自律神経失調症との向き合い方を教えてください

Q はじめて質問をします。
今年に入り体調を崩し、色々な病院に行きました。
最終的に診療内科で自律神経失調症と診断され、
現在クスリでの治療で経過を見ている所です。

先生も自律神経失調症を患ったとの事ですが、
どのように自律神経失調症と向き合っていたのかを
教えていただくとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
さかい快福整体堂の市川です。

ご質問にお答えします。

A プラスことばの口癖を作り実際に発すること

私がそうだったように、
自律神経失調症と
診断されたことによって
少なからず精神的なダメージを
受けられたと思います。

「自分の何が悪かったのかと・・」

治療経過が浅い時期は
自然に治っていくのだろうと
思われるかも知れません。

しかし、
3カ月・半年・1年2年と
治療期間が長くなるにつれて

他力本願ではいけない
ということに気づかれるか、
そのまま医師やクスリに頼られるのかは、
人それぞれだと思います。


質問者さんは
診断されて5カ月くらいですよね。

この先、
症状を引っ張らないためにも、

私が行ってきた
自分との向き合い方をお伝えします。

それは・・・

・ うれしい
・ たのしい
・ だいすき
・ ありがとう
・ しあわせ
・ あいしてる
・ ついてる

という7つの
プラス波動のことばを
口ずさみ思考をすることです。


この7つのことばは私が悩んでいた時、
小林正観さんの書籍で知った内容です。


身体はしんどいです
表情もさえません。

でも、
人が居ない場所にいき
口ずさんでいました。

また、人が居る場所でも
あたまの中でつぶやいていました。
(思考を送りつづけている)
 

顕在意識と潜在意識

これは、
当院をご利用いただく方に
ご説明している内容です。



“借金”と“貯金”


◎ 借金 ・・・否定語やネガティブ思考

◎ 貯金 ・・・肯定語やプラス思考

このように解釈します。


借金を返済するには
コツコツお金を返していく
必要がありますよね?

これと同じように、
肯定語やプラス思考を
潜在意識に貯金していくのです。

返済が終わると今度は貯金に廻せます。


ポイントは

決して、
「こんな方法なんかで」とか、
「なんで自分だけ」とか
「もっと早く治る方法は」とかを
思わないことです。


『素直に実践が一番』

少しでも参考になれば幸いです。

『からだとこころの声を聴く整体』
さかい快福整体堂 市川 猛
 


《参考記事》

私がからだとこころの整体院を開院した理由

過去のご質問・お答えは
こちらをクリックしてください。
→ 専門家アンサー

営業時間    10:00~19:00
最終受付時間  18:30

定休日:火曜日:祝日
           :土日は施術
電話番号
072-289-5992
 

LINEでもご質問を受け付けしております

↓ LINE登録はこちらをクリック