ホーム

行動する人・言い訳する人

こんにちは。

 

心と身体のサポーター市川です。

 

 

心と身体は密接につながっています。

 

 

ですので、心が疲れている時、身体に不調が起きやすくなります

 

 

そこで、病院を受診したところで、そもそものきっかけとして心が疲れている訳ですから、血液検査やレントゲン・MRI・CTスキャンを受けても、多くの場合は異常がありません。

 

 

お話しの内容から察し、心療内科や精神科の受診をすすめられるのは、こういった経緯です。

 

 

つまり、心が疲れている要因を解消すれば、副作用の心配をせずに身体もラクになります

 

 

 

そこで、今日のブログの本題「行動する人・言い訳をする人」

 

 

行動する人は、トライ&エラーを繰り返すことで、心身が健康になりやすくなります

 

 

たとえば、

 

・悩みを紙に書き出す

・自分の時間をより確保する

・他人に干渉しすぎない

・肯定語を使う

・運動を取り入れる

・ストレス発散(趣味)を見つける

 

などなど。

 

 

素直に行動に移されると、その先が見えてきますから、心身が健康になりやすくなるのです。

 

 

一方、言い訳ばかりで行動に移されない方は、現状維持か、もしくは日々のストレスが蓄積され不調が続くか、あるいは不調が増えます

 

 

なぜなら、心と身体は密接につながっているからです。

 

 

心と身体が密接につながっている証拠が、心身の不調・心身の健康です。

 

 

 

言い訳をする人の特徴に、「あたまではわかっている」と、よくお話しされます。

 

 

それこそ、言い訳です...

 

 

そこで、私がいつも感じるのは、その「わかる」は、どういう意味で使われているのだろうか?という率直な疑問です。

 

 

・わかる

・分かる(事情がわかる・話がわかる)

・解る(理解してる・意味がわかる)

 

 

理解できていましたら、行動に移すことができます

 

なぜなら、行動に移すことで、せめて何らかの結果が得られるからです。

 

 

もし、あたまではわかっていても、行動できないということでしたら、なおさら行動しないといけません。

 

考える(インプット)・考える(インプット)・考える(インプット)・考える(インプット)

 

ではなく、行動(アウトプット)・行動(アウトプット)・行動(アウトプット)もバランスよく取り入れるのです。

 

 

この法則は、食べ物でも同じことが言えます。

 

食べてばっかりですと、やがて詰まってしまいますよね?

 

 

 

理解できない背景は、本当に理解できないのか、日頃の不満がたくさんあるか、潜在意識で変わろうとしない選択(今のままの方が、実は都合がいい)を選ばれているか、概ねこの3つです。

 

 

ここで、言えることは、行動に移されたことで、たとえそれがうまく行かなかったとしても、恥ずかしくも、自信を失う必要も、怖がる必要もありません。

 

あたまで考え“過ぎ”ず、行動(前向きな思考力・身体を使う行動力)に移すことが、望まれる成果が得られる秘訣です♪

 

 

そうして、チャレンジ(行動)する人を、人は心から応援したくなるものです^^

 

 

【編集後記】

 

言い訳をする背景として、親や兄弟(姉妹)、パートナー、先生、上司など誰かから、否定され続けてきたから、ということもあります。

 

「それは、ダメ」

「違う、違う」

「あ~もう、そうじゃないって」

「だから、あなたは○○できない」

「何回も同じこと言わさないで」

 

今、書いていて、気分が悪くなりました(笑)

 

それくらい、言葉の影響力は凄いのです。

 

 

それでも、今から変えようと思う気持ちがあれば、人は変わることはできます。

 

その気持ちさえあれば、時々言い訳をするくらいはOKです^^

 

 

悩みを希望に、不安を安心に変える

自律心体療法師・ 心理カウンセラー

 

さかい快福整体堂  市川 猛

自分コンサルティングサポートはこちら↓

お問い合せ・ご予約