まぶたの痙攣(けいれん)

こんな方は読み進めてください

ーーーーーーーーーーーーーーーー
・まぶたがピクピク動く
・片側の目だけにけいれんが起きる
・けいれんが止まらない
・いつけいれんが起きるのか不安
ーーーーーーーーーーーーーーーー

このように感じる場合は、
まず病院で検査を受けてください。

検査結果で異常がない場合、
『精神的なストレスが原因』
ということが考えられます。
 

病院で「異常なし」
という結果がでたとすれば、

あとは
他に推測される原因を
1つ1つ消去していけば、
問題は解決していくはずです。


【目の疲れ】

・ パソコンをよく使う
・ スマホの画面をよく見る(ゲーム)

このように
よく目を使う方は、

パソコン環境の見直しや
目のケアをしていただいたり

スマホを使う時間を
減らしていくことで
判断できるでしょう。


【睡眠不足】

・ 残業が多くて休みの日に寝だめをする
・ 家事や育児に追われ睡眠時間が少ない

という方の場合、

・ 仕事を早く終わらせる
・ 他の人に仕事を割り振る
・ パートナーに協力を求める
・ 適度に手を抜く

という回避方法が
思い浮かびます。


しかし、現実的には
むずかしいかも知れませんよね。


睡眠不足を解消する
てっとり早い方法は、

整体やマッサージで
身体の疲れを癒すことです。


【精神的ストレス】

たとえ
小さなストレスだとしても
それが積もりに積もれば、
大きなストレスになります。

そのストレスが
限界に達すると、

自律神経に乱れが生じて
身体のさまざまな箇所に
症状や不調として表れてきます。

その症状が、
まぶたのけいれん
として表れている
かも知れません。
 

当院での
まぶたのけいれんに対する
施術は、

・ 睡眠の質をあげるクラニオセラピー
・ 傾聴型カウンセリング
・ 心理セラピー

を行っていくことで、
まぶたのけいれんの
改善に取り組んでいます。
 

主人が先にお世話になっていた事もあって、
私も数年前に出始めた左瞼下の痙攣や
身体の左側の鈍い感じが気になっていたので、
治療をしてもらいました。

背骨の歪みもあり
体調が自分が思ってる以上に
あまり良く無い状況だった事が
わかりびっくりでしたが、

先生と会話をしながら
何がストレスの原因になってるのか、

精神的ストレスで身体に影響がでる事など
治療中は心と身体が繋がってるのを
改めて実感しました。


回数を重ねていくごとに
少しずつストレスを小さくさせていき
不調だったところに伝わっていく感じがあり、
今では瞼の痙攣はほとんど出なくなり
体調もかなり良くなりましたよ

市川先生のやさしい整体と会話、
心地いい音楽も心と身体を
リラックスさせてくれますよ~

どこへ行ったらいいのか迷われてる方

治療を受けてみてはいかがでしょうか

お勧めします~

お医者さんから

・原因不明
・異常無し

と言われた場合、

自律神経が乱れているからかも?

という視点の方が増えれば、
重度の症状になったり
症状が長引かないと思います。


私を含め
自分の体のことを
誰よりも知っているのは
自分自身です。


この機会に
自律神経について
学んでいただけると
うれしく思います。

さかい快福整体堂  市川 猛

【関連ページ】

自律神経失調症について
自律神経専門家アンサー