ホーム

体温調節機能障害

さかい快福整体堂では、2013年の開院以来、自律神経の乱れで引き起こされる体調不調でお困りの方と、向き合ってきました。

 

 

さまざまなご相談を受ける中で、「体温の調節がうまくいかない」、このような話しもいただきます。

 

 

このページでは、体温調整に深く関わってくる自律神経についてまとめました。

 

目次

・自律神経とは?

・体温調節と自律神経

・当院のアプローチ

・よろこびの声

・最後に

体温を調節する機能は、「外はいま、何度か?」「 体温はいま、何度か?」という情報を、皮膚と神経伝達の核となる深部体温受容器という所で集めています。

 

 

そして、これらの情報は、脳の「視床下部」と呼ばれる所で体温を一定に保つようにコントロールされています。

 

 

このコントロールをているのが、自律神経です。

 

自律神経とは、

 

・内臓の働き

・血管の収縮、拡張

・瞳孔、汗腺、唾液の分泌 など、

 

「自分の意思では動かせない」神経のことをいい、身体のさまざまなバランスを無意識でコントロールしてくれる、まさに要ともいえる神経です。

 

 

その自律神経は、2つの神経で構成されています。

 

◎ 交感神経:がんばる・緊張・ストレスを感じている時

◎ 副交感神経:休息・修復・リラックスしている時

 

体温を保つ自律神経の働き


体温が低下した時

 

皮膚や血管が収縮して、外の環境と接する面積をへらし、体温を奪われにくくします。

 

体温が上昇した時

皮膚や血管が拡張して、外の環境と接する面積を増やし体温を逃げやすくさせます。

 

しかし、自律神経のバランスが乱れると、

 

暑い季節に汗をほとんどかかない

寒い季節にほてりを感じてしまう

 

このように体温の不調を引き起こしてしまいます。

 

当院の体温調整に対する施術では、一般的な整体で行われるような筋肉・骨盤・背骨に対してアプローチをするのではなく、

 

・皮膚

・脳(脳脊髄液)

 

に対してアプローチを施し、自律神経のバランスが保つように調整を行っていきます。

 

そうしていくことで、体温調節機能がうまく働いてくれるようになります。

 

体温調節が出来るようになったりとずいぶん症状がよくなりました。

 

以前から自律神経の乱れによる倦怠感や不眠症、体温調節がうまくできないことなどで悩み、何科に行けばいいのかもわからずネットで検索したところ、自律神経失調症のケアに力を入れているというホームページを見つけました。

 

ホームページを見ていると市川先生自身も自律神経失調症を患っていたことを知って、是非一度行ってみたいと思いすぐに予約をしました。

 

 

初めは少し緊張していましたが、市川先生の温厚かつ真剣に話を聞いてくれる姿勢に少しずつ緊張はなくなり、施術中も楽しくお話をしながら自律神経が悪くなる仕組みや、肩コリや腰痛の原因を丁寧に教えてくださいました!

 

 

しっかり勉強されている方なので安心感を持つことが出来ると思います。

 

その場だけではなく、ホームケアのやり方まで丁寧に指導してもらえます(・∀・)

 

まだ行き出したところなのでそんなに回数は通えてませんが、はじめに比べると肩コリや腰痛がよくなり、体温調節が出来るようになったりとずいぶん症状がよくなりました。

 

これからも続けて行こうと思います!!!

 

特に自律神経失調症で悩んでいる人には、是非市川先生の施術を受けてもらいたいです!!!

 

これは、体温の調節以外の体調不調でも同じことがいえるのですが、自分の身体が思うように動いてくれなくなると、誰でも不安な気持ちになってしまいますよね?

 

体温に関わることならなおさらだと思います。

 

そんな時だからこそ、身体の調子が悪くなっている要因や快復までの仕組みを丁寧に分かりやすく伝えていくことが、私の役目だと思っています。

 

 

体温調節のことでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

自律心体療法師・心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

 

【関連ページ】 自律神経失調症について↓