深呼吸をすると自律神経失調症の改善に有効ですか?

Q 深呼吸が自律神経失調症の改善に
良いと聞いて深呼吸をしてみるのですが、
息を長く吐く時にしんどくなってきます。
なぜ深呼吸が自律神経失調症の改善に有効なのか、
先生の意見を聞かせてください。


こんにちは。
さかい快福整体堂の市川です。

ご質問にお答えします。

A 深呼吸はとても大事です、自律神経失調症の改善に有効です。

自律神経を、
自分の意思で
コントロールできる
唯一の方法が『呼吸』です。


私たちが行っている呼吸の回数は1日で2万回。

1回の呼吸はたった数秒でおわってしまう動作ですが、
私たちは呼吸によって身体に必要な酸素を取り入れ
活動するためのエネルギーを生み出しています。


その呼吸は、2種類に分けられます。

・胸式呼吸・・・交感神経支配
・腹式呼吸・・・副交感神経支配


よく、ヨガや太極拳などで
腹式呼吸を教えられるのは、

自律神経を副交感神経優位にして
深いリラックスに入るためです。

※毎日が忙しい現代社会は
交感神経優位な時代だといえます


リラックスする際の呼吸は
息を長く吐くことが良いとされてますが、

質問者さんが、仰るように
「息を長く吐く時にしんどくなる」
と感じられる方は、

当院へお越しの方でもおられます。


呼吸に関連する
肋骨・肩甲骨・横隔膜など、
構造上の問題があるかも知れませんが、

いま、質問者さんにとって
しんどいと思われるのなら、

一度普段の呼吸に戻していただいて、
「呼吸にだけ意識を向ける」ことを
おすすめします。

鼻から吸って口から吐くとかを
考えずに、ただ『呼吸に意識する』


目安時間は、3分から5分
慣れてくれば
7分10分と続けながら、
体調の変化を観察してください。

もし、
3週間経っても変化がなければ
再度ご質問をしていただくか、
お近くの専門家を訪ねることも
ご検討ください。

少しでも参考になれば幸いです。

『からだとこころの声を聴く整体』
さかい快福整体堂 市川 猛
 


過去のご質問・お答えは

こちらをクリックしてください。
→ 専門家アンサー

営業時間    10:00~19:00
最終受付時間  18:30

定休日:火曜日:祝日
           :土日は施術
電話番号
072-289-5992

LINEでもご質問を受け付けしております