適応障害

適応障害とは、新しく社会生活(進学・就職・独立・結婚・失業・病気)を送っていく中で、誰にでも遭遇し得る環境(ストレス)に対しうまく適応できず、予想外に精神的なダメージを受けてしまい、心身になにがしらかの症状が表れることを示します。

傾向的に、真面目でストレスに弱い方が、適応障害になりやすいといわれています。

 

 
私は思います。

私たちは一人一人個性があり、生まれ育った環境や進学・就職・結婚など、置かれる環境もさまざまです。

偶然、それらの時期に心身への不調が出ただけで、このような状況は誰にでもあり得ることだと思うのです。

ですので、いつも適応障害という呼び方に違和感を感じてしまいます。

ホームーページでは、分りやすくするためにあえて表記しますが、本望ではないことをご理解くださいませ。
 

今から25年前の話です。

私は高校を卒業した後、自動車整備士を養成する専門学校に進学しました。

周りが次々と友達のグループを作っていく中、私はそこに入っていけませんでした。

休憩時間は、いつも一人です。

東京モーターショーの見学がメインだった修学旅行でも、私は一人での行動でした。


さすがに東京ディズニーランドの一人行動は寂しかったですが(笑)

 
この状況は適応力がないといえるでしょう。


でも、たとえ適応力がなくても、「物事に対するとらえ方次第で自分らしく生きていけるのだ!」と、その後の人生で学びました。
 

適応障害を回復していくためには、何より十分な休息が必要です。
 
そして、大事なのはご本人さまの治療だけではなく、周りの人の理解や協力が必要不可欠です。

もし、このページを読まれている方の中で、ご家族さまや親しい関係者さまがいらっしゃいましたら、ご本人さまに向けて回復を急がすような励ましのことばより、

 

 
・ 家事を率先して行う
・ 話をじっくり聞く
(求められない限りアドバイスはしない)
 
このように、ご本人さまに寄り添っていただくとうれしく思います。


■ 診断書への考え方
 
いつものような生活を送ることに対して支障がではじめ、休職願いや、学校を休む際には、診断書の提出が必要になると思います。
 
もし、その時、適応障害と診断されたとしても病気や障害という認識ではなく、気持ちを切り替えていくための準備期間』と、とらえていただく方が、気持ちが軽くなりますよ。

 

当院での適応障害の改善方法は、カウンセリングが中心となります。

今の気持ちに逆らわず、急がず、焦らず、無理をせず気持ちをほぐしていきましょう。

カウンセリングのメリットは、いつも悩んでいる状況を冷静にふりかえることができ、自分はこういうことで悩んでいたんだと、客観的にとらえることができます。

そして、これからはこのように考えたらいいんだと、新しい視点を見つけることができてきます。

もちろん、無理にお話しをしていただくことはございませんので、安心してください。

頭痛・ふらつき・不眠など身体症状がある場合は、それらの症状に適した施術でからだのケアをいたします。
 

どんどん私生活において悩む回数が減りました。


私の場合、職場環境と家庭環境で悩み、4年前から心も体も疲れ果てていました。
 

自分の気持ちがわからなくなり病院にも行きましたが納得いく結果が出ず、カウンセリングに通うまで行き詰まりました。
 

親身に話を聞いてもらえて、気持ちがすっきりしたり自身の思考の癖はわかりましたが、職場と家庭の問題は1年以上通っても解決できていませんでした。
 
その間も日々の悩みは心だけでなく体にも重くのしかかり、頭痛や肩こりなど慢性的な全身の不調にも悩まさせれていました。
 

心も体もなんとかならないかと思いネットで検索していると、さかい快福整体堂さんにたどり着きました。
 
ホームページを読み進める中で、先生自身も心の病に悩んでいた時期があったそうで、先生なら私の気持ちがわかってくれそうとお願いすることにしました。
 

初回、先生から「カウンセリングで良くならなければ、それは自分の気持ちに問いただすいい機会です」と言われました。
 
他力依存ではなく自分の力で健康を維持できる方法のことですが、意味がわからなくても腑に落ちるまで説明してもらえました。
 

他院でのカウンセリングでは考え方の理解だけで1年以上かかった私が、市川先生のもとに通って数ヶ月後には伝え方と捉え方の重要性まで理解でき、どんどん私生活におけるコミュニケーション力が上がり、悩む回数が減りました。
 
さらに、カウンセリングと同時に整体もしていただけるので、全身の不調も軽快しました。
 

おかげさまで、今では自分の力で考え行動できるようになり、仕事でのスキルアップを目指して学校に通うことになりました。
 

どん底だった時、今の私を想像することはできなかったでしょう。
  
それくらい、自分の可能性を引き出してくれる市川先生のカウンセリング能力は、ご自身の体験を通じ、心理学に応用をきかせているそうなので理解しやすいです。
 

先生、本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。
 

前述したように、適応障害を回復していくためには、十分な休息が必要です。

急がず、焦らず、無理をしないことがポイントです。
 
なぜなら適応障害は、いわば、“物事のとらえ方のクセ”″心身の習慣の乱れ”のようなものだからです。

それらを整えていくには、心のクセ・体のクセ、つまり、心身の習慣を変化させていく必要があります。

ある心理学では、運動習慣・生活習慣・口癖など、何らかの習慣を変化させようとする時、その新しい習慣が身につくまでに、21日間かかるといわれています。

また、身体の細胞が生まれ変わる周期を見てみても、

ーーーーーーーーーーーーー
筋肉・・・2~7カ月
肝臓・・・2か月~1年
血液・・・100~120日
赤血球・・3~4カ月
ーーーーーーーーーーーーーー
 
と、ある程度の期間を要します。


それと同じように、こころのクセ・からだのクセを本質的に変えていくためには、それ相当の期間がかかってきます。


当院で適応障害を改善していくにも、じっくりと心と体の芯の部分から整えていくために、まずは、週1回のペースでの通院を目安にしてください。

改善具合によって、2週間に1回・3週間に1回と、どんどん間隔をあけていきます。

 
ただし、上記の通院ペースはあくまでも目安です。

100人いれば100通りの人生がありますように、快復へ向けたペースも100通りございます。


そこは、本質的な改善に向けてがんばり過ぎずあなたの快復ペースに寄り添えるように、精一杯サポートいたします。

適応障害でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

 
自律心体療法師・心理カウンセラー
さかい快福整体堂  市川 猛
 

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ