ホーム

動悸|心臓の違和感

次のような方は読み進めてください

・ 心臓がドキドキする

・ 胸のあたりに違和感を感じる

・ 脈の速さが気になる

・ 呼吸が急に苦しくなる

・ 胸がウッとなる

このように感じる場合は、必ず病院で診察や検査を受けてください。

※ 箇所が箇所なだけに早急に受診されることをおすすめします。

 

 

それでも、

 

・ 特に異常が見当たらない

・ ひどくなったらまた受診してください

・ 心療内科を受診してみますか?

 

などの説明を受けられ心配な場合は、今読んでいただいているページが参考になると思います。

 

目次

・心臓と自律神経の関係

・動悸が起きるメカニズム

・当院のアプローチ

・おわりに

自律神経とは、

 

・内臓の働き

・血管の収縮、拡張

・瞳孔、汗腺、唾液の分泌 など、

 

「自分の意思では動かせない」神経のことをいい、身体のさまざまなバランスを無意識でコントロールしてくれる、まさに身体の要ともいえる神経です。

 

 

その自律神経は、2つの神経で構成されています。

 

◎ 交感神経

:がんばる・緊張・ストレスを感じている時

 

 副交感神経

:休息・修復・リラックスしている時

 

 

【心臓と自律神経の関係】

 

交感神経 :心臓の働きを高め血管を収縮させ血圧を上げる

副交感神経:心臓の働きをゆるやかにし血管を拡張させ血圧を下げる

 

このように2つの神経は、正反対の働きをしています。

 

私たちは、誰でも緊張する場面やストレスがかかると、無意識に力が入ります。

 

これは人の本脳である「戦うか・逃げるか」という、自分の身を守るための自然な反応です。

 

 

この時、自律神経は交感神経の働きを優位にし、いざという時に備えています。

 

いい換えるなら、心臓の働きを強めて筋肉の血流の働きをあげ、戦うか・逃げるかの状況に備えているのです。

 

 

これが、本当に「戦うか・逃げるか」局面であればいいのですが、過度な緊張(ストレス)が続くと、どのような小さなことでも緊張癖がついてしまいます。

 

すると、ストレスを感じる状況にいなくても“無意識”で心臓の拍動を強めてしまう状態が定着してしまうのですね。

 

 

これが、自律神経の乱れが影響し、動悸が起きるメカニズムです。

 

当院が行っている動悸に対する整体は、

 

① 無意識に緊張している筋肉を緩和

 

首や肩の筋肉が緊張していても、指先・反対の肩・鎖骨・背中。

 

背中や腰の筋肉が緊張していても、ふくらはぎ・足裏・脛など、無意識に緊張している真の部位、“トリガーポイント”を見極めて施術いたします。

 

 

② 脳のセラピー

 

脳内の疲労物質を処理してくれる役割を担う、脳脊髄液という体液を、クラニオセラピーと呼ばれる施術で脳脊髄液を流し、脳の疲れをかるくしていきます。

 

私も動悸で悩んでいた時期がありました。

 

・急に胸がウッと締め付けられる

・心臓のあたりが脈打つ

 

それらは、苦しい・気持ち悪いという印象しか残っていません。

 

心配になり、病院で心電図の検査を受けましたが、検査結果は異常なしでした。

 

 

その後も動悸は起こり、「もっと怖い病気が潜んでいるのでは?」と不安が募るばかりでした。

 

 

もし、当時の私が自律神経の仕組みと対策を知っていたら、もっと早く動悸はよくなっていたでしょう。

 

 

あなたには、私のようにつらい経験をして欲しくないと思っています。

 

 

動悸でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

自律心体療法師・心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

 

【関連ページ】

自律神経失調症について

 

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ