ホーム

膝痛

多くの方が膝を痛めた場合、整形外科に行かれることでしょう。

 

もし、私が膝を痛めた場合でも、膝の関節に異常がないかを知るために整形外科に行くと思います。

 

 

でも、レントゲン検査などで特に原因が見つからない、それでも膝が痛い場合は、整体に行くことを考えます。

 

 

なぜなら、整体の方が手技の時間が長く、早くよくなっていく可能性が高いからです。

 

 

保険診療を受けられたことがある方はご存知だと思いますが、手技での治療時間は10分位がほとんどで、後は温熱・電気治療・筋力をつける、そのような流れがほとんどです。

 

 

このような治療の流れでは、膝周辺だけにしか具体的なアプローチができず、他に負担がかかっている筋肉や関節へのケアが十分ではありません。

 

 

つまり、膝の状態がなかなかよくならないのです。

 

 

私が整形外科でリハビリを担当していた時、この時間の「壁」に、とても悩みました。

 

 

具体的には、

 

「何回も来てもらっているのに申し訳ない」

「もっと色々な箇所をゆるめたい」

「この治療の流れで果たして治るのだろうか?」

 

と、思ったところで、私は雇れの身です。

 

 

治療とリハビリの区別や診療報酬(点数)のことなど、その当時は知る由もありませんでしたから、どこか患者様に罪悪感を持ちながらリハビリに努めていました。

 

 

よくこの状況を考えると、1日24時間ある中で、手技で行う治療時間が約10分。

 

他の治療時間を含めて1回のリハビリの時間が60分位として、残りの23時間、睡眠時間を差し引いた生活の中で、膝の負担を考えるとやはり治療時間が欲しい所です。

 

 

このページでは当院の膝痛に対する考え方と、アプローチについてまとめてみました。

 

目次

・ 膝痛の原因

・ 当院の膝痛整体

・ よろこびの声

・ 最後に

なぜ、膝が痛くなるのか?

ヒトは人類の進化の過程で、四足歩行から二足歩行になりました。

 

それと同時に、身体が受ける重力の影響は、水平から垂直に変化してきました。

 

 

普段、私たちが立っている時に受ける身体への重力は、頭から身体の中心を通り、背骨・骨盤・股関節・膝関節・足関節、そして、地面へと垂直方向に向かっていきます。

 

 

たくさんある関節の中でも、膝が痛くなる原因としては、

 

① スポーツ 事故 ケガ

 

② 長期に渡る運動不足

 

  内ももの筋力が低下

   ↓

  O脚ぎみになる

   ↓

  膝関節が痛む

 

③ 姿勢不良で脚のバランスが崩れる

 

この3つがあげられます。

 

 

スポーツや事故など、外傷性がある場合は明らかな原因がわかっている半面、他の2つの原因については、長年の生活習慣の中で膝の痛みを引き起こした可能性が高いため、しっかりと取り組んでいく気持ちが大切です。

 

当院での膝痛に対する整体は、

 

● 関節にアプローチ

 

膝関節はもちろんのこと、足首の関節・股関節・骨盤や背骨のゆがみに対しても調整してまいります。

 

そうしていくことで体の中心軸が安定し、膝の痛みが緩和されていきます。

 

 

● 筋肉にアプローチ

 

膝のどの部分が痛むかでアプローチをする筋肉が変わってきます。

 

負担がかかっている筋肉をほぐし、膝を動かしやすくしていきます。

 

 

● セフルケアの指導

 

膝の痛みが緩和されましたら、再び膝に痛みがでないように、筋力トレーニングなどセフルケアの指導を行ってまいります。

 

よろこびの声

念願の正座が出来るようになりました

 

昨年末から左膝の痛みに悩まされ、歩くのも不自由で家事も疎かになる状態でした。

 

ネット検索でクチコミの良さに惹かれ3月から通い始め先日 念願の正座が出来る様になりました。

 

今では、日常生活は全く支障なく過ごしています。

 

先生は、治療が長引き申し訳ないとおっしゃいましたが、治療を受けるたびに痛みが和らいでいくのを実感していたので治ることを信じて通う事が出来ました。

 

もっと早く行動すれば良かったです。

 

今ではほとんど無痛で過ごせています

 

10年程前から膝痛に悩まされヒアルロン注射やリハビリに通い外出時には湿布を貼ってしのいでいました。

 

ある日、激痛が起こり歩行もままならない状態で今回こそは、しっかり治したいと思いネットで色々探しました。

 

ホームページや口コミを見てこの先生なら治してもらえそうな気がしてお電話しました。

 

親身に状態を聞いて頂き数回で痛みが和らぎ、今ではほとんど無痛で過ごせています。

 

施術中のお話も楽しく、帰りは心身共に幸せになっています。

 

痛さはほとんどなくなり、しっかり立って歩けるように♪

 

年末に急に、左ひざの痛み!湿布して耐えていたのですが、正座ができず激痛、かばっていたら腰痛...

 

このままではダメだとお正月明けに『津久野駅前の整体』で検索

 

整体は初めてなので、痛いとこ痛く治療されると「嫌だな・怖いな」と、でも『痛くない整体』に即、予約

 

ドキドキでドアをノックすると、優しい先生のお顔が....ちょっと安心しました。

 

いろいろと質問してくださって、まず驚いたのが立った時、足裏どこに体重かかってますか?と、その時、踵にかかってる感じ覚えておいて下さいねと....

 

なんと!骨盤が3センチずれてますと....

 

施術開始骨盤のゆがみなくなったので立ってみて下さい....

 

そんなに簡単に~~~?半信半疑で立つと先生が尋ねる前に「え~足裏全体で立ってる!」もう!驚きと感激

 

ちゃんと足裏つけて歩いてると思っていたのですが気付かせてもらって嬉しかったのと体が悲鳴あげていたんだと反省。ごめんね。

 

 

膝もリンパの流れを良くしますねと、撫でるように優しく足が伸びるという感覚と温かくなってき、なんと!ガチガチだったふくらはぎがポニョポニョに~痛さはほとんどなくなり、しっかり立って歩けるように♪

 

うそ~~~~~の連続(笑)

 

膝を温熱治療?してる間に肩こり施術も・・・肩は触らずに腕のツボを揉み鎖骨を優しく撫でて

ガチガチ肩が柔らかく楽になり不思議でした。

 

全身がスッキリして体も心も温かくルンルン♪で帰宅本当に痛くなく、どんな質問にも優しく分かりやすく説明してくださり感謝です。

 

先生の勤勉さと患者さんに接する優しいお人柄は素敵だなと。

 

ありがとうございました。

 

膝裏の痛みがなくなっていました

 

前日に階段を上る途中、膝裏に強い痛みを感じ来院しました。

 

お部屋はよくある接骨院や整体屋さんのような感じではなく、姪っ子さんの写真やかわいいぬいぐるみなどがあり、アットホームで暖かいJAZZの流れる落ちつける空間でした。

 

施術は患部である膝裏には全く触れず、他の部位を調整してくださいました。

 

施術後も痛みは残っており、これでよくなるのかな?と半信半疑でした。

 

が、翌日起きて着替えをしているときにハッとしました。

 

膝裏の痛みがなくなっていました。

 

その日は友人と予定していた京都観光に行き、一日中歩き回りましたが痛みが出ることはありませんでした。

 

その後も痛みは出ていません。

 

先生の施術は頭から足まで非常にソフトにアプローチしてくださいます。 

 

また身体の不調は精神からくることもあるとおっしゃっており、自分が疑問に思っていることや悩みなど色々聞いてくださり、心の中の溜まったものもなくなっていくような感じがし、それに伴い全身の力が抜けていくような感覚を覚えました。

 

 

先生の言っておられた『身体と心は繋がっている』というのがなんか分かるような気がしました。

 

整体に行ってみたいけど不安で最初の一歩が踏み出せない、色々行ってみたけどよくならない、自分の悩みが中々理解してもらえないという方は、ぜひ一度相談されてみたらいいと思います。

 

膝が痛くなると、外出されることに対しての気持ちが少なくなってきませんか?

 

 

「いつものスーパーに行きたい」

「友だちと電車に乗ってでかけたい」

「もっと孫と遊んでやりたい」

 

 

そう思われたとしても、膝の痛みがその思いを邪魔するのです。

 

 

 

当院で、膝のご依頼の最高齢の方は84才。

 

O脚がかなり進行し、立っているだけでもつらい状態でしたが、毎週1回のペースで、膝の痛みがとれて行動範囲が広がりました。

 

 

「膝が痛くなくなると、心もラクになる」そうおっしゃってくださりました。

 

 

もし、あなたの膝も、よろこびの声の方達のように、よくなりたいと思われましたらお気軽にご相談ください。

 

 

さかい快福整体堂  

院長 市川 猛