ホーム

医師と患者の気持ちを考えてみました。

先日「整形外科」か「整体」どっちに行けばいいの?、というテーマで書かせて頂きましたが、その続きです。

もし、ご興味ございましたら➔病院と整体どっち?

 その中で「治るとは?」という事について少し掘り下げて書かせて頂こうと思っております。

私の個人的な考えですので、決して私の考えが全て正しい訳ではなく、こんな考えもあるんではないでしょうか?という感じで書かせて頂きますね。

=============

治ると言っても患者側の気持ちで言うと「早期に安心出来る治療を望む」という方がほとんどではないでしょうか?

例えば・・・

もしかして怖い病気じゃないかな?

明日は重要な会議があるので、なんとかして欲しい

などです、

医師の気持ちからすると、例えば・・・・

今までの生活習慣が根底にあるのに、きちんと指導した事をしているのかな?

症状以外の愚痴をずーと言われてもなぁ・・・」とかを考えていると私は思っております。

 

要は「コミュニケーション不足」で「治る」事に対してギャップが出るからだと私は思います。

 

でも、問診(コミュニケーション)とは言っても、病院には数多くの患者さんが居ますし、予約制でも1時間待ちは当たり前とは良くお聞きします。

その中で、医師も「命」に別状ないと判断した患者様に対して、時間を割いて患者さんの健康の悩みを聞いてあげる時間がないのです

でも、患者側は「わたしの身体はどうなるの?」という不安を言い答えを求めたいのですが、

「こんな事聞いて怒られないかしら?」とか、結構勇気が要るもんなのですね。

勿論、病院全体で臨床心理士など、患者様やご家族の心のケアを取り組んでいる医療機関もございますが、まだ多くはございません。

 

そんな事で、医療現場では最新の技術や最新医学が進んでも、患者数が減らない、また新しい病名や症候群が出てくるのかなーと、最近特に思う次第であります。

医師と患者の気持ちのギャップが埋まるといいなぁ~と感じました。

少し、文章だときちんと伝えれないかと思いますが、参考にして頂ければと思います。

さかい快福整体堂の、市川でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【1日8名様限定の完全予約制】

堺市西区の痛くない整体マッサージ【さかい快福整体堂】

お問い合わせ:℡072-289-5992

ホームページを見て・・」とお電話下さい。

営業期間10:00~18:00

定休日:火曜日 土日も施術

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー