ホーム

起立性調節障害(OD)起立性低血圧

もしかすると、あなたは既に起立性調節障害に関して、色々と調べられているかも知れませんよね。

 

 

いずれにしても、起立性調節障害は、

 

・ 成長期の急速な体の変化

・ 思春期における年頃の様々な葛藤

・ 情緒面が不安定

 

このようなことが関係し、

 

・ 自律神経の乱れを整える

・ 脳の疲労快復

・ 生活習慣の見直し

 

 

そして何より、ご本人さまの気持ちに深く寄り添うことが大切だと、当院では考えています。 

 

 

今、ご覧いただいているページでは、

 

・起立性調節障害とは?

・ある中学生との出会い

起立性調節障害を改善させていく3つのポイント

望まれる状態に早くなるご家庭の特徴

望まれる状態になかなかよくならないご家族の特徴

・当院の方針

 

について、お伝えしてまいります。

 

起立性調節障害とは?

 

起立性調節障害の診断基準は、次の11症状のうち3つ以上に当てはまり、もうひとつのジャンルのいずれかに合致すると、起立性調節障害と診断されるようです。

 

 

【起立性調節障害症状】

 

 1 立ちくらみやめまいがする

 2 起立時の気分不良や失神

 3 入浴時やイヤなことで気分不良を起こす

 4 動悸や息切れ

 5 朝なかなか起きれず午前中に調子を崩す

 6 顔色が青白い

 7 食欲不振

 8 腹痛

 9 倦怠感

10 頭痛

11 乗り物酔い

 

 

【起立性調節障害のサブタイトル】

 

1起立直後性低血圧

:起立直後に一過性の血圧低下があり、同時につよい立ちくらみと倦怠感を覚える

 

2体位性頻脈症候群

:起立時に血圧の低下はなく、頻脈とふらつき倦怠感頭痛などの症状がある

 

3神経調節性失神

:起立時に突然失神する

 

4遷延性起立性低血圧

:起立時の血圧反応は正常ですが、数分後に血圧が下降する

 

開院当初、親御さんに連れてこられたKくん(仮称)は、バスケットボール部に所属し、練習の疲れと勉強の疲れで、心身共に疲労が蓄積されていました。

 

 

私が感じたKくんの第一印象は、 姿勢が極度に悪く背中が丸まっている・表情に覇気(元気)がない・ 大人しすぎる、そのような印象でした。

 

 

14歳で整体という、何をしているのか分からない所に連れてこられたKくんは、はじめ私と話そうとしませんでした。

 

 

私が質問をしてみても、「はい」だけや「.....」と会話が途切れ途切れ。

 

 

「これは、まずい!」

 

 

親御さんの前ですと、言いたいことも言えないだろうと思い、私はKくんと一対一でカウンセリングと施術をしたい旨を親御さんに伝えました。

 

 

一対一

 

 

バスケットボール用語である、マッチアップになってから、状況が一気に変わりました。

 

 

Kくんは、大人しく元気がなかったため、バスケのネタで笑わそうと思い、自虐的な私の体験を話しました。

 

 

すると、Kくんが笑ってくれました^^

 

 

これを期に、Kくんは通院する度に、悩みを打ち明けてくれました。

 

 

・ 朝起きれない

・ 授業に集中できない

・ 腹痛をよく起こす

・ 頭痛で悩む

・ 背が伸びない

・ 足が遅い

・ 体がだるい

 

ここでは差し控えますが、心の問題もございました。

 

 

当院が開院したての頃は、今のように忙しくはなく、時間を割いてでもKくんの健康を取り戻して親御様に喜んでもらおうとサポートしました。

 

 

たとえば、

 

◎ 当院の目の前にある公園でダッシュ(走るのが早くなる)のコツをアイパッドで撮影し、Kくんに見てもらいアドバイスをする。

 

◎ ドリブルの様子をアイパッドで撮影しKくんに見てもらいアドバイスをする。

 

◎ NBAのスーパースターの動画を見てもらう。(これが一番楽しそうでした)

 

◎ 学校・部活・友達関係自宅での出来事をじっくり聞く。

 

 

お節介かもしれないと思いましたが、それこそ専属トレーナーやメンタルコーチのような関わり方をしていました。

 

 

なぜ、私がKくんにそこまでしたのか?

 

 

時間に余裕があったのもありますが、中学生の頃の自分とどこか似ている部分があったからです。

 

 

それは.....

 

「言いたいことを言えない」

 

つまり、「感情の抑圧」です。

 

 

約3カ月が経過し、夏休みを迎えました。

 

 

日に焼けたKくんの情は、成長もあるのでしょうが、精悍な顔つきになり体重も絞られてきました。

 

 

話すことばにも力がみなぎり、よく笑うようにもなりました。

 

 

当院の壁に、Kくんの伸長の記録を付けていたのですが、なんと!3㎝も伸びていたのにはビックリ!

 

 

Kくんと一緒に喜びあいました♪

 

 

夏休みが終わる頃になると、

 

・朝自分で起きれるようになった

・頭痛で困ることがかなり減った

・部活を楽しめるようになった

・走るのが早くなった

 

という、うれしい声をいただきました。

 

 

その後当院を卒業し、今頃は高校生活を楽しんでくれていると思っています。 

 

当院で行う、起立性調節障害への取り組み方は、

 

 

① 自律神経の乱れを整える

 

冒頭でお伝えしたように、成長期は急速に体が変化を遂げます。

 

その変化に付いていくために、身体の様々な器官を動かしてくれているのが自律神経です。

 

※自律神経の役割ついては、こちらをご覧ください→ 自律神経失調症

 

 

活動的な状態というのは、交感神経(がんばる神経)が優位な状態です

 

そこに、宿題・塾・部活ゲーム・スマホが加わると、更にがんばるモードの交感神経が優位な状態になります。

 

※頭をよく使う・興奮・楽しい・運動・夢中になることは、交感神経が優位になっている状態です

 

 

交換神経優位の状態が長引けば長引くほど、リラックスさせる副交感神経優位への切り替えがうまく行かず、自律神経のバランスが乱れ、様々な心身の不調が起きやすくなります

 

※様々な心身の不調についても、自律神経失調症のページをご覧ください

 

 

ただ、誤解していただきたくないのは、勉強やゲームをしないでくださいとか、部活や外で遊ぶことを控えてください、とかをいうつもりはありません。

 

 

時代の流れと共に、対策も変化(進化)していかなくてはいけないということを知っていただきたいのです。

 

 

その対策の第一段階として、まず、自律神経の役割を知ってください。

 

 

②  脳の疲労を軽減する

 

①で書いた内容と少し重複しますが、現代は、勉強やゲーム・デスクワークなど頭(脳)をよく使う時代になりました。

 

つまり、肉体的な疲労ではなく、脳の疲労が多くなってきているのです。

 

スマホやパソコンからでる電磁波の影響も、徐々に認知されつつありますよね。

 

 

ここでも念のために繰り返しますが、勉強やゲーム・スマホをしないでください、とかをいうつもりはありません。

 

 

時代の流れと共に、対策も変化(進化)しなくてはいけないことを知っていただきたいのです。

 

 

当院が考える対策としては、脳の疲労軽減です。

 

これはどういうことなのかというと、ページの冒頭で起立性調節障害は、「思春期における年頃の様々な葛藤」と書きました。

 

 

葛藤とは、「本能的な欲求とそれを抑制しようとする理性脳との間に生じる軋轢(あつれき)」このような意味合いを持っています。

  

 

実は、何らかの葛藤や悩み・不安を抱えると、その分あたま(脳)をよく使い脳内に疲労物質がたまってしまうのです。

 

 

そこで当院では、その脳内の疲労物質を処理する役割を担う「脳脊髄液」をクラニオセラピーと呼ばれる施術で、脳脊髄液を流し、脳の疲れをかるくしていきます。

 

※脳脊髄液の詳しい役割については、こちらをご覧ください→3つの体液

 

 

ただし、クラニオセラピーは対処的な対策方法です。

 

本質なアプローチは、感情の抑圧を解放させることや不安を安心に変えたり、悩みを希望に変えることです。

 

 

③ 自分コンサルティング

 

あなたのお子様は、言いたいことを言えていますでしょうか?

 

言えていたとしても、

 

・ 楽しかったこと

・ 嬉しかったこと

・ 感動したこと

・ 嫌な事ことがあった

・ 傷ついた出来事があった

・ 理不尽な出来事があった

 

どちらが多いでしょうか?

 

 

男女の違い、一人っ子・兄弟(姉弟・姉妹)の関係でも変わってくると思います。

 

 

幸いにも我が国には、

 

・ スクールカウンセラー

・ 産業カウンセラー

・ 臨床心理士

・ 精神保健福祉士

・ 心理カウンセラー

・ ヒプノセラピー

 

このように、多くのメンタル(心)の専門家が活動しています。

 

 

もし、あなたが

 

・ 何て声をかけたらいいのかが分らない

・ 情報を与えてしまうことで余計に混乱させるのではないか

・ 家族だからこそ感情的になってしまう

・ 本人が望んでいないアドバイスをしてしまって後悔をしている

 

このような状況であるとすれば、悩みが大きくなり取り返しがつかなくなる前に、メンタル(心)の専門家に相談されることを強くおすすめします。

 

 

ここから先は、望まれる状態に早くなるご家庭と思ったような状態になかなかならないご家族の5つの違いをご紹介いたします。

 

 

親御様にとっては、少々耳が痛い内容になるかも知れませんが、誰かがいわなければと思い、あえて嫌われ役になります。

 

それくらい覚悟を持ってお伝えさせていただきます。

 

予めご了承くださいませ。

 

望まれる状態に早くなるご家庭の特徴

 

①当院のホームページをしっかり読まれている

 

最低限、

 

どういう理念や方針なのか

私(市川)の人間性

 

のページは読まれています。

 

 

②ご本人様に来院したい意思がある

 

・前向きな気持ちを持っている

 

 

③身内に協力者がいる

 

・パートナー

・兄弟|姉妹(お子様のという意味です)

・ご両親(親御様のという意味です)

 

 

④優しい

 

・責めない

・極力怒らない

 

※優しすぎる過保護は該当しません

 

 

⑤子供の成長を見守るスタンスである

 

ある程度、お子様の考えや行動を見守り、注意やアドバイスは最小限に控えている。

 

思ったような状態になかなかならないご家族の特徴

 

①当院のホームページをざっくりとしか読んでいない

 

ご自身の心身の状態でお悩みの方でも、ある程度ページを読み込まれていらっしゃいます。

 

大事で大切なお子様の状態を、よい方向に導く専門家の情報を知ろうとする姿勢は、とても大事だと思います。

 

 

②ご本人様が来院したいという意思がない、あるいは、かぎりなく少ない。

 

親御様へのお返事で、行きたいか・行きたくないのニュアンスは判断できると思います。

 

 

人はどんな方でも無理やり連れていかれるほど、変わることはできません。

 

このような場合は、お子様にホームページの内容を見てもらう。

 

それでも来院に対して前向きな気持ちにならない場合は、他の専門家を探されるか、実際に親御さんが当院の施術やカウンセリングを体験し、いまいちなのか本当によい先生なのかを見極めていただく。

 

 

はじめて作る料理を味見する感覚ですね。

 

 

正直な話、大人でも整体と聞くと一般的にうさんくさいと感じると思います。

 

お子様からするとなおさら何をするところなのかわからないと思いますから、よさを伝えるのは難しいです。

 

 

A「ここの先生しっかりしてそうで評判もいいから行ってみない?」

B「ここの整体に行ってみたけど優しい先生だったから行ってみない?」

C「ここの整体に行ってみたけど頭痛薬を飲まなくなったから行ってみない?」

 

ABCで、どの話しが伝わるのか?という視点で考えられてください。

 

 

実際に、親御様が施術やカウンセリングを体験し、そのよさを伝えたとしても前向きな気持ちにならない場合は、他の専門家を探されるかお子様への関わり方を専門家に相談されることをおすすめします。

 

 

③身内の協力者が限りなく少ない

 

ほとんど、お一人で子育てをされている。

 

これは、とても同情してしまいます....

 

お一人で二役(母性性・父性性)を担うのは非常に大変です。

 

どなたにも頼ることが難しい場合は、行政のサービスや心や体の専門家に頼られてくださいませ。

 

 

④怖い

 

・つい責めてしまう

・つい怒ってしまう

 

たとえば、

 

「なんで、できないの?」

「どうして、行かないの?」

 

というような聞き方の場合、「結果」にフォーカスが当たっているため問い詰められているように感じます。

 

 

もし、あなたがカウンセリングに行かれて「なぜ、このような事になったのですか?」とカウンセラーから質問されると問い詰められるように感じませんか?

 

 

一方、このように質問されると感じが変わると思うのです。

 

「一体、どのようなことがあったのかを私に教えていただけませんか?」

 

というように、結果ではなく過程を聞く感じでコニュニケーションをとってみてください。

 

 

⑤親御様の価値観を押しつける

 

・いい大学に出て、いいところに就職して欲しい

・幸せの価値観をお子様にも共有しようとされる

 

人生のレールを引かれるのは構わないと思いますが、それが「過ぎる」とお子様の選択肢(可能性)が縮小(萎縮)する懸念がございます。

 

 

このような時だからこそ、今一度お子様の気持ちに寄り添いながら耳を傾けられることをおすすめします。 

 

 

⑥事前予習をしておく

 

これはご本人様に向けてですが、当院ブログの症状が早くよくなる方となかなかよくならない方を読んでいただき、他力本願意識を自力本願意識に変えていってください

 

 

なぜなら、お身体の状態やメンタルを最終的によくしていくのは、「ご自身」の力だからです。

 

当院のお子様への施術やカウンセリングの方針

 

現代病ともいえる、起立性調節障害を、どこまでよくできるのかは正直未知数です。

 

ですが、

 

・体の専門家

・心の専門家

  

として、今ご覧いただいているページが、あなたのお子様のお役に立てればうれしく思います。

 

 

最後のセクションでは、親御様からよくいただくご質問と、当院の方針を書かせていただきます。

 

 

Q施術中やカウンセリング時に一緒に居てもいいですか?

 

親御様の同伴は、初回時に問診票を書いていただく、お時間のみとさせていただきます。

 

なぜなら、その後のカウンセリングや検査で多くのお子様は、親御様と一緒にいる空間では自分のことを話したがないからです。

 

もっというと、本音を話さず(感情の抑圧)いい子を演じようとします

 

お子様のためにもご協力くださいませ。

 

 

【当院の方針】

 

心理カウンセラーという立場上、守秘義務が生じ、お電話やライン・メールでのお子様の状況をお伝えすることは差し控えています。

 

多くの親御様が、苦労されているのは承知していますが、無料でのご相談は承っておりません。

 

もし、ご相談などがございましたら、通常のサービスを受けてくださいませ。

 

 

Qどれくらいでよくなりますか?

 

A実際に何度か、施術やカウンセリングを受けていただかないと何ともいいようがないのが正直なところです。

 

これは、「起立性調節障害がよくなった」という定義をどこに置くのかも大事です。

 

なぜならひとくちに「起立性調節障害といっても、お子様それぞれ症状は異なるからです。

 

 

状態のレベルも、軽度・中度・重度と、これもお子様それぞれ異なってくるため、よくなる定義を一概にはいえません。

 

 

また、思春期ということもあり、心のケアがどこまでできるかも実際にセッションをしてみないと分らないため、「どれくらいでよくなりますか?」というご質問に対して現時点ではお答えできないことをご理解くださいませ。

 

 

Q費用が心配です

 

A先ほどの、どれくらいでよくなりますか?の答えと重複しますので、お答えできないことをご理解くださいませ。

 

 

【当院の方針】

 

親御様とお子様の間に入らせていただき結果を出すのは、私としても責任を感じると共にプレッシャーも感じます。

 

塾やサークルを選んでいただくように、ある程度長い目でご利用くださいませ。

 

■当院では特典がついたまとめ支払いを推奨いたします

※クレジット支払い可 VISA mastercard 

 

 

大事なお金のことですので、ここに書かせていただきます。

 

親御様が現金をお子様に預け(3回分)実際は、来院されないケースがありました。

 

大変残念でしたが、親御様や私にウソをついて来院せず、違う目的にお金を使用していたようです。

 

 

この一件を期に現金支払いの方でお子様に代金を預ける際には、私にご連絡をいただく形を取らせていただいております。(例)「○○に3回分の○○円を渡しています」

 

もし、それでも不安な方は、銀行振り込み(手数料はご負担してください)やまとめ支払い(クレジット対応)でお願いいたします。

 

 

Q自律神経の調整だけお願いしてもいいですか?

(カウンセリングは別の所で行う趣旨)

 

A大変申し訳ございませんが、お受けできません。

 

一番の理由として、当院のコンセプトは「からだとこころをつなぐ」ことだからです。

 

からだとこころの結びつきについて、1つ1つどうなっているのかを、わかりやすく説明してまいりますので、そこに他の心理職の知識がお子様に入ると、私がやりにくくなります。

 

 

からだとこころ両方サポートさせていただく方針をご理解くださいませ。

 

 

Q改善実績(事例)はありますか?

 

Aいわゆる評判(クチコミ)ですね。

  

せっかくの機会ですので、お伝えいたします。

 

当院は120件を超えるクチコミをいただいていますが、お子様にクチコミ(感想)を書いてくださいとお願いする性格ではありません。

 

 

一方、親御様に感想を書いていただくこともできると思いますが、自分が親の立場なら協力しないため、私からお願いすることはございません。

 

 

このページの内容やそれぞれのリンク先ページ、今ご覧いただいているQ&A(よくいただくご質問)私が開院した理由よろこびの声のページで判断していただければと思います。

 

 

Qページ中の「ある中学生との出会い」のようなサポートを受けれますか?

 

A要相談とさせてください

 

文中にも書かせていただいていますが、この頃は開院1年目で今のように忙しくなく、時間を無料で延長して取り組ませていただきました。

 

通常のサポート範囲を超えた取り組み方になるため、ご要望のある方はご意見をお聞きし別途サポート価格のご提示をさせていただきます。

 

 

以上、長々と書かせていただきましたが、それくらい重要な仕事をさせていただいていると認識しています。

 

 

あなたのお子様が自分らしく生きていかれることを、心から願っています。

 

 

自律心体療法師・心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛