ホーム

パニック障害を薬以外で克服したいあなたへ


「パニック障害は薬以外でも改善することができます」

なぜなら、パニック障害は、思考のパターンと、後に述べる4つのストレスで引き起こされているケースが多いからです。

もちろん、時と場合によって、一時的な薬の服用は必要かもしれません。

でも、症状を抑え込むことと、本質的に改善して行くことは全く違う話だということを、私たちは認識しておかなくてはいけません。


今、お読みいただいているブログでは、


1 パニック障害の症状
2 パニック障害になりやすい人の3つの特徴
3 パニック障害を自分で改善していく3つの方法

についてまとめてみました。
 

1 パニック障害の症状

1-1身体的な症状

パニック障害発症の原因は、ストレス・喫煙・食べ物など諸説ございますが、原因は未だに解明されていません。
 
しかし、発症よりだいぶ前から、

精神的ストレス
肉体的ストレス

化学的ストレス

環境ストレスなど、

 

さまざまなストレスが蓄積されていることは間違いないでしょう。
 
 
パニック障害でお悩みの方は、
 

◎ 動悸・発汗・手足の冷え

◎ 頭重感・息苦しさ・はき気

◎ 気が遠くなる・過呼吸
 

などの突発性な症状だけではなく、
 

◎ 重度な首肩こり

◎ 頭痛やふらつき

◎ 自律神経失調症 
 

など、慢性的な身体症状を併発していることが多いです。
 

そのことからも、パニック障害は、“心と体の失調状態”であるといえます。
 

1-2 予期不安

発作時のインパクトがあまりにも強いため、

 

「また強い発作が起きるのでは・・」

「人がいる所で発作が起きたら恥ずかしい」

「今度こそ、死んでしまうのではないか」

 

このような不安にさいまれる状態を、予期不安と呼びます。

 

パニックを起こしてから1カ月以上、予期不安がつづくといわれています。

  

1-3 広場恐怖

「またあの場所に行ったら発作が起きるのではないか」

 「もし、逃げ場のない場所で発作が起きたら.....」

 

このような恐怖心から、


・ 公共交通機関

・ 人がたくさん集まる施設

・ スーパー
・ 美容院

などで発作が起きてしまったり、 逃げたくてもすぐ逃げられない所に行くことが怖くなる状態を、広場恐怖と呼びます。

 

パニック障害でお悩みの、4分の3の方が広場恐怖を発症しているといわれています。

  

2 パニック障害になりやすい人の3つの特徴とは?

2-1 物事を深く考え過ぎてしまう

私たちが日々生活を送っていく中で、さまざまな場面や状況に出会います。

その中で、

・人から言われた些細(ささい)なことば
・ニュースの内容
・将来に対しての漠然とした不安
・何かについて他人と比べてしまう

というような時に、人一倍深く考え過ぎる傾向が見受けられます。
 

2-2 マイナス思考

たとえば、コップの中に水が半分入っているとしましょう。

その時に、「水が半分しか入っていない」と思われるのか、「水が半分も入っている」と思われるのかで、マイナス思考寄りかプラス思考寄りかを判断することができます。
※前者がマイナス思考です

また、

・でも
・だって
・だから
・どうせ

などの言葉を無意識で話される方も、マイナス思考の傾向が高いです。
 

2-3 感情の抑圧

本来なら、自分の気持ちをきちんと伝え相手の話をよく聞くことで、円滑なコニュニケーションを取ることができるのですが、人生経験を積んでいくうちに、自分の意見を主張しずらくなる方がいらっしゃいます。

しかしながら私たちは、言いたいことを我慢しそれを“抑圧”すると、無意識に精神的ストレスをためこんでしまいます。

特に、怒りやイライラの感情を抑圧される方は、その感情をうまく解放させる必要があります。
 

3 パニック障害を自分で改善していく3つの方法

3-1 自分を肯定する

パニック障害でお悩みの時期は、つい自己否定をしてしまいがちです。

「なぜ私がこうなってしまったんだ」
「もう社会復帰できないかもしれない」
「どうせ自分なんか何をしてもうまくいかない」

でも、長い人生で見ると、そう思う時期は数カ月か数年くらいかも知れません。

・ 谷があって山がある
・ 影があって光がある
・ 陰があって陽がある
・ 月があって太陽がある
・ 短所があって長所がある

このように、つらい時期だからこそいい時期もわるい時期も含めて、“大切な人生の1ページなんだと”肯定的にとらえてみてください。
 

3-2 マイナス思考をプラス思考に変える


マイナス思考(ことば)だとしても、それをすぐプラス思考(ことば)に変換するクセを身につけていきましょう。

その変換をさせる効果的な方法が、「でも?」という投げかけです。

たとえば、

神経質な性格がイヤだわ...でも?そのおかげでトラブルを未然に防ぐことができている

なぜ、最近ずっと胃の不調が続くんだろう...でも?○○の調子はいいからきっとよくなるよ

人の気持ちを深読みしてしまう...でも?私は人より思いやる気持ちがある方なんだ

このように「でも?」を使うことによって、逆転思考に切り替わるんですね。

前項のパニック障害になりやすい、3つの人の特徴で書いた「でも?」の使い方は、いい考え方を聞いている(教えてもらっている)のに、否定してしまう使い方を意味しています。
 
ポイントとして、マイナス思考をしてはいけないという考え方は、逆に無意識でマイナス思考を引き寄せてしまうため、「マイナス思考でもいいんだよ、でも?すぐプラス思考に切り替えようね」と受容してみてください。

このような思考の修正は無料でできるため、使わない手はないです。

ぜひコツコツ実践してください。
 

3-3 気持ちをノートに書く


なぜ、この方法がいいのかを先にご説明します。

よく公共施設などで「出入口」という看板を見かけると思うのですが、逆に「入出口」という看板は見かけないと思います。

これは「出」を優先にしている考え方なのです。

食べ物も「入」だけでは詰まってしまいますよね?「出」を優先するのです。

それらと同じように、感情の抑圧や精神的ストレスをノートに書き出してみましょう。

「どんな感じで書いたらいいのか?」とか全く気にされず、誰も見ない訳ですから、思う存分に書いてみてください。

あたまで考えたことを紙に書き出し少しでも気持ちの整理ができれば、セルフカウンセリングの完成です。
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

当てはまる方、そうでない方実践している内容、知らなかった内容色んな方がいらっしゃると思います。

共通して言えることは、不安や恐怖、パニックに対して心の安心・安全基地(セキュアベース)を作っていくことが大事です。
 
今、お読みいただいているブログが、パニック障害でお悩みの方はもちろんのこと、ご家族の方やご友人にとっても、少しでも参考になったと思ってくだされば幸いです。
 
 
【記事を書いた人】

からだとこころの声を聴く整体
さかい快福整体堂 院長
市川 猛(いちかわ たけし)

私が開院した理由
 

【関連ページ】
 

~ 不安を希望に変える からだとこころの支援センター ~

★★パニック障害克服プログラム BMリンクセラピー★★

 

お問い合わせ