ホーム

睡眠の質が低下し、身体に不調を感じる方へ【不眠症・睡眠障害対策】

こんにちは。

 

心と身体のサポーター 市川 です。

 

今日も、五月病や自律神経失調症に関することを書いてみます。

 

前回のブログはこちらから↓

五月病かも?と思った時にやるべきこと

 

 

4月に入り、自律神経の乱れが影響する不調の方からの、ご依頼が増えてきました。

 

その中でも...

 

・熟睡できない

・寝れているけど朝起きると身体がだるい

・なかなか眠気がこない

・日中(仕事中)に凄く眠ってしまいそうになる

・眠気が全くこない

・深夜の2時や3時頃に覚醒してしまう

 

など、睡眠の“質”に問題があるケースが多い印象です。

 

 

 

これら睡眠の質についてですが、今の時期は季節の変わり目もあるでしょうし、4月から生活環境(自分や他人・社会的影響)が変わることで生活リズムが崩れる。

 

人間関係も含めて、新しい環境になれるまで気が張る→自律神経のバランスが乱れる→睡眠の質が低下する。

 

おそらく、このような流れだと推測されます。

 

睡眠の質向上3つの対策

① カフェインを制限する

 

カフェイン・睡眠でググれば沢山情報がでてきますから、カフェインの弊害については割愛しますね。

 

カフェインを取る習慣のある方は、制限を設けてみましょうというのが当院のご提案です。

 

 

たとえば、

 

・カフェインレスの飲み物に切り替える

(よく成分を調べる必要はあると思います)

・15時以降はカフェインを摂らない

・1日一杯までにする(夜はNGです)

 

みたいな、制限です♪

 

 

もし、あなたが本気で身体のことを優先される場合は、カフェイン(カフェインレスも含む)を摂らないようにしてみましょう。

 

目安として、3週間を推奨します。

 

では、何を飲んだらいいのかと言うと、「水」です!

 

そんな味気のない物を飲んでも...という声が聞こえそうですが、身体のことを気にしている人は

水(お気に入りの水)を飲んでいます。

 

ちなみに、私も水をメインで飲んでいますよ~

 

お茶より水でいいよ、みたいな感じです。

 

ぜひ、お試しください^^

 

 

② 就寝時間の3時間前からは電磁波の影響を避ける

 

電磁波のことを説明すると長くなるので割愛しますが、分りやすいところでいう電磁波は、スマホ・ゲーム・パソコン・テレビです。

 

実は、これらは脳を興奮させます。

 

脳が興奮するということは、本来なら休む神経(副交感神経)が優位の夜間に、がんばる神経(交感神経)が優位に働くため、睡眠の弊害となります。

 

 

就寝時間の3時間前には、これらの電磁波を絶つようにしてみてください。

 

 

あと、寝る前にスマホを充電する際に、あたまの近くのコンセントでつなぐ人が多いですが、これもやめておくのがベターです。(あたまから1メートル離して充電することを推奨します)

 

 

「じゃ、眠れない時に、何もできないじゃないか!」という声が聞こえそうなので、最後の対策をお伝えします。

 

 

③ 寝ようと頑張らないこと

 

「寝なければいけない」みたいな考え方ですと、余計に寝れなくなります。

 

そうではなく、

 

「横になっているだけで、身体は休まるんだよ」

「寝れなくても、いいんだよ」

「無理して目をつむる必要はないんだよ」

 

このように、身体に優しい考え方(休む神経が優位になる考え方)で、過ごされてみてください。

 

 

ただひとつ、睡眠の質といっても、色んな要因がございます。

 

ここに書いていることで、確実に睡眠の質が向上する訳ではありません。

 

あくまでも、自分でできる対策としてお伝えいたしております。

 

 

どうしても、自分でできる範囲を超える、もしくは生活に支障がでてきたために、早急に睡眠の質を上げたい要望がございましたら、睡眠の質を向上できる技術がある当院まで、お気軽にご相談ください。

 

■参考ページ

脳の疲労について(脳脊髄液の循環)

不眠症・睡眠障害について

 

 

【編集後記】

 

私はテレビを見ない生活を、8年間続けています。

 

今日の内容でいう、電磁波カットです(笑)

 

ゲームはスマホゲームを含め全くしません、10代で卒業しました。

 

これも、結局のところ電磁波カットですね。

 

 

仕事上、パソコンは夜でもしていますし、スマホも見ています。

 

けど、しっかり寝ることができています。

 

 

先日、あるお客様の説明で、「私(市川のこと)の、自律神経は交感神経優位ですよ、でも自律神経が乱れないのは、ストレスが少ないからです。」と言いました。

 

解説すると、

 

・自営業(施術やカウンセリング以外にも、やることが沢山あります)

・家事

・育児

・勉強

 

勉強への参加は、時間の都合上、現在控えてはいますが、仕事・家事・育児は、がんばっています!

 

つまり、交感神経優位です。

 

けど、身体はなんともありません。

 

 

先ほど、「ストレスが少ないから」と書きました。

 

ここに、健康のヒントが隠されているのです!

 

どういうことなのかというと、まず仕事が大好き(情熱を注げる天職)であること。

 

家事も、妻の負担を減らしたいという気持ちが強く、料理(買い物)以外は全てできます(名も無き家事も含めてです)

 

育児に関しては、妻いわく「私より、丁寧」らしいです。

 

そのせいもあってか、1歳3ヵ月になる娘はパパッ子です^^

 

 

仕事や家事も育児も、イヤイヤ感が多いと、ストレスになりますよね?

 

そうならないように、自分のマインド(心の持ちよう)を変えていったのです。

 

 

根底にある性格は変わっていません。

でも、物事のとらえ方は変わりました。

 

スマホやパソコンのように、コンピューター(人でいう脳)をバージョンアップしたのです。

 

 

あなたは、現状維持でいいですか?

それとも、向上を目指されますか?

 

■参考ページ↓

自分魅力発見コンサルティング

 

 

悩みを希望に、不安を安心に変える

自律心体療法師・ 心理カウンセラー

 

さかい快福整体堂  市川 猛

知っておいた方がいい無料メール健康教室ご登録↓

お問い合せ・ご予約