4カ月以上止まらない咳

最近20代女性の方の利用が増えて行っています。

先週はじめてお越しいただいた方も20代で、
ご依頼内容は、
「咳をする度に腰(骨盤の中のどこか)に激痛が走る」症状でした。


見立てでは、骨盤の中の腰仙関節、4番5番の腰痛のゆがみ、
仙腸関節・股関節の調整と、
咳は呼吸器系ですので、胸郭を形成する肋骨と肩甲骨の動きを
調整しようと思いました。


結論からしますと、1回の施術で咳は収まり、
次回ご来院まで、
どこまで咳が出ないかを見ていただいています。

ーー

『肋骨は窓のブラインド?』

肋骨は
背骨を中心に左右で12本で、合計24本ありますので、
1本や2本、ゆがんでいても全然不思議ではないです。

それぞれ、綺麗に列を形成する訳でなく、
窓のブラインド1列が跳ね返って光が漏れるように、
肋骨も跳ね返る骨があります。


ひどくなりますと、
肋間神経痛になる恐れもありまして、
その場合いくら婦人科や整形外科に行かれても、
肋骨の矯正をしてくれる事は殆どありません。


ですので、
もし、おかしいなーと思われましたら、
当院でなくても、
技術と知識のある治療院へご相談して下さいね。


ーーー

しかし、
なぜ肋骨の位置が左右でずれるかと言いますと、
普段の捻じれた姿勢が助長され、
捻じれた姿勢の延長上には骨盤のゆがみがあります。


今回お越しの方、
初回検査時で、骨盤の位置(ASIS)が左右で2㎝以上違い、
肋骨の位置も骨盤のゆがみの上下と、同側方向でゆがんでいました。



骨盤と肋骨の調整、呼吸筋の調整をしてと、
ここまでは良くある整体院の話です。


私は、少し気になった、
ある事をお話させていただきました。


「咳が出る場所は喉、喉の違和感と言いたい事の関係性」


からだとこころの声を聴くセラピーの真骨頂です^^




詳しい内容は個人情報の兼ね合いもあり公表出来ませんが、
ただ単に施術するだけでなく、
「抑えとして」こころの声のお話もしています。


抑えは
プロ野球界でも
先発・中継ぎ・抑えとありますように、凄く大事な役割です。

今回の場合ですと、

先発(骨盤調整)中継ぎ(肋骨・肩甲骨調整)抑え(喉とこころの声の関係性)

と言った所でしょうか。


女性の症例で、プロ野球で例えて
すみません(^-^;


勿論、
こころの声が必要でない方か、必要な方は
経験上ある程度分かりますので、

伝えてよさそうな方は、
しっかりご説明してからお話いたします。


当院のコンセプトはこちらより。
→ はじめての方へ


いやぁ~
まだ初回ですが、4カ月以上毎日咳が出て、
その度に骨盤の中にまで激痛が起こると、
それこそ毎日が憂鬱になってきます・・・


でも、
思い切って当院にご連絡頂き、
結果が出て良かったですね^^

お話もざっくばらんな感じで
していただき、
私も緊張せずお話出来ました~

良き日のご縁に感謝です。

「ホームページを見て・・」とお電話下さい。

072-289-5992

● 当日予約も可

営業時間10:00~19:00
19時~の施術も可能です)
※最終お電話の受付時間18:30分

定休日:火曜日:祝日
          :土日も施術

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー