ホーム

理由のない不安・全般性不安障害・パニック障害の予期不安の対策に|「不安を安心に変えるイメージセラピーとは?」

こんにちは。

 

 

心と身体のサポーター 市川 猛(いちかわ たけし)です。

 

 

今日のブログで、お伝えするイメージセラピーは、

 

・ 理由のない、漠然とした不安を感じる方
・ 全般性不安障害や不安神経症でお困りの方
・ パニック障害特有の、予期不安を感じる方

・ 自分のことを心配性、もしくは神経質だと自覚されている方

 

このような方に、とても有効なセフルケアです。

 

 

■イメージセラピーを語る上で、今からとても大事な話をします。

 

 

実は、脳の構造上、「脳はイメージと現実の区別がつきません」

 

 

いきなり、脳はイメージと現実の区別がつかないという、それこそイメージしにくいことをお話しましたから、よく分からないと思います。

 

 

でも、ご安心ください^^

 

これから、実際にイメージと現実の区別がつかないことを、身体で体感してみましょう。

 

 

まず、あなたの手の平に“梅干しをのせたイメージ”をしてください。

つぎに“この梅干しを一気に口の中に入れて、噛むイメージ”をしてください。

 

 

しっかり、イメージできましたでしょうか?

 

 

すると、どうでしょう。

 

あなたの身体に、何か反応はございませんか?

 

::

 

::

 

おそらく、唾液が分泌されていると思うのです。

 

もしかすると、酸っぱい表情になられているかも知れません

 

こんな風に^^

ね? このように、脳は梅干しを噛むイメージをするだけで、現実的に身体の反応(唾液や表情)を起こすのです。

 

 

この脳の特性を活かして、不安を安心に変えていくイメージセラピーの手順は、下記無料健康教室の特典にて、詳しくお伝えしています↓ ↓ ↓

 

【関連ページ】

 

■パニック障害克服プログラム(動画解説付)↓

BMリンクセラピー

 

■ メンタル改善へのステップ↓
自分魅力発見コンサルティング

 

 

【編集後記】
先日、妻の妊娠期間・娘が誕生したことで控えていた、フットサルをしてきました。

 

約2年くらいになるでしょうか、身体を動かすことにワクワクする半面、ほぼ知らないメンバーと、はじめてフットサルをする緊張を感じながら、エフフタ北花田に向かいました。

 

 

キャプテンから、「今日から参加する市川さんです、軽く挨拶を。」と促されて、自己紹介。

 

ちなみに、私のフットサル経験は5回くらいで、右足でのインサイドステップのパスしかできません笑

 

周りはサッカー経験者がほとんどで、30代が多い印象です。

 

上手いな~ 早いな~ 運動量あるな~ と感心ばかりです。

 

 

2ゲーム目が終わり、急に気分が悪くなって、途中で離脱!(汗)

変わりのメンバーがいないため、最後はゴールキーパーに専念させてもらいました。

 

 

終わった感想・・・「娘が走り回るようになった時、今の体力では追いつかないぞ」という危機感です(笑)

 

 

今回のフットサルを期に、月1回行われるフットサルへの参加、休みの日に時間を作ってジョギングを開始することに決めました。

 

45歳でのジョギング初挑戦!がんばってみます^^

 

 

悩みを希望に、不安を安心に変える

心と身体のサポーター

 

さかい快福整体堂  市川 猛