ホーム

環境ストレスとは?

 

世間一般的な「ストレス」とは、

精神的ストレスのことを示唆していると思います。

 

ですが、実はストレスはそれ以外にも3つございます。

 

今日は、環境ストレスを中心に書いてみようと思います。

 

 

環境ストレス

 

自然な環境で起り得るストレスのことです。

 

たとえば丁度、今の時期は「暑い」ですよね?

私たちは、暑いだけでストレスを感じています。

 

 

その他の環境ストレスとは↓

 

・寒い 気温の急激な変化

・騒音 耳障りな音  環境に適しない音

・台風 地震 強風

 

などです。

 

 

普段、何気なく過ごしていても

これらの環境ストレスに“敏感”

もしくは著しくひどい環境の場合には、

ストレスが蓄積されていきます。

 

 

ここからが大事なのですが、

心身に何かの症状(不調)が起きる前に

環境ストレス以外の3つのストレス

 

・構造的ストレス(こり・痛み・姿勢不良・ゆがみ)

・精神的ストレス

・化学的ストレス(公害物質・薬品・添加物)

 

を、減らしていく必要があります。

 

 

なぜなら、何らかの症状(慢性化など)になると、

余計な時間(期間)とお金がかかるからです。

 

自由にできる時間が奪われ、おこずかいや貯金をきり崩す。

これはこれで、きっとストレスになりますよね?

 

 

ただ、化学的ストレスを減らしていくのは、

個人的に難しいと思っています。

 

 

それよりも、

 

・構造的ストレス

・精神的ストレス

 

この2つに対してケアしていただきたいです。

 

 

症状が発生する前の段階の

気づきを書いてみました↓

 

 

「最近、疲れが取れにくいなぁ」

「ずっと〇〇が痛い」

「熟睡できない」

「最近考え事が多い」

「〇〇のことで悩んでいる」

「〇〇のことでイライラする」

「言いたいことを抑圧している」

「何かの問題の解決で行き詰っている」

「時間に追われている」

 

 

このようなサインを見逃さず、

それぞれに対してケアを行っていきましょう。

 

それぞれのケアの方法は、

 

・自身でできること

・専門家に頼ること

 

 

問題や悩みによって、人それぞれです。

 

 

未病(症状の一歩前)の段階で

しっかりケアをし、病院や整体

カウンセリングに頼らない体質作りを

目指していきませんか?

 

 

◎ 参考ページ↓

心身症

 

 

【編集後記】

 

先日の休みに、妻と娘と

市主催のベビーダンス教室に

いってきました^^

 

その日は金曜日ということもあり、

パパは私一人で緊張しました(汗)

 

 

せっかくの機会ということで

私が娘を抱っこひもで抱き、

講師の指導のもと音楽にのって

ステップを踏みました♪

 

 

すると、娘や周りの赤ちゃんも

スヤスヤ寝るではないですか(笑)

 

 

参加する前の想像では、

笑ったりするのかな?と思っていただけに、

ベビーダンス(親と一緒にダンスする)は

貴重な体験でした。

 

 

市のブログで

写真も掲載されるようで、

楽しみに待っています^^

 

 

『からだとこころの声を聴く整体』

 

自律心体療法師・ 心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

 

お問い合せ・ご予約