ホーム

整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・睡眠の質でお困りの方へ

こんにちは。

 

心と体のサポーター 市川 猛(いちかわ たけし)です。

ここ数ケ月の間、「睡眠」についてのご依頼が多く、ブログで取り上げてみました。

当院の見解は、こちらにまとめています。
 
不眠症・睡眠障害

自律神経

上記を読んでいただいた前提で書きますと、整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・カイロでもそうですし、リラクゼーションマッサージでも眠れない。

このような方で睡眠の質が上がらない理由は、2つあると考えています。

① 精神的ストレスが解消されていない(自分のメンタルと向き合わない)
② 忙しい生活を止めることができない(交感神経が過剰に優位な状態)

 

 

①の理由は簡単ですね、今まで体へのアプローチ“だけ”受けてこられたため、睡眠の質が上がらないのです。


精神的ストレスとは、漠然とした言葉かも知れません。

では、具体的にどういうことが要因になっているのか、下記を参考にしてください。

・不安を感じやすい
・心配性
・完璧主義
・~~べき
・~~しなければならない
・自己犠牲が強い

・怒りの感情を抑圧している(いい人を演じ過ぎている)
・怒りの感情がある日爆発する(アンガ―マネジメント)

 

当院では、こう考えています。

もし、どれかにピンと来た方は、その部分と向き合ってみてはいかがでしょうか?


②の「忙しい生活を止めることができない」についてです。

これは、ざまざまな事情があって休む時間が少ないために、自律神経の切り替え交感神経副交感神経)がうまくいかず、睡眠の質が上がらないのです。

「がんばりながら眠る」みたいな感じですね。

・ワードワーク
・掛け持ちで仕事をされている
・ワンオペ育児|家事

が、分かりやすい例です。


忙しい生活を緩和させるためには、合理的(効率的)な仕事・家事・育児が求められてきます。

それを実行できる方は、時間にゆとりを持つことができますから、自律神経の切り替え(交感神経→副交感神経)がうまくいき、睡眠の質が上がっていきます。


今日のブログをまとめると、心と体、両方から考えると睡眠の質は、思考の習慣・生活パターンを見直すことで向上されます。

しかし、自分では自分のことが分からない方がいらっしゃいます。

そんな方は、信頼できる専門家に頼っていただきたいと思います。

【重要なお知らせ】
8/19リスタートオープン|価格についてお知らせ

次回の予約を取られていない方へ

【編集後記】

6月に熱中症になって、救急車で運ばれて以来のフットサルに先日行ってきました。

当日は、唯一の友達が体調不良で休むという、ある意味完全アウェー状態。

以前の私なら、絶対にいきません(笑)

でも、逃避することは簡単、前に進んで何かを得よう、人見知りすることをなくそう。

そう考えれるようになったのは、メンタルが成長した証です。


で、参加して大正解!

このグループで、はじめて点を入れました~(計2点)

今まで、上手な方からパスは来なかったのですが、この日はパスが回ってきて、他のメンバーにつなぐこともできました!

「仲間として認められた」
「パスがつながると楽しい」
「もっと、上達したい」

そう思えたことが、とても嬉しかったです^^

悩みを希望に、不安を安心に変える

心と身体のサポーター

 

さかい快福整体堂  市川 猛

お問い合わせ