脳内疲労は改善できる時代|脳脊髄液とは?

人間の身体の約7割は体液で構成されている

 
私たちの体は栄養を吸収し、
老廃物を排出して生命活動を
行っています。

そこで大事なのが、
体の6割~7割を占める
体液の存在と循環
です。
 

このページでは、体液の中でも得に重要な
3つの体液の役割についてご紹介していきます。
 

血液

血液は心臓によって加圧され、
血管(動脈)を通じて全身に送られます。

血液が毛細血管まで達すると、
細胞に栄養分や酸素を渡し

細胞の代謝によって生じた
老廃物と二酸化炭素を受け取って、
血管(静脈)を通じて心臓に戻ります。

 
血液の流れがわるくなると、
体が必要とする栄養分と酸素が
正しく運搬されなくなり、

細胞内でエネルギーに変換できず
老廃物が蓄積されていきます
 
 
その状態が長く続くと、

体のだるさ・疲労
筋肉のこり・痛み

高血圧・動脈硬化などの、
体調不良が起きてきます。
 

リンパ液

 
リンパ液は
主に老廃物を運び、

細菌やウイルスなどの有害物質から
体を守ってくれる体液です。
 
 
リンパには
心臓のようなポンプがないため、
ゆっくり一定方向で流れています。

 
老廃物を受け取り運ぶという働きは
血管を通る血液と同じですが、

大きな違いは、
血管に回収しきれなかった
大きな老廃物を処理できることです。
 
 
リンパ液の流れがわるくなると、
むくみ・体の冷え
免疫機能の低下につながります。
 

脳脊髄液


脳脊髄液は、

頭部の脳室と呼ばれる所で作られ

脳から骨盤の中にある仙骨までを循環し、

脳や脊髄の中にある神経へ栄養を送り
老廃物を排出する役割を担っています

 
脳脊髄液の循環は、
最終的に血管系もしくはリンパ系に
取り込まれる仕組みになっており、

血液・リンパ液に次ぐ
第3の循環系と呼ばれています。


脳脊髄液の生産や循環が悪くなると
脳の機能低下を引き起こしてしまい、

身体に出る症状としては、

・ 頭が重い
・ 目の奥が疲れる、重い
・ つかれた状態がつづく
・ 忘れっぽくなる
・ 考えることができなくなる
・ 眠りの質がわるくなる

というような状態になります。
 

脳内デドックスのススメ

 
脳は体重の2%の重量しかありませんが、
エネルギーの消費量は
体全体の20%も使うと言われています。


それくらい、
たくさんのエネルギーを使う分、
脳にはしっかり休んでほしい所です。


脳をしっかり休ませるためには、
第3の循環系である、
脳脊髄液へのアプローチが鍵となります。


 
前述したように、
脳脊髄液は脳へ栄養を送り
老廃物を排出する役割を担っているため、

 
脳脊髄液の循環をスムーズにし、
脳で不要になった
老廃物を効率的に排出
する事ができれば、

脳の機能が向上し、
脳はしっかり休む事ができるのです。
 

次のような方にクラニオセラピーをお勧めします

脳脊髄液へのアプローチ
脳脊髄液へのアプローチ

 
あなたは下記のどれかに
あてはまりますか?
 
 

・ 休みが少なく長時間勤務の方
・ 家事や育児でこころに余裕がない方
・ 色々と考え過ぎる、深く考える傾向の方
・ イライラしやすく怒りっぽい方
・  睡眠時間が足りていたとしても体の疲れが取れない方


これらに当てはまる方で、
整体やマッサージ、鍼灸
リラクゼーションサロンなどに行かれ、

あともう一つ
スッキリ感が得られなとしたら、
脳脊髄液へのアプローチが足らない
のかも知れません。


今の時代は
数十年前のように、
 
患部を強くもむ・押す・たたく
バキバキ鳴らすというような
治療(施術)だけではなく、

脳にアプローチできる時代です。


ですので、もし、あなたが
今よりもラクな身体の状態を
手に入れたいと思われましたら、


脳脊髄液の循環を改善していく
クラニオセラピーを施す整体院に
行かれてみてはいかがでしょうか?
 

脳に関連するブログまとめ


各項目をクリックすると、
ブログが表示されます。

疲れているのは“体”ではない『脳疲労』のメカニズム

幻の痛みは脳で作られる?

ストレスを生み出すメカニズム~脳の仕組み~

脳はヤフー?潜在意識を活用し前向きに生きる方法

脳を休ませないといけない理由


当院では多くの方が
クラニオセラピーを
受けていただき、

よろこびの声を
たくさんいただいております。

もし、ご興味ございましたら
よろこびの声も
参考にしてみてください。
 

画像をクリックしてください
画像をクリックしてください

 
さいごまでご覧くださり
ありがとうございました。
 
 

『からだとこころの声を聴く整体』

 

整体師・心理カウンセラー

市川 猛 (いちかわ たけし)
 

はじめての方へ
院内のようす
初回ご来院の流れ
プロフィール
HOMEに戻る