こころが軽くなる人生訓


出来なくてもいい
人生につかれたら休めばいい
 
無理せず立ち止まればいいのです
また歩き出したらいいのだから
 
何度でもやり直せる
失敗したって終わりではない
 
苦手なことは誰かに頼めばいい
何でも自分で出来る必要はないのです
 
強くなくてもいい
弱さがあってもいいのです
“いい人” “できる人”をやめてみる
 
自ら生きることを難しいものにしない
飾らなくていい
力をぬいて生きればいい

::

::

この言葉は、
妻の実家である石川県の
温泉施設で見かけました。

 
いい人生訓だなと思います。


その中でも
今日は「失敗」について
書いてみようと思います。


当院に来られる方の中には、

「失敗が怖い」「失敗すると恥ずかしい」
という方が結構おられます。

 
その度に、

・ 1億かせぐ3割バッターでも7割は凡退している
・ バットをふらないと当たらない
・ 壁を乗り越えたら砦になる
・ 失敗は成長の証 いかにそこに気づくか
・ 一寸先は闇ではなく光
・ 人生山あり谷あり 上を向いて歩こう
・ サッカーの攻守交替のように切り替えが大事
・ シュートを打たないと点など入らない

など、その方に合いそうな
ことばを投げかけています。

 
冒頭の人生訓や
私のことばがけを
どのように捉えれるのかは
人それぞれですが、


人生は修行と言われるように、

『自分らしく生きていけている』
『幸せだなと感じる事ができる』

そう思えるまで
一歩一歩前進する気持ちが
大事だなと思っています。


・ 自問自答されるのもよし
・ ご家族やご友人と語らうのもよし
・ お寺の説法会に参加されるのもよし
・ こころの専門家を尋ねられるのもよし


自分と向き合うということは
こういう事なんだと思います。


『からだとこころをつなぐ整体』

 

整体師・心理カウンセラー

市川 猛 (いちかわ たけし)
 
【関連ページ】
思い込みが症状を作り出す?

24時間受付中 お問い合わせもお気軽にどうぞ