ホーム

8月を終えて

 

いつも読んでいただき、

ありがとうございます。

 

当院は今日で8月の施術が終わりです。

 

久しぶりに振り返りのブログを

書いてみようと思います。

 

 

今年の夏は、当院が開院してから6回目でしたが、

一番暑い夏だったと同時に一番忙しい夏でもありました。

 

本当に、連日暑い中、

来院してくださってご苦労様でした!

 

 

なぜ、こんなにも暑い中

お越しいただけたのかを考えると、

お互いの目的が一致しているからとしか思えません。

 

 

お客様「早く体調をよくしたい」

私「早く体調をよくしたい」

 

まぁ、当たり前といえば当たり前ですよね?

 

つまり、「本気」で改善されたい気持ちの方が

当院のホームページやご紹介で来院してくださったのです。

 

 

この8月で特に印象深かった出来事は、

お二方の難しい症状の方が共に快方に向かい

偶然にもお二方共アメリカに旅行に行かれたことです。

 

一人のお客様はニューヨーク州

もう一人のお客様はネバダ州

 

いや~うらやましい!!(笑)

 

 

はじめ、「実はアメリカに行くことになりました!」

と聞いた時点では、正直大丈夫かな?

と思うくらいの症状の方々でしたが、

目的が明確であればあるほど

施術(カウンセリング)にも

前向きで取り組んでいただけました。

 

 

お二方は「行動」という、よくなる方の

特徴を実践され、一気に快方に向かわれたのです♪

 

 

あと、もう一つ印象に残っている出来事は、

今年はいつになくお子様のご依頼が多かったです。

 

「なかなか思春期の症状を診てくれるところがなくて...」

 

という、親御さんの言葉を聞いてから、

からだとこころを同時に診れる先生が少ないんだと感じました。

 

 

私が思うに、

思春期でも青年期でも壮年期でも

体の構造や心の仕組みをつなぎ合わすことができれば、

むずかしくないと思っています。

 

 

ただ、ある心理学のコニュニティで

カウンセリングの指導をしている立場からすると、

ある程度の洞察力や質問力、共感力

そして何よりオープンマインドは必要かな?

とは思っています。

 

もちろん、私もまだまだ向上していかなくては

ならない身でありますので、指導していきながら

自分のスキルも上げていこうと思います。

 

 

まだまだ、書きたいことが山ほどありますが、

そろそろ今日最後のお客様が来院されますので

ここで終えたいと思います。

 

 

【参考ページ】

 

起立性調節障害

不安や回避傾向が強い

膝痛

 

 

【編集後記】

 

昨年夏のブログでも書かせていただいた、

この時期に聞きたくなる曲を

今年もご紹介しようと思います^^

 

その曲は、稲垣潤一さんの

「夏のクラクション」です♪

 

 

明日は、定休日です。

 

妻と娘とドライブがてら

稲垣さんの曲を聞きながら

リンクウタウンまで遊びに行ってきます^^

 

 

 『からだとこころの声を聴く整体』

 

自律心体療法師・ 心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

 

お問い合せ・ご予約