ホーム

耳鳴り

多くの方が耳鳴りを発症すると、耳鼻科を受診されると思います。

  

ですが、西洋医学(病院)で出来る範囲は限られていると、個人的に思っています。

 

 

なぜなら、

 

「うまく耳鳴りと付き合っていくしかない」

「歳だから仕方がない」

「今回もお薬を出しておきますね」

 

このような話を、よくご利用者様からお聞きするからです。

 

 

これでは、誰でもあきらめかけてきますよね?

 

 

あるデータによると、耳鳴りに悩まれる患者数は、300人に一人といわれ、65歳以上の方に限定すると約3割にものぼるようです。

 

 

なぜ、耳鳴りでお困りの方が減っていかないのでしょうか?

 

 

それは、耳鳴りは耳だけに原因があるのではなく、

 

① 脳の疲れ

② 精神的ストレス

③ 毎日が忙しく気が張っている

 

このような要因が関わってくる場合があるからです。 

 

 

このページでは、3つの中でも、①「脳の疲れ」にフォーカスを当ててみます。

 

目次

・脳が疲れる理由とあたまが大きくなる理由

・耳鳴りは神経の誤作動?

・当院の耳鳴り整体

・よろこびの声

・最後に

脳は、脳脊髄液と呼ばれる体液によって守られ、脳の老廃物を排出する役割を担っています。

 

この脳脊髄液は、最終的に血管系もしくはリンパ系に取り込まれる仕組みになっており、そのことからも、脳脊髄液は血液・リンパ液に次ぐ第3の循環系と呼ばれています。

 

 

脳脊髄液の生産や循環がわるくなると、脳の機能低下を引き起こしてしまいます。

 

 

つまり、脳が疲れる要因となるのです。

 

 

私たちは、不安や悩み、睡眠不足が蓄積されると脳がたくさん働き、その結果脳の機能が低下して脳脊髄液の循環が滞ってしまいます。

 

※脳は体重の2%の重量しかありませんが、エネルギーの消費量は身体全体の20%も使うといわれています

 

ここでいう滞りとは、頭蓋骨と背骨の連結部分のことを示し、それを日常生活で例えるのなら排水溝が詰まっているイメージです。

 

 

この状態ではいけないため、脳は脳脊髄液の流れを良くしようとがんばるのですが、がんばれば、がんばるほど脳脊髄液の圧力が高くなり、その圧力を他へ分散させようとします。

 

その、第一ターゲットとなるのが、頭蓋骨の関節である「縫合」と呼ばれる箇所です。

 

 

ですが、この縫合だけでは脳脊髄液を逃がす容量が少なく、やがて一杯になってしまうのですね。

 

これがあたまが大きくなる理由です。

 

脳脊髄液と頭蓋骨の説明
脳脊髄液と頭蓋骨の説明

 

そこで、脳脊髄液の次なる逃げ道が必要となってきます。

 

そうしないといけない理由は、血圧の上昇と同じように脳圧の上昇を避けたいからです。

 

 

次に第二ターゲットとなるのが、音や平行感覚をコントロールしている内耳です。

 

 

しかし、ここで問題が生じてきます。

 

 

内耳は常にリンパ液で満たされており、脳脊髄液が内耳までまわってくると、リンパ液と交じり合ってしまいます。

 

内耳には音を感知する聴覚神経というのがあり、内耳に脳脊髄液が交じってきたことで、聴覚神経が誤作動を起こしてしまう

 

 

これが耳鳴りの原因になるのではないのかと、最近の研究でいわれています。

 

当院では、4つのアプローチを施してまいります。

 

 

① 脳脊髄液の循環を促進

 

脳脊髄液を、クラニオセラピーと呼ばれる施術で循環をうながし、脳の疲れをかるくしていきます。

 

そうしていくことで、脳圧を下げ、音を察知する聴覚神経の誤作動を引き起こさないようにしてまいります。

 

 

クラニオセラピーは、写真のように頭にふれるだけのセラピーですので、痛くも怖くもございません。

 

ほとんどの方が眠たくなる、心地いいセラピーです。

 

どうぞ、ご安心くださいませ。

 

 

② 頭蓋骨のゆがみを整える

 

骨盤がゆがむように、頭蓋骨もゆがみが生じてきます。

 

頭蓋骨を形成する骨は8個あり、それらは膝や肘のように折り曲げる関節ではなく、洋服の縫い目のようにつなぎ合わせて頭蓋骨を形成し、やわらかい脳を保護しています。

 

これを縫合と呼び、縫合を心地よい刺激でアプローチし、頭蓋骨のゆがみを整えていきます。

 

 

なぜ、そうする必要があるのかというと、頭蓋骨の歪みを整えた方が、脳脊髄液の循環が促進されやすいからです。

 

 

③ 頭を支える首の筋肉を緩和

 

約8㌔ある頭を支え続つづけているのは、主に首の筋肉です。

 

この首の筋肉をもまずに首の筋肉をやわらかくする、トリガーポイントマッサージを施していきます。

 

 

④ 精神的ストレスをケア

 

ご要望のある方だけにしか行いませんが、傾聴カウンセリングや心理セラピーを用いて、精神的ストレスのケアをしていきます。

 

よろこびの声

約3か月で耳鳴り・ふらつきが完治

 

2年半ほど前にメニエール病を発症し、耳鼻科に通院しながら内服薬で改善しましたが、1年前に再発症しました。

 

耳鼻科ではなかなか改善せず、回転性のめまい・耳鳴り・ふらつき・嘔吐に苦しんでいました。

 

 

なかなか改善しなかった為、接骨院にて針・お灸でめまい・聴力は改善し薬を服用なしまでに回復しました。

 

しかし、耳鳴り・ふらつきが改善せず「体調を根本からよくしたい、健康になりたい」と強く願いながら、インターネットを調べていると【さかい快福整体堂】のホームページを発見しました。

 

 

本当に治るのか半信半疑の気持ちでしたが、ホームページで具体的な症状が書かれたブログや市川先生自身が病気を経験し克服されている事、また家から近く通いやすいという利点もあり、今年4月頃に勇気を出して予約を取りました。

 

 

初回は緊張しましたが、ホームページの写真を拝見していた通り笑顔が素敵で優しい雰囲気が漂っており、さらに私の病気の辛さを丁寧に聴いて下さりとても安心しました。

 

 

私自身、身体が原因で病気になってしまったと思い込んでいましたが、市川先生から色々とお話しを伺うと、実は心も大きな原因がある事を理解出来ました。

 

 

整体とカウンセリングを両方からアプローチして頂き、気が付いた時には耳鳴り・ふらつきが改善し気にならなくなっていました。(もちろん薬の服用もしていません)

 

 

市川先生には、カウンセリングで私の過去のトラウマを深いところまで丁寧に聴いて下さったお陰で、過去の自分も認められる様になり、現在は前向きな気持ちになりました。

 

 

メニエール病は原因不明の難病と言われていますが、絶対に良くなると信じていれば回復に向かうと信じています。

 

今後は健康と向き合いながら無理しない生き方を考えていきたいと思います。

 

 

市川先生には感謝の言葉では足らないぐらい「心と身体」を健康にして頂きました。

 

本当にありがとうございました。

 

頭痛は完璧になくなり、耳鳴りも微か程度になりました

 

1.どのような症状で

→半年ほど続く締めつけられるような頭痛と耳鳴り、頭鳴りで藁にもすがる思いで通院しました。

 

2.なぜさかい快復整体堂を

→近いから。また耳鳴り頭鳴りに効いた実例が載っていたから。

 

3.施術内容

→30分コースでお願いしました。

 

1番初めに施術を受けた時は好転反応という良くなる前の一時的な不快な症状がでたため、

事前に説明頂いてたけど私がこういった整体に行ったことがなかったためびっくりしました。

 

しかし2回目からそういったこともなくむしろ施術中にイビキをかいてしまうことも度々ありました。

 

4.良かった点

→締めつけられるような頭痛は完璧になくなり、耳鳴りも微か程度になりました。

 

病院じゃないんであれですけど頭鳴りがまだ残ってるのであと頭鳴りが無くなる自分への期待値もこめてこの評価にしました。

 

話はなんでも聞いていただきグチとかもはけます。ストレス発散になっているかも知れません。

 

またある日に顎関節になってしまった際はその施術もやっていただき一時期開いたりしたので

色々お世話になりました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

はじめて聞く体液の名前やメカニズムの話で、少々むずかしかったかも知れません。

 

 

でも、その反面、よろこびの声を読まれ期待を寄せられているかも知れません。

 

 

はじめて整体院をお探しの方。

 

他の整体院・鍼灸院・整骨院・カイロプラクテックなどで、耳鳴りが思ったようによくならなかった方も、ぜひ一度「こころとからだの支援センター」さかい快福整体堂までご相談ください。

 

 

自律心体療法師・心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛