考え過ぎると自律神経に影響ありますか?

Q 家族や友人に「いつも考え過ぎ」と良く言われます。
自分でもそうだと思うのですが、
どうしても考えてしまう場合、どうしたらいいですか?
また自律神経に影響はありますか?ご意見お願いします。

こんにちは。
さかい快福整体堂の市川です。

ご質問にお答えします。

A 考え過ぎると沢山のエネルギーを使うため
自律神経に影響を及ぼします。


まず自律神経の
おさらいから。

『交感神経優位の時は、副交感神経が休み

副交感神経優位の時は、交感神経が休む』
 
 
このように、自律神経は、
どちらかが働けば
どちらかは活動を弱める、
という優位性の法則があります。
 
 

質問者さんは、考え過ぎだと

周りからもご自身も思われる、
ということなのですね。
 

○○し過ぎな状態は、
がんばっている状態ですから

がんばる神経(交感神経)が
優位な状態と言えます。
 
 
ですので、
自律神経失調症の症状が出ても
おかしくありません。

  

対策方法


当院にお越しいただいている方にも
お伝えしている内容をご紹介します。


それは、
考えられていることを
吐き出すことです。

吐き出す方法としては、
紙に書くことをお勧めします。


頭の中でグルグル思考を巡らせるより、
紙に書いて思考を整理し
書いた紙を捨てる方が、
頭の中がスッキリし落ちついてきますよ。

※パソコンやスマホで吐き出す場合、
電磁波の影響を体が受けるためお勧めしません。


実際されると分ってくると思いますが、
書く内容がなくなっているということは、
もう考える必要がない、ということです。

「はい!もうおしまい♪」

と、気持ちを切り替えられると

いいですね^^

少しでも参考になれば幸いです。

『からだとこころの声を聴く整体』
さかい快福整体堂 市川 猛
 


過去のご質問・お答えは
こちらをクリックしてください。
→ 専門家アンサー

営業時間    10:00~19:00
最終受付時間  18:30

定休日:火曜日:祝日
           :土日は施術
電話番号
072-289-5992

LINEでもご質問を受け付けしております