肩こり

整骨院・整体院・マッサージ院・鍼灸院などへ来院される方の中で、最も多いご依頼内容が肩こりだと言えます。

厚生労働省が行った国民生活基礎調査では、推定3000万人の方が肩こりで困っているというデータがあり、近年では10代の方でも肩こりを感じるようです。

 

そういった意味でも、肩こりは国民病の代表格といっても過言ではないでしょう。

 

 
当院にも、肩こりでお困りの方に多くお越しいただきます。

お話を聞かせていただく中で、

「肩をもんでもらっても、ラクになるのはその時だけ」
「強い指圧や肘でしか効かなくなってきた」
「毎週マッサージに行かないと体が持たない」

このような話しをよくいただきます。


なぜ、肩こりで困っている方が一向にへっていかないのでしょうか?

実は、その多くの原因が、

肩をもまれている

肩をもんでいる

 

つまり、肩に対してアプローチをしているからなのです。

 
このページでは当院の肩こりに対しての考え方、アプローチについてまとめてみました。
 

次のような方は読み進めてください

・ 肩こりが気になって仕事や家事に集中できない
・ 肩に重たい物がのしかかっているようで不快である
・ 筋肉を取って欲しいと思うくらいひどい肩こり
・ 肩のこりがひどいと頭痛や吐き気を感じる
・ 何十年も肩こりで困っている

 

私が整体の仕事に従事してから、今年で15年目を迎えます。
 
整体師として駆け出しの頃は、“肩こりなら肩”  “腰痛なら腰”と患部をもむ施術をしていました。
 
施術後「ラクになったよ」と声をかけてくださる方もおられましたが、なかなかよくならない方がおられたのも事実です。
 
このままではいけないと思い、さらなる技術を追い求め、東京まで学びにいく決断をしました。

そこで出会った施術方法が、今まで改善されにくかった患者さまの肩こりや肩の痛みを緩和することができたのです!

その技術は、患部の筋肉をもまず患部の筋肉を緩める、トリガーポイント療法と呼ばれる画期的なこりや痛みの取り方でした。
   

トリガーポイントとは、筋肉のこりや痛みの原因が離れた箇所の筋肉にあることを示し、鍼治療やお灸をそえる「ツボ」のように、身体のいたるところに散らばっています。

 

トリガーポイントを研究しているあるデータによると、こりや痛みを感じている身体の箇所は同じ箇所と一致しない場合がほとんどで、

  

痛む箇所と同じ個所に 原因があるのが3割

痛む箇所に対して別の個所に原因があるのが7割

  

だといわれています。
 
ですので、もしあなたが今まで肩こりや肩の痛みで、肩に対してマッサージや整体を受けられてもよくならないと思う場合は肩とは違う筋肉(トリガーポイント)に原因があるのかもしれません

 

肩こりでお悩みの方には3つの共通点があります。
 
◎ 筋肉の緊張が強い

肩がこっていらっしゃるので当然といえば当然なのですが、肩周辺の筋肉がとても緊張しています。

なぜなら肩周辺には、約6㌔ある頭を首と肩の筋肉で支えたり、下のイラストのように背中に至る部分まで分厚い筋肉で覆われ、肩甲骨には細かい筋肉が集まり肩関節を動かしているからです。
 


それが、

・ 腕や肩の筋肉を使いすぎる作業
・ 車の運転など無意識に力が入る
・ 運動不足

などの生活において、肩周辺の筋肉の緊張状態がつづき、これが肩のこりや痛みとなって表れてくるのです。
 
◎ 姿勢が悪い

ヒトは人類の進化の過程で、四足歩行から二足歩行になりました。

その過程で体が受ける重力は、頭から足にかけて垂直方向に推移してきました。
 


つぎのイラストの姿勢は、頭にかかった重力が身体の中心を通り、背骨・骨盤・股関節・膝関節・足首で重力の影響を吸収し、地面に向かっています。
 


見た目にもよい姿勢だというのが伝わると思います。

 
それでは、つぎのイラストの姿勢を見ていきましょう。
 


頭にかかった重力が身体の前側を通り、ダイレクトに地面に向かっています。

  
このような姿勢では、肩周辺の筋肉に負担がかかり肩がこる原因となります。
 

特に気をつけたい姿勢


・パソコンのモニターを覗き込むように見る

・うつむき姿勢でスマホを長時間見る

 
肩こりの予防策としては、適度な休憩・ストレッチラジオ体操第一などをおすすめします。
 

ラジオ体操第一


呼吸が浅い

1回の呼吸はたった数秒で終わってしまう動作ですが、私たちは呼吸をすることによって身体に必要な酸素を取り入れ、活動するためのエネルギーを生み出しています。
 


それが、前述したような姿勢の影響や肩甲骨や肋骨の位置や動きが悪くなると、横隔膜が正しく働いてくれず、肺の上部にしか空気が入ってきません。
 
そうして知らず知らずの内に、呼吸が浅くなってくるのです。
 

当院の肩こりに対する施術は、
 

① トリガーポイントマッサージ
 

肩こりや肩の痛みであっても、指先・反対の肩・鎖骨・背中など、肩をこらす真の原因(トリガーポイント)を見極めて、施術いたします。
 
② 肩に関係する関節を整える

筋肉の緊張が強いと、筋肉が付着する関節に負担がかかってきます。


肩関節・鎖骨・肩甲骨・肋骨・背骨などを、痛みがないソフトな矯正で整えていきます。

そうすることで、肩の筋肉がスムーズに動くようになっていきます。
 

③ 姿勢指導  肩こり体操

肩こりは、あなたの今まででの生活スタイルや日頃の姿勢が大きく関わっています。

ですので、

◎ 普段から姿勢に気をつける
◎ 長時間同じ姿勢にならない
 
など、ご自身の頑張りも必要です。
 
再びきつい肩こりや肩の痛みで困らないようにしていくためにも、姿勢を維持させるアドバイスや肩こり体操・ストレッチなど、肩のエクササイズをお伝えいたします。
 

<口コミサイトに投稿いただいたご感想です>

肩こり解消効果が凄いです

 
社会人になって、事務作業をするようになってから肩凝りになり、あらゆる整骨院・マッサージ・リラクゼーションなどを10数年試してきましたが、施術の当日は肩凝りが楽になったような気がするのですが、翌日の朝にはまた元の状態に戻るという繰り返しの日々を過ごしてきました。
 

今年になって、肩の痛みが激しくなり鎮痛剤などで痛みを押さえていましたが原因になっている凝りをどうにか解消したく、インターネットで調べているうちにとても評判の良かったさかい快福整体堂さんにたどりつきました。
 

先生に診て頂くと、肩凝りからくる痛みではなく腕の凝りかりくるものと判明しとても驚きました。

 

長年、色々な整骨院では肩凝りからくる痛みということで診断され、肩の凝りをほぐしてもらったことしかなかったからです。

 

こちらに通い出してから今までと違って施術翌日も凝りがほぐれてきて、だんだんと痛みを感じる回数が少なくなってきました。
 

回数を重ねるごとに、ほぼ痛みを感じない日もあり体がどんどんほぐれているという実感を現在とても感じております。
 

他の整骨院で、肩凝りが中々解消されない方がいらっしゃいましたら是非、こちらで痛みの原因がどこにあるのかを正しく判断して頂くことをオススメします。
 

常識の痛みの取り方と違い驚きました。

 
ある病気をきっかけに右肩辺りが痛くなり、右を向いて寝ることもできませんでした。
 

整形外科にも行ったのですがなんの病気かわからず、薬だけもらって帰りました効かず、 肩の痛みで全然睡眠もとれず困っていました。
  

ネットで検索すればするほど気になってどうすればいいのかと思っている時に、母が昔家に入っていたチラシを思い出しネットで検索すると口コミもよく一度行ってみようということになりました。
 

整体に行ったことがなくとても緊張して行ったのですが、とても女性が入りやすい可愛い部屋で安心しました。
 

最初にじっくりと話を聞いていただき、そこから歪みを整えていただきました。
 

自分では全然歪んでいないと思っていたのにあんなにも歪んでいたことにとても驚きました。。。
 

肩が痛いのに手を少し押すと痛みが少しづつましになって、今までの常識の痛みのとりかと違い驚きました。
 
 

今後に役立つ話などもたくさん知れて、とてもよかったと思いました。
 

ずっと通わなければいけないと思っていたのですが、よくなればそこで終了なので整体に行ったことのない不安な方も一度行ってみるのもいいと思います☆
 

30年来の悩み解消!


私の肩こりは小学生に始まり、左右の視力が極端に違う不同視も手伝って、10代後半には首こり・肩こりが慢性化。
 
色々試しましたが・・・約30年の付き合いです。
 

慣れているので普段はさほど辛くありませんが、疲れが溜まったときなどには、我慢できないほどの症状が現れます。
 

首が回らずコリが背中と腰まで広がり、頭痛と眼精疲労の辛い日々。。。
 

そんな時「揉み返しのない整体」でネット検索し、こちらの治療院に辿り着きました。
 

週に1度の治療を続け3ヶ月が過ぎた頃でしょうか。
 
後頭部と肩甲骨にあった大きなコリが完全に消え、なんと柔らかい首を手に入れました!
 
首といえばガチガチが当たり前。30年来の悩みが、たったの3ヶ月です!
 

もちろん今でも首も肩も凝りますが、月に1度の治療と、これまで全く効果のなかった肩甲骨体操なんかで緩和されるようになりました。
 
先生には本当に感謝しています。
 

先生の施術は、整体というよりは『リラクゼーション』に近く、特に「あたまの整体」は夢心地ですね。
 
心身ともに癒されます。

  

定期的にずっと通い続けたいと思う治療院に、ようやく巡り合えました。
 

トリガーポイントという、筋肉の痛みやこりを発生させるメカニズムを知ってから、私の中で肩こりに対する認識が変わってきました。
 
もしかすると、今のあなたも似たような気持ちかもしれません。
 

 
なぜ?からはじまりそれが希望に変わりやがて確信に変わる。

 
しかし、そうなっていくためには、ある程度のまとまった通院が必要です。
 
なぜなら、人の体には恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれる一定を保つ・元に戻ろうとする力が強く働いているからです。

つまり、肩こり体質に戻ろうとする訳ですね。

ーーーーーーーー
身体習慣は3カ月
思考習慣は6か月
ーーーーーーーー

この期間で、習慣が変わるといわれています。

また、身体の細胞が生まれ変わる周期を見ても、
 
ーーーーーーーーーーーーー
筋肉・・・2~7カ月
肝臓・・・2か月~1年
血液・・・100~120日
赤血球・・3~4カ月
ーーーーーーーーーーーーーー
 
と、ある程度の期間を要します。

 

そのことからも分るように、当院の肩こり整体で根本的な改善をしていくためには、最低でも週1回の来院ペースを目安にしてください。

 
それこそ長年の肩の荷を下せるように、全力でサポートさせていただきます。
 
さかい快福整体堂  市川 猛
 

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ