免疫医学研究会 西日本支部会~自分の体を守るのは自分!~


昨年10月に行われた、
免疫医学研究会 西日本支部会


2回目が
1月29日に行われました。


ん?関西免疫研究会?


聞いたことがない団体と思いますので、
少し経緯をかかせてくださいね。


::

::


免疫医学研究会は、東京の田町という街で、
他者リンパ療法と呼ばれる
健康な人のリンパ球を、がんを患っている方に移し
がん細胞を減らす治療を行っているドクターと


雑誌「TARZAN」で1986年創刊号より
鍼灸の効果を掲載しつづけた先生が、


西洋医学・東洋医学
それぞれの立場を超えて協力し
免疫について、がん治療について
私達、手技療法家に勉強会を行い、

「それぞれの患者さまの相談にしっかり乗れるように」

という想いから発足しました。

当院に設置しているニュースレターより

左が鍼灸師
高橋 亨先生

右が医師・産業医
野口 勇人先生


熱い先生方と、志しが高い手技療法家
それぞれの思いが詰まった免疫医学研究会


しかし
私を含め、関西から毎回東京にいく
交通費と時間の捻出が難しいという問題もありました。


そこで、
私と親しい京都の先生が、先生方や事務局の方に

「関西でも研究会を立ち上げて、
もっと多くの方に免疫や、がんについて知って欲しい」

と交渉を重ね

本格的に関西で行われる研究会前の
プレ講義として行うことになりました。


東京の先生方の貴重な休みと移動距離を
関西の為に、掛け合ってくれた

治療院 じゅいん
青木 葉子先生のホームページには、

実際に癌を患った不安な気持ちや
血液ドッグについて詳しくかかれています。


青木先生のホームページはこちら
 → 治療院 じゅいん

::

::

この日は
一般の方も参加して


✅  正しい食事の順序は?
✅  本当に注意して飲まないと
   免疫を下げる身近に潜んだ3つの危険なクスリ
✅  血液データーから診る健康状態
✅  健康のバランスを保つ3つの要素
✅  質疑応答

など、興味深い話を聞くことが出来ました。

成人病から生活習慣病に名前が変わって・・・

最期になりましたが、
健康と習慣について
少しお話させてください。


昔、成人病という呼び名があり
今は生活習慣病に変わってます。


なぜかといいますと、


成人だから病になるのではなく、
生活の習慣で起こる病になってきてますから、
生活習慣の見直しをする必要性があるということです。



そして生活習慣病が認知され、

メタボ検診を受けてください、と
国が啓蒙活動するくらいですから、


それは
自己管理をすることが、
むずかしいことを意味するでしょう。


実際に習慣を変えることは本当に難しく、
一番つらいのは、誰よりご本人さまです。


解ってるけど、うまくいかない・・・
その強烈なストレスは計りえません。


なかなか難しい習慣を変える役割が
ご家族であったり、病院だったり、
私達、手技療法家の役割となります。

『からだとこころの声を聴く整体 さかい快福整体堂』

  
整体師 心理カウンセラーの
市川 猛がお届けいたしました^^


当院がおすすめる3つのページ


当院の理念 → さかい快福整体堂がはじめての方へ
私の使命感 → 私が整備士から整体師になった理由

理念と使命が明確だからこそ、結果が出るんです♪
からだとこころの声を聴く整体 → よろこびのお声

2月1日~14日までの
空き状況は→ 空き状況


お気軽に
ホームページを見て・・」とお電話ください。

072-289-5992


施術時間    10:00~19:00
最終受付時間  18:30


定休日:火曜日:祝日
          :土日は施術

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー