背中の痛み・張り

次のような方は読み進めてください

 ーーーーーーーーーーーーーー
・ 背中に痛みや張りを感じる
・ 背中全体が重だるい
・ 身体をひねると背中が痛む
・ 背筋を伸ばすことがつらい

・ 肩甲骨付近のこりが気になる
・ 上を向いて寝れない
ーーーーーーーーーーーーーー
 
背中の痛みは
肩や腰の痛みとは
また違った痛みで、

“なんとも言えない重く鈍い痛み”
という表現が適切かも知れません。
 
 
・ 寝ていたらよくなった
・ 運動したらよくなった
・ マッサージを受けてよくなった

というような方も
いらっしゃれば、

 
・ 数日間、寝ていてもよくならない
・ マッサージや整体に通ってもよくならない
・ 何かの病気ではないかと心配している

というような方も
いらっしゃるかと思います。


背中という場所が場所なだけに
何かの病気を心配される方は、
こちらを参考にしてください。


◎背中の右側に痛みを感じる場合の臓器

肝臓・胆のう

◎背中の左側に痛みを感じる場合の臓器

心臓・胃・すい臓


背中の痛みと共に
内臓の調子が思わしくない場合や、

これらの病気がご心配な方は、
医療機関で診察を受けてください。
 

このページでは、
背中痛に対する
 
3つのポイント(知識)

について書かせていただきます。
 

背中痛改善に向けたポイント その1

ヒトは、人類の進化の過程で
四足歩行から二足歩行になり、

それと同時に
身体が受ける“重力”の影響は、
水平から垂直に変化してきました。



上のイラストの場合、

頭にかかった重力が
背骨・骨盤・股関節・膝関節・足首で
重力の影響を吸収せず、

身体の前側を通り、
ダイレクトに地面に向かっています


このような姿勢では
約6㌔あるとされる頭の重さを
各関節でうまく分散できず、

その結果、
背中周辺の筋肉に
負担がかかってきます。
  
 
見た目にも、背中が丸く
よい姿勢とはいえません。

できる限り下のイラストのように
よい姿勢を心がけていきましょう。
 

背中痛改善に向けたポイント その2

近年、ギックリ腰と似たような、

“ギックリ背中”と呼ばれる不調で
お困りの方が急増中です。
 
 
あまり聞きなれない呼び名と
思いますので、ご説明します。


ギックリ腰や、ギックリ背中
という呼び名は病気(病名)ではなく、

「突然、不意をつかれて急に痛くなったこと」

という意味合いを持ち、
ギックリ○○と呼ばれています。


ギックリ腰の特徴は、
重たい物を持った瞬間や、くしゃみ等の
“動作で起きる”急激な痛みです。


ギックリ背中の特徴は、
“何の前触れもなく”
突然背中に痛みが走ります。


ギックリ背中で痛む箇所は、
腰より少し上の辺りから
肩甲骨までと広範囲に痛みます。


主だった原因は、
デスクワークなど
長時間同じ姿勢でいる事で、

筋肉が過緊張し
軽い肉離れを起こしている
からだと言われています。


なぜ、同じ姿勢がつづくと
背中を痛めるのかをご説明しましょう。
 

上のイラストのように、

背中を丸めて長時間
同じ姿勢をしている時は、

背骨を支える
「脊柱起立筋」と呼ばれる筋肉の集まりが
常に引き伸ばされた状態になります。


いつもの位置よりも
引き伸ばされた脊柱起立筋は、

「これは何事か!」と判断して

これ以上
筋肉が伸びないように、
縮んで抵抗します。


この時に
ストレッチや運動などでケアをされると
筋肉で抵抗することをやめるのですが、
 
それらをせずに
長時間同じ姿勢がつづくと、

 
その間ずっと脊柱起立筋は
抵抗しつづける事となります。


この状態が
1日・1週間・1カ月と
積み重なることで、

脊柱起立筋は過労状態となり
ギックリ背中や背中痛など、
背中の不調がでてくるのです。


背中痛や
ギックリ背中の予防策としては、
 
“全身運動”を想定して作られた
ラジオ体操第一をお勧めします。
 

背中痛改善に向けた ポイント3

多くの背中痛の場合、
背中が重くてだるい症状を伴います。


この痛みは“無酸素性の痛み”と言い、
筋肉に酸素が不足することによって起ります

 
肩こりでお困りの方が
肩を手でさすったり、健康器具で
トントン叩いたりするのは、

無意識で肩の血行を
よくしようとしているのですね。


でも、背中痛の場合には
背中に手を回すことや
健康器具をあてたりする事は、
かなりむずかしいと思います。

 
これは、背中痛だけでは
ないかもしれないですが、

「どこか内臓の病気ではないか?」
という不安や、
 
「背中まで手が届けば・・・」
という要望を満たすことができない時、

私たちは
意識的にも無意識でも
“ストレス”を感じています。


ストレスを感じている時というのは、

無意識の状態で
体のさまざまな器官を動かしている
自律神経と呼ばれる
交感神経(がんばる神経)が優位な状態です。


交感神経が優位な場合、
筋肉の血管が細くなり
血液の流れがわるくなります。


つまり、
こりや痛みの原因となるのです。


ストレスの対策方法は
幅広くあるのですが、


このページでは
背中痛に対しての
対策をご紹介します。

::

::

前述した通り、
筋肉の痛みの原因は
交感神経(がんばる神経)が
優位な状態ですので、


その反作用の神経
副交感神経を優位にしていく方法、

『呼吸』をおすすめします。
 
 
「え?そんな普通の事で?」
 
 
おそらく、あなたは、
そう思われたかも知れません。


でも、実は、自律神経を
自分の意思で
コントロールできる
唯一の方法が『呼吸』なのです。
 
 
よく、ヨガや太極拳などで
腹式呼吸を教えられるのは、

自律神経を副交感神経優位にして
深いリラックスに入るためなのですね。
 
 
“普通に呼吸”をされるのと、

“深く呼吸をすることによって
副交感神経が働きリラックスする事ができる、
そうする事によって
気持ちにゆとりができる”
 
 
というような意識で
呼吸をされるのとでは、
全く異なってきます。
 
 
なぜなら
普段、私たちが行っている
呼吸の回数は1日で約2万回。


1回の呼吸はたった数秒で
おわってしまう動作ですが、

 
私たちは呼吸によって
身体に必要な酸素を取り入れ
活動するための
エネルギーを生み出しているからです。
 

質のいい呼吸は
心身の健康にとって最適です。

しかも、無料♪

使わない手はありません。
  
 
この機会に
常にではなくても、

休憩時間やお手洗いの時
就寝前・お休みの日など、

腹式呼吸を
意識して行ってみては
いかがでしょうか?
 

このページでは
背中痛に対する3つの知識を
お伝えしてきました。

・ 姿勢
・ 体操
・ 呼吸

カンタンにできそうと思う反面、
むずかしい状況もあるかと思います。


例えば
よい姿勢が長続きしない場合、

・ 骨盤や背骨に歪みが生じている
・ 背中側の筋肉の緊張がかなり強い(反発)

という、可能性があります。
 
 
深く呼吸をすることが難しい場合、

・ 肩甲骨や肋骨の歪み
・ 横隔膜の緊張

が、見受けられるかも知れません。
 
 
そう言った意味でも
ご自身で実践されても
改善していかない場合、
 
 
当院でなくても
お体の調整と姿勢や呼吸、
エクササイズについて
 
アドバイスをしてくれる所に
通われた方がいいと思います。
 
 
ご参考までに、

当院での背中痛改善の整体は
肩こりや腰痛へのアプローチを
組み合わせて行っております。
 
さかい快福整体堂  市川 猛

 

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ