耳鳴り

多くの方が
耳鳴りの症状を発症すると
耳鼻科を受診されると思います。 

耳鳴りに悩まれる患者数は、
一説によると
300人に一人と言われ、

65歳以上の方に限定すると
約3割にのぼるという報告があります。
 

このページのテーマは、
「なぜ、耳鳴りで悩む方が一向に減らないのか?」
です。


西洋医学(病院)で
できる治療の範囲は、
限られています。


中には、
「うまく耳鳴りと付き合っていくしかない」
「歳だから仕方がない」と言うような、

患者さまの気持ちに
寄り添えれていない
話も少なくありません。


さかい快福整体堂には、
耳鳴りやめまいと言ったような、
 
自律神経系のトラブルで
お困りの方が来院されます。

 
 

なぜ、当院に
自律神経系の症状の方が
多く来院されるのかと言いますと、

 

・アメリカの心理セラピー

・日本のカウンセリング

の資格を取得していること、
 
 

そして

“自律神経を専門”にみる

自律心体療法を行っているからです。

 
実は、耳鳴りは
耳だけに原因ではなく、

脳の疲れや頭蓋骨の歪み
首肩への無意識な筋肉の緊張
精神的なストレスが関わってきます。

 
このページでは、
当院が考える耳鳴りの改善への新提案と
そのアプローチについてまとめていきます。
 

ここから先の文章は、
体液(リンパ液・脳脊髄液)の話を
中心に進めていきますので、
必ず先にこちらのページをお読みください。

→ 身体の6割から7割は体液で構成されている

上記のページの中で
あたまが小さくなる!
と書きましたが、

ここに、
耳鳴りを改善させる
ヒントが隠されています。

::

::
 
私たちの
頭の中には脳があります。
 
 
その脳は
頭蓋骨の中に収まり、
 
頭蓋骨を形成する骨たちは
膝や肘のような
折り曲げる関節ではなく、

 
 
洋服の縫い目のような感じで

つなぎ合わせ(縫合と呼びます)
やわらかい脳を保護しています。


::::::::::::
「頭蓋骨も呼吸をする?」
::::::::::::


多くの方がご存知ないのですが、
肺が呼吸をするかのように
頭蓋骨も微妙に膨らんだり
元に戻ったりするのです。

 
 

ちなみに、
胎児は頭蓋骨と仙骨(骨盤の骨)を
連動させて一次呼吸を呼ばれる動きをします。
※肺呼吸は二次呼吸と呼ばれます

 
頭蓋骨の動きが悪くなると
脳の機能が低下して、
脳脊髄液の循環も悪くなってきます。


このままではいけないので、
脳脊髄液の循環を良くしようと

がんばりますが、
 
がんばれば、がんばるほど
脳脊髄液の圧力が高くなり

その圧力を分散させようと、
どこかに移動させないといけなくなります。


 
その、どこかの
第一ターゲットとなるのが
縫合(脳を保護する頭蓋骨)です。

 

ですが、頭蓋骨だけでは
容量一杯になる場合があります。

これが、
あたまが大きくなる原因です。
 

脳脊髄液と頭蓋骨の説明
脳脊髄液と頭蓋骨の説明

 
ここで、脳脊髄液の
次なる逃げ道が必要になってきます。


そうしないといけない理由は、
血圧と同じように
脳圧の上昇を避けたいからです。

 

次なる逃げ道(第二ターゲット)となるのが、
や平行感覚をコントロールしている内耳です。


内耳はリンパ液で満たされいるのですが、
脳脊髄液が内耳に回ってくると、
内耳の中でリンパ液と交じり合います。
(2つの体液の成分はほぼ同じで無職透明です)


この時、
内耳のリンパ液の圧力は
上昇してしまいます。


内耳には、
リンパの流れなどで
体の動きを察知している神経があり、

脳脊髄液が交じってきた事で、
その“神経が誤作動”を起こしてしまうのです。

そして、近くには
音を感知する聴覚神経
というのが通っているため
耳鳴りを誘発する可能性があるのです。
 

当院の施術では
主に次の4つのアプローチをして、
耳鳴りの改善に取り組んでいます。

① 脳脊髄液の循環を改善

耳鳴り改善への主力となる
『クラニオセラピー』という
頭にそっと触れる施術で、

脳脊髄液を流し、
脳圧を下げていきます。

 
② 頭蓋骨のゆがみを整える

前述したように
頭蓋骨は呼吸(動き)ます。
 
動く物は何であれ、
歪みが生じてくるため
 
頭蓋骨の歪みに対して、
心地いい刺激で整えていきます。

ボキボキしたり
強い刺激では
ございませんので、
安心してください。
 
 
③ 頭を支える首の筋肉を緩和

約8㌔あると言われる
頭を常に支え続けているのは、
首の筋肉です。

その首の筋肉を揉まずに
首をやわらかくする
トリガーポイントマッサージ
を施していきます。

④ 精神的なストレスをケア

これは、必要な方だけにしか
行いませんが、
傾聴型カウンセリングや
心理セラピーを用いて
精神的なストレスをケアしていきます。
 

いかがでしたでしょうか?

はじめて聞く体液の名前や
メカニズムの話で、
少々むずかしかったかも知れません。


でも、その反面
大きな期待を寄せられているのかも知れません。


その期待にお答えできるように、
もし当院にお任せていただけるのであれば、
精一杯努めさせていただきます。


耳鳴りでお困りの方は、
お気軽にご相談ください。


さかい快福整体堂  市川 猛