ホーム

パニック障害でお困りの方の症状とその原因

 

パニック障害の代表的な症状は、

 

・喉が詰まったような感じで息苦しい

・急に手足や頭に汗をかき、冷たく感じる

・いつ動悸が起るのか分からなくて不安

・頭重感、もしくは締め付けられるような感覚

・体がフワフワして倒れそうな時がある

・胃がムカムカする、気持ち悪い

 

などがございます。

 

 

一般的にこれらの症状が起きると、

耳鼻咽喉科・循環器科・脳神経外科・胃腸科など、

それぞれの専門の医療機関を受診すると思います。

 

そこで何か原因がわかった場合は、

何らかの治療を進めることになるでしょう。

 

 

しかし、

原因不明や異常なしなど医師から言われ

他の専門機関の受診をすすめられる。

 

 

そして最終的に

心療内科や精神科の受診をすすめられ、

パニック障害と診断される

というケースをよくお聞きします。

 

 

実は、様々な体調不調が起きる原因は、

「自律神経の乱れ」が影響しています。

  

 

よく知られる自律神経ではありますが、

わかりやすく解説してまいりますね。

 

 

普段私たちが寝ている時、

無意識で心臓や肺を動かし

呼吸を行ってくれているのは、

自律神経のおかげです。

 

仮に意識をして肺を止めることや

心臓を止めることは不可能ですよね?

 

 

その自律神経は、

二つの神経で構成されています。

 

まず一つめの神経は、

交感神経(がんばる神経)です。

 

 

日常生活でたとえるなら、

 

・ 仕事をしている

・ 運動をしている

・ 勉強をている

・ 緊張している

・ 言い争いになった

・ 緊張している

・ 精神的ストレスを感じている

・ 考える

 

このような時の自律神経は、

交換神経(がんばる神経)が

優位に活動しています。

 

 

そして、相対する

もう一つの神経が

副交感神経(休む神経)です。

 

 

日常生活でたとえるなら、

 

・ お風呂に入っている

・ 横になって休んでいる

・ ペットとくつろいでいる

・ リラックスする音楽を聴いている

・ 深呼吸をしている

・ 森林浴をしている

・ 公園でのんびり過ごしている

 

このような時の自律神経は、

副交感神経(休む神経)が

優位に活動しています。

 

 

というように

二つの神経がそれぞれの状況において、

体のさまざまなバランスを保ちながら

私たちは生きているのです

 

 

ここまでは大丈夫でしょうか?

 

 

様々な体調不調が起きる原因は、

自律神経が乱れているからと

先ほどお伝えしました。

※症状が入れ替わらない場合は

心身症と診断されるケースが多いです

 

 

この自律神経が乱れるとは

どういうことなのかというと、

交感神経優位(がんばりすぎ)か

副交感神経優位(休みすぎ)。

 

つまり、

「偏った生き方」をしています。

 

 

がんばり過ぎても(交感神経優位)

休み過ぎても(副交感神経優位)

自律神経はバランスを失っているため、 

パニック障害の症状なら

 

肺:呼吸が乱れる

心臓:動悸が起きる(心電図を撮っても正常です)

血管:発汗する(がんばっている時は汗がでますよね?)

 

となる訳ですね。

 

 

ですので、もしあなたが、

「この前までは胃の調子が悪かったのに

今は喉が詰まったような感じで飲み込みにくい、

でも胃の不調は気にならない。」

 

みたいなお身体の状態であれば、

自律神経が乱れていると思ってください。

 

 

パニック障害を短期間で

克服されたい方は

こちらをご覧ください↓

 パニック障害克服プログラム

 

 

最後まで、お読みくださり

ありがとうございました。

 

 

『からだとこころの声を聴く整体』

 

自律心体療法師・ 心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

 

お問い合せ・ご予約