クイズ どっちを見ますか?

昨日ことばの影響力のお話をさせて頂きましたが、まだ読まれていない方は今回の内容がより伝わりやすいので先に読んでみて下さいね。

ことばの影響力

これは私達「からだとこころを専門」にお伝えしている先生方の共通意識ですけれど


改善されにくい方と早く改善される方と2通りに別れます。


ここで大事なのは外傷(捻挫等)や明確な原因をご本人様が分かっている場合は
こころの問題を深く観る事なく筋肉・関節の矯正・固定などで殆どの場合が早く良くなります。


私がお伝えしているのは、ご本人様が明確な原因が分かっていない場合
こころの問題を深く観た方がご本人様の為になりますので
いかに気づいて頂くか色々考えてお伝えさせて頂いております。


そう「気づきの場」なのです。


こころに問題がある場合、神経系・内臓系にも症状として出て来ますので
如何にこころの意識に気づいて頂き正しい情報(本質)で塗り替える事が必要なのです。


胃の不調がストレスであるようにですね。


::

::


例えば動悸の場合
病院に行かれ心電図で異常無し(ほんの数分で動悸の症状は出ませんよね?)
その為にホルター心電図(24時間)をされても異常無し

検査結果待ちで1週間とか待つ間、もしかして心筋梗塞や不整脈かも?
と考えるだけで食欲が湧かず寝つきも悪くなる、そして余計に体調が悪くなる・・・


後日検査結果を聞きに行かれ、結局原因不明で様子を見る体で身体に不必要なクスリを処方されたり、心療内科(ことばの影響力で柔らかい表現になりました)へ紹介されても「こころの風邪だから、じっくり治して行きましょう」とこちらでも身体が本当は必要としていないクスリを処方され、実際に飲んでしまいますと・・・


::

::

はい、これ殆ど私の実体験です(笑)
クスリは処方されず、心臓に異常なくて安心しましたけど、
逆に何が原因なのか?また新しい不安と戦っていました・・・


もう10年以上前になりますかな・・・
あの時は辛かったなぁ~~


ドクターの権威や言葉の影響力はとても凄く、私達はどうしても聞いてしまいがちではありますが、心理的なアプローチの方法をして行きますとクスリを飲まず殆どの不定愁訴(原因不明の症状)を自力で治す事は十分可能なのです。

私がしてきたように!

=========================
「自分の力で自分を治すって理想的ではないですか?」
=========================


と、ずーと前から同じ事を書いておりますので文章を書くスピードが速くなって来るほど本当に日本人は病院が好きですし、病気関係のテレビも好きですし、健康食品のCMも好きですし(ダイレクトレスポンスマーケティングで検索してみて下さい)クスリもネットで買える素晴らしい環境です。


通勤途中にある心療内科は朝8時(診察は9時)に行列が出来る程ですから
ほんとうに大丈夫ですか?と思ってしまいます。

ーーー

今日は少しクイズをしてみますね。
下の絵を見て頂いて、どちから考えてみて下さい。

昨日のブログを復習され今回の内容もご理解頂けたら
きっと正しい答えを選んで頂けるかと思いますので。

答えは後日のブログで書かせて頂きますね。


今回は動悸で私なりの体験談を書かせて頂きましたが、
動悸以外でも殆ど似たようなストーリーになりますので

ご安心下さい^^

必ず解決(自力で治せます)出来ますので!

今日は今から勉強会と懇親会でお休みですけれど
少しでも、お伝え出来ればと思う
さかい快福整体堂の市川でした^^


====================================
土日を中心に直ぐに埋まりますのでお早目のご予約が確実です

※3月のお休みが変則になります。
詳しくは→3月のお知らせ

日曜の施術日が少ないですのでお早目のご予約が確実です。


「ホームページを見て・・」とお電話下さいませ。

072-289-5992


当日予約も可

営業時間10:00~19:00(19時~の施術も可能です)
※最終お電話の受付時間18:30分

定休日:火曜日:祝日
          :土日は施術

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー