腰痛

厚生労働省が行った国民生活基礎調査では、推定2800万人の方が腰痛で困っているというデータがあるようです。

私たちが住んでいる街に、整形外科・整骨院・整体院マッサージ院・鍼灸院など、たくさんあるのにも関わらずです。


当院にも、腰痛でお困りの方に多くお越しいただきます。

お話を聞かせていただく中で、

・ レントゲン検査で特に異常なしと言われた
・ 腰をもんでもらっても楽なのはその時だけ
・ 脚の長さが違うのが原因だと言われた
・ 骨盤矯正を受け続けてもよくならない

このような話しをよくお聞きます。

これは、当院を含め数多く施術を提供する所があるだけに、それぞれの腰痛治療に対する考え方やアプローチがあるのだと思います。

ですが、それでも腰痛でお困りの方が一向にへっていかない状況は、何かがおかしいと思うのです。
 
このページでは、当院の腰痛に対しての考え方とアプローチについてまとめてみました。
 

次のような方は読み進めてください

・ 朝起きると腰が痛い
・ 腰を曲げるのがつらい
・ 車を運転すると特に痛む
・ 脚がしびれたり、だるくなる
・ コルセットをしないと不安

トリガーポイントとは、筋肉のこりや痛みの原因が離れた箇所の筋肉にあることを示し、鍼治療やお灸をそえる「ツボ」のように、身体のいたるところに散らばっています。

 

トリガーポイントを研究しているあるデータによると、こりや痛みを感じている身体の箇所は、同じ箇所と一致しない場合がほとんどで、
 

◎ 痛む箇所と同じ個所に原因があるのが3割

◎ 痛む箇所に対して別の個所に原因があるのが7割

 

だといわれています。

  
ですので、もし、あなたが今まで腰痛でお困りで腰に対してマッサージや整体を受けられてもよくなっていかない....

  

と思われる場合は、腰とは違う筋肉(トリガーポイント)に原因があるかもしれません。
 

腰痛でお困りの方には、3つの共通点があります。
 
トリガーポイントが下肢に集中している


前述したトリガーポイントは、西洋医学の考え方がベースとなり、「筋肉に痛みやこりを発生させる箇所」としてとらえていただくと、分りやすいと思います。

その一方、東洋医学から考えられたツボは、筋肉の経絡上(エネルギーが流れる道)に散りばめられ、その数は、670~1000箇所存在するといわれています。
 
諸説ございますが、ツボとトリガーポイントの約7割は同一地点にあり、腰のトリガーポイントは主に、ふともも・ふくらはぎ・臀部足裏など下肢に集中しています。
 
② 仙腸関節が固い


多くの腰痛の場合、骨盤を構成している“仙腸関節”と呼ばれる関節の動きがわるく、固まっています。

※イラストの赤い部分とオレンジ色の部分をつないでいる所が仙腸関節です
 

仙腸関節が固くなる原因は、悪い姿勢の影響で骨盤が歪み固くなるという考え方もありますし、地面と接地する足首に何らかの負担がかかり、その負担が膝関節・股関節へと分散し、骨盤に歪みが生じることで固くなるという考え方もあります。

どちらにせよ、仙腸関節の固さを緩和させていくためには、骨盤を整え、足首や股関節など、脚の関節も整え仙腸関節の動きをよくしていく必要があります。
 
③ 座っている時の姿勢が悪い

腰が痛い方の場合、イラストのような座り方をされる方がほとんどです。
 


ですが、この姿勢は骨盤を形成する仙骨で座っているため、おすすめしません。
 

よく姿勢をテーマにしたテレビ番組で先生として登場した人は、必ずといっていいほど「骨盤を立ててください」と、指導していると思います。

これは、座る時に限っていうと、
============
・骨盤が立つ=坐骨で座る
・骨盤が傾く=仙骨で座る
============

ということを伝えているのです。

坐骨という漢字は、座る骨という文字とほぼ同じですよね?
 
仙骨には、坐骨神経や内臓をコントロールする神経が密集しているのもあり、座り方はとても大事なのです。
 

 当院の腰痛に対する施術では、
 

① トリガーポイントマッサージ

腰痛であっても腰の筋肉はもまずに、ふくらはぎ・膝裏・反対の腰臀部・すね・足裏など、腰痛の真の原因(トリガーポイント)を見極めて施術いたします。
 
② 仙腸関節の矯正

当院の矯正は、過度な力を必要としません 。

「矯正」というより、「調整」という形で後押しします。

その調整方法は、

・ ゆらす
・ ふれる
・ のばす  
・ つりあう

このように独自の調整方法で仙腸関節・股間節・膝関節・足首を整えていきます。

 

③  姿勢指導 

筋肉・仙腸関節・脚の関節などを整えたとしても、普段の私生活で骨盤を傾けた座り方や脚を組む・横座りをするなどの姿勢をされると、骨盤や脚の関節にゆがみが生じ、腰の筋肉や仙腸関節に負担がかかってしまいます。

あなたが、再びきつい腰痛や慢性腰痛で困らないように過ごしていくためにも、骨盤を立てて座る姿勢のコツをお伝えし、ご自宅で簡単にできる骨盤矯正体操や、腰のエクササイズをお伝えしていきます。
 

<口コミサイトに投稿いただいたご感想です>

腰痛でお悩みの方におススメです

 

腰痛とふくらはぎの痛みがあり車の運転する時などに特に痛みがあり、過去にいろんな整体に行きましたが、思ったほど改善されず、中には高額な施術料のなのに全く患者の話を聞かず『日頃のトレーニングを怠ったのが原因』という整体の所もありました。

仕事柄平日には通院できにくくネットでいろいろ探してみたところ、自宅からそれほど遠くなくて、日曜日も診療して頂けることもあり通院させてもらいました。

施術はバキバキとかは無くピンポイントで筋肉をほぐす感じで大きな痛みとかは有りません。

丁寧に施術をしてもらえますので施術後はすごく体が軽い感じになります。

ただいろいろなところに行った私の経験では2~3回程度では完全良くなることはないので、少なくとも1カ月ぐらいは通院されることをオススメします。

お陰様で腰痛もほぼ日常では無くなり、今ではメンテナンス的な感じで1カ月に一度程度の通院で大丈夫なまでになりました。

他の整体で改善されなかった方は一度通院してみてはいかがでしょうか!
 

ウソのようになくなりました

 

慢性の腰痛で、今まで色んな整骨院や整体に行きましたが、いまいち良くならずに半分あきらめていました。
 

が、昨年一年間に三回もぎっくり腰になり、家族や会社に迷惑をかけてしまい、このままではいけないと整体を探し、口コミのよかったさかい快福整体堂に通い始めたのですが、腰はもちろん週に半分は痛み止めを飲むほどの頭痛が嘘のようになくなりました。
 

腰痛で行ったのに頭痛が治り、目眩・首こりなどの不調もどんどんなくなり、とても元気になりました!
   

どんな事も親身になって聞いてくれるとっても優しい先生です。
  

行くたびに良くなる実感があります

 

腰が痛いとお友達に相談したところさかい快福整体堂さんがなんで?
 
って不思議な感覚だけど良いよと教えてもらいました。
 

初めて施術していただいた時はほんと不思議な感じで体の軸がしっかりしたような感覚でした。
 

肩こりからの頭痛にもなることが多く薬のアレルギーがあるのでひたすら我慢をしていたのですが、先日、先生より頭痛はどうですか?と聞いて頂くまで頭痛がなくなってることにも気づかないほどになってました。
 

車で40分の距離は遠いようですが体が楽になるので40分しかかからない距離に感じます。
 
小さな質問にも丁寧に答えていただけるので信頼できる先生です。
 

トリガーポイントという筋肉の痛みやこりを発生させるメカニズムを知ってから、私の中で腰痛改善に対する認識が変わってきました。
 

もしかすると、今のあなたも似たような気持ちかもしれません。
 
なぜ?からはじまりそれが希望に変わりやがて確信に変わる。
 
しかし、そうなっていくためには、よろこびの声にもありましたように、ある程度まとまった通院が必要です。

 
なぜなら、人の体には恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれる一定を保つ・元に戻ろうとする、という力が強く働いているからです。

つまり、腰痛の状態に戻ろうとする働きがでてくるのですね。
  
これは、身体の細胞が生まれ変わる周期を見てみても、

ーーーーーーーーーーーーー
筋肉・・・2~7カ月
肝臓・・・2か月~1年
血液・・・100~120日
赤血球・・3~4カ月
ーーーーーーーーーーーーーー
 
と、ある程度の期間を要するのです。
 

そのことからも分るように、当院の腰痛整体ではまず、週1回のペースでの通院を推奨しています。

改善具合によって、2週間に1回3週間に1回と、どんどん間隔をあけていきます。

 
ただし、上記の通院ペースはあくまでも目安です。

100人いれば100通りの人生があるように、快復へ向けたペースも100通りございます。

 
あなたの腰痛が早く快復していただけますように、全力で取り組んでまいります!

腰痛でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
 

さかい快福整体堂  市川 猛
 

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ