杯でした。

 

 

こうなってくると、一体自分の身体に何が起きているのか分らなくなり、今でこそ敷居が低くなった心療内科の受診を自ら選択し「自律神経失調症」と診断を受けました。

 

 

「あぁ、そうだったのか...」

 

 

原因不明と言われることよりも、自律神経失調症と診断されたことによって、もう違う病院を探さなくてもいいと安堵し、私は投薬治療を受けることになったのです。

 

心臓発作で死ぬかと思いました

 

ある症状が治ったと思う時期もあれば、また違う症状が表れる時期もありました。

 

実は、これが自律神経失調症の特徴です。

 

 

職場には、自律神経失調症であることを隠して仕事をしていたため、仕事に対する要求も経験に応じて求められてきました。

 

 

そんな、ある日の休日、車で映画館から帰っている途中、大きな橋の手前で渋滞が発生していました。

 

 

いつもなら、特に気にすることなく渋滞を乗り切れていたのですが、なぜかこの日は手足に汗をかきはじめ、胸が苦しくなり、やがて呼吸が困難に....

 

 

しばらくすると、「これは心臓発作か!」と思ったくらい、強烈な胸の痛みと恐怖心が、私に襲いかかってきました。

 

 

偶然近くに消防署を見つけ、病院まで搬送してもらい点滴を受けたことで、落ち着きを取り戻しました。

 

担当医によると、臓器には問題ないとのことでした。

 

 

「では、一体何が原因なのか?」

 

 

翌日、通院していた心療内科で診察を受けると、「パニック障害」だと診断されました。

 

そうなんです...

 

私は、自律神経失調症とパニック障害を、同時期に患ってしまったのです。

 

ドクターショッピング人生

 

それまでの薬に加えて、抗不安剤や発作時の頓服が追加され、数ヶ月治療がつづきました。

 

が、しかし...

 

・ 近所でしか車の運転ができない

・ 快速(急行)電車に乗れない

・ エレベーターに乗れない

・ 10分カットの散髪屋でも呼吸が乱れる

・ ショッピングモールに行くとふらつく

 

このような状況が続き、大変困りました。

 

 

この時の心境を表すのなら、

 

「なぜ、薬を飲んでるのに一向に治らないんだろう?」

「この先ずっとパニック障害と付き合わないといけないのか?」

「健康な人が羨ましい、どうせ自分は....」

 

毎日そんなことばかり思っていました。

 

 

それでも、「病気は病院で治してもらえる」と、この時でもかすかに期待していた私は、「もっと治せるお医者さんがいるだろう」そう考え、別の病院を探すことにしました。

 

 

そんな私の治したい気持ちを、一瞬で消し去る言葉を、ある病院の医師から言われました。

 

 

「仕事が向いていないんじゃないの?」

 

 

この言葉で、病院に対する期待を完全に失い、私は強い怒りを覚えました。

 

 

自宅に帰って、今まで受診した診察券を数えてみると、なんと軽く50枚を越えているではありませんか!

 

 

そこで、ようやく私は、極端なドクターショッピングをしていることに気づいたのです。

 

※ドクターショッピングとは、患者がよりよい治療を求めていろいろな医療機関を渡り歩くことです

 

西洋医学の限界...でも...

 

西洋医学に見切りをつけた私は、今回も鍼灸・カイロプラクティック気功・ヒプノセラピーなどで、症状の改善を目指すことにしました。

 

 

でも、やっぱりよくなりません....

 

 

中には、「パニック障害の97%の方が効果を実感!」という宣伝文句の鍼灸整骨院に通い、「私は3%の人間だったんだ」と、落胆したこともあります。

 

 

わらをもすがる思いで、1回3万円の気功を受け、お金をドブに捨ててしまったような罪悪感と、期待をした自分が情けなく思ったこともあります。

 

 

今の私なら、自律神経失調症やパニック障害が治らなかった理由がよく分ります。

 

 

でも、本当に苦しかったあの頃は、医師や薬・カウンセラー・鍼灸師などにしか頼ることができず、

 

・ 自分と向き合う

・ もっとしっかり治療院を選ぶ

 

このような考えを、全く持っていなかったのです。

 

 

もし、今の私があの頃の自分に会いにいけるのなら....今でもそう思う時があります。

 

人生の転機はイメージの力

 

もう元気になることをあきらめようか?

 

いや、もう1回頑張ってみようか。

 

このように気持ちが揺れうごく中、ある日ふと思ったのは、「自分が元気になったら誰がよろこんでくれるだろうか?」という問いかけでした。

 

 

その時に浮かんだのは、まず両親の顔でした。

 

「あぁそうだよな、まずは両親を安心させようじゃないか」

 

それから、次々とイメージをしていきました。

 

「自分が元気になったら誰がよろこんでくれるだろうか?」

 

 

すると、

 

・ 未来のお嫁さん

・ まだ見ぬ子供たち

・ ペットたち

 

なんだろうこの感じ....

 

涙があふれてくるではありませんか。

 

 

そして、私は決意をしました。

 

やっぱり、このままではいけない、もう1回がんばろうと一念発起!

 

 

数日後に訪れた図書館で、私は引き込まれるように「自己啓発」と「人生哲学」の本棚の前に立っていました。

 

このようなジャンルは、今まで読んだことがなく、気になるタイトルの本を手に取り、借りることにしました。

 

 

これまで、50件以上の病院を駆け巡り、たくさんつらい経験をしてきたからこそ、私にとってこれらの本は心のサプリメントになりました。

 

それこそ、ひとつの図書館では物足らず、数カ所の図書館に通い、数えきれない本を読みました。

  

 

そこで気づいたことが、

 

今までの私は、医師・薬・心理カウンセラー・鍼灸の先生など、パニック障害を克服するための答えを「外」に求めていたということ。

 

 

自分の「内」に向き合わないと、治るものも治らないんだと、気づいたのです。

 

 

今までの、ドクターショッピング人生を振り返り、数百冊を超える書籍から学び、私が取り組んだことは、

 

・ 自分が伝えたい気持ちを伝えていこう

・ 物事のとらえ方をプラスにとらえよう

・ 他人の意見に左右されず自分で決めよう

・ もっと 自分を好きになろう

・ 周りにもっと感謝しよう

 

このように、改心し行動した結果、自律神経失調症の症状が劇的に改善し、パニック障害も回復に向かっていったのです。

 

 

ですが、この時点では、まだパニック障害を克服したとは言いきれません。

 

「環境」の力

 

結論からいいますと、「環境」のおかげで、パニック障害を克服することができました。

 

ここでいう環境とは、安心できる環境であり、人と安心して繋がれる場のことです。

 

 

とある、整体の技術研修会で出会った先生方は、誰しもが否定をしてきたり、余計なアドバイスはしませんでした。

 

 

たとえば、私が

 

・医療に対するネガティブな感情

・自分を責めてしまう言葉

・健康な人に対して妬む気持ち

・生きづらさ

 

このような話をしたとしても、

 

「市川さんのままでいいんですよ」

「色々大変だったんですね」

「そういう事を言われたら僕でも怒りますよ」

 

というように、私の話を丸ごと受け止めてくれたのです。

 

「こ…この方たちの優しさはどこから…」

 

 

なぜ、私の話を全て受けいれてくれるんだろうと、一番気にかけてくださる先生に聞いてみると、みんなが似たような辛い体験をしていたからでした。

 

その時、私の気持ちがスーと楽になりました。

 

「自分だけではなかったんだ」と…

 

この恵まれた環境を活かして、

 

・車を運転して遠くにでかける

・急行(快速)に乗る

・人が多い場所にでかける

 

このようなことを繰り返し、行き詰った際には、仲間に話を聞いてもらいました。

 

 

ですが、10年以上パニック障害を患っていただけに、決してスムーズに克服できた訳ではありません。

 

 

車を運転中、呼吸が乱れることが何回もありました。

 

電車で堺市から難波や新大阪に行くまでに、何度も途中下車したこともございます。

 

人間ドックを受ける際、「怖くなった場合どうすればいいですか?」と受付の方に聞いたこともありました。

 

10分カットの散髪屋さんでさえ、逃げ出したくなる時が何度もありました。

 

 

それでも、どん底を経験したからには、這い上がる気持ちだけは持っていました。

 

 

こうして、思考錯誤を繰り返しながら、時には仲間に支えられながら、一つ一つ成功体験を積んでいったのです。

 

 

すると、狭い空間にいることが平気になりました。

 

たくさん人が集まる施設も、平気になりました。

 

散髪屋さんも平気です。

 

急行や快速電車にも、乗れるようになりました。

 

新幹線に乗って、東京まで日帰りでいくこともできるようになりました。

 

 

何より、一番自信がついたのは、パニック発作を起こした道路まで、車を運転して訪れたことです。

 

「ここを克服できたら自分はもうパニック障害ではない!」

 

そう決めて、取り組んでいました。

 

 

思いかえせば、自動車販売会社を退職し、今の仕事に転職したあの頃から「体の痛みだけではなく、心の悩みでお困りの方にも手助けしたい」

 

「心の問題をご自身で解決する方法をお伝えし、心療内科や心理カウンセリングに通う方を減らしたい」

 

と、理想を思い描いていました。

 

あれから16年が経った今でも、この理想は変わっていません。

 

 

これからも、自分が生きている証として、一人でも多くの方の気持ちに寄り添っていこうと決めています。

 

 

大変長い文章を、最後まで読んでくださって、心から感謝いたします。

 

お問い合わせ・ご予約