交野市近郊で訪問リハビリマッサージなら樋口治療室がお勧めです。


今日のブログは
私と仲良くしていただき、
信頼おける関西の治療院をご紹介いたします。


ご紹介するにあたって、確かな人を推薦したく
勉強会や懇親会で何回もお会いし、
人間性を見て、治療院の特色や
先生の人柄をお伝えできればと思っています。


今回で7人目の先生

ご紹介先は、

JR学研都市線「津田」駅より
約10分にある、古民家治療院

【交野市|訪問リハビリマッサージ・整体】樋口治療室

院長 樋口 純一 先生


ーーー

樋口先生は
あんま・マッサージ・指圧師
鍼灸師の国家資格を持たれ、


高齢者宅へ訪問リハビリマッサージや
水のゆらぎを研究したセルフケア
「みずぽっと体操」の普及活動も
がんばっておられます。


<お子様と共に水のゆらぎで健康をめざす>

左の男性が樋口先生


<プロの治療家にも伝える樋口先生>


お気づきの方が
おられたらすばらしい。



少し見えにくですが、
樋口先生は
ピンクの達人なのです^^



下の本は
樋口先生からいただいた
「こころの周波数を上げる方法」


本の表紙がピンクであるように
ピンクに包まれると、
元気になるんですって!


高齢者宅のリハビリで

ピンク色の
タオルケットを
ご利用者さんの
身体にかけるだけで、


ほんのりと
お顔の血行が良くなり、
リハビリがスムーズになる


というお話が
とても
印象深かったです。


家族が寝たきりになったときに【訪問マッサージの普及】


あまり
考えたくないことですが、
私の世代(40代)や50代以降の方は

両親の健康(介護)を
考えないといけません。


また
自分自身の健康も
考えないと、いざという時に
困るのは
何より自分自身や家族です。


実は私の両親が昨年共に入院をし、
たいへんな思いを経験しています。



もし
親が寝たきりになったら、
介護サービスを
受けることになるでしょう。



しかし
社会福祉のしくみは難しく
何回聞いてもわからないこともあり、
慣れない介護に時間に追われ、
心身の疲労ははかり得ないです。



そうならない為にも
ぜひ知っていただきたい内容を


樋口先生のホームページから
少しご紹介させていただきますね。


ーーーー

「ご家族の介助をしているうちに、腰が・・・」

「父の介護で自分の時間が取れない。
 体をいたわる余裕がないわ。」

といったように、

全部をご家族、身内だけで抱え込むとなると、
心身共に負担のかかるものです。


手の足りない時は
ヘルパーさんに手伝ってもらったり、

体調がすぐれない時は
訪問看護に来てもらったり…


あなたや
あなたのご家族の方々に
心身共に負担がかからないよう
それぞれの役割分担は必要です。


当治療室の訪問リハビリ治療を
ご利用していただくことで、

患者様が少しでも快適に
生活を過ごせることはもちろん、

ご家族のみなさまが少しでも

肉体的、精神的、
そして
時間的なゆとりをもっていただけるよう
お手伝いをさせていただいております。


親の健康 パートナーや子供 自分の健康 家族の健康



みんなそれぞれ
役割を与えられて、
生まれて来ました。


ひとり、ひとりの力は
微力かも知れません、


家族とは
かけがえのない
出会いで、


生まれてきた使命を
全うする為、
図り得ない確率で
夫婦として絆が出来上がりました。


子供は愛の結晶とはよく
言いますが、

ほんと
新しい命の誕生は
奇跡であり神秘的でもあります。


家族はたとえ
嫌なことがあっても
いざという時だからこそ
しんぱいする気持ちは
誰でもあることと信じています。


ひとつ屋根の下で暮らす


家族とは?
絆とは?
愛とは?
健康とは?
生きるとは?


今回
樋口先生の治療室を
紹介するにあたり、



私自身も深く
かんがることが
出来ました。



さいごになりますが、
もう一度
樋口先生の治療室を
ご紹介させてください。

【交野市|訪問リハビリマッサージ・整体】樋口治療室



今一度
私が出来ることを、
考えて行動していきます。

『からだとこころの声を聴く整体』


免疫セラピストの
さかい快福整体堂 市川 猛が
お届けいたしました。

→ 当院のコンセプト
→ よろこびのお声
→ プロフィール


☆事前に問診票へのご記入で
初回1000円OFF

 →ご予約方法


● 当日予約も可
土日のご予約はお早目に
「ホームページを見て・・」とお電話ください。

072-289-5992


営業時間10:00~19:00
19時~の施術も可能です)
※最終お電話の受付時間18:30分

定休日:火曜日:祝日
          :土日も施術

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー