足湯は気持ち良いですけど、冷え性がひどい方には逆効果ですよ。

足湯イラスト

冬の季節ならではの温泉やスーパー銭湯の楽しみの1つに「足湯」がございます。

特に露天に設置されている足湯は、気持ち良いですよね~

「あつい!あつい!・・・フ~気持ちいい~~」って感じで^^

日本語がピッタリの露天風呂のひと時です^^

でも、その足湯が「冷え症で本気に悩んでいる方」には逆効果ですので
少し解説して行きますね。

ーー

一般的に多い冷え性のタイプに末梢神経収縮型がございます。

原因は手足の毛細血管が縮んでいる状態と
足首が固いのが大きな原因であります。

筋肉の性質上

血行不良=筋肉が固い=血の巡りが悪い=凝り・痛み・冷え
に繋がるのです。

では、冒頭の足湯との関係をお話をさせて頂きますね。

ーー
末梢血管収縮型の冷え性もそうですが、
先日のブログでも書かせて頂いたような冷え性の方は

特に血管が拡張して行きますので、冷え性を悪化する場合が多いです。
温度差(表皮温度)のギャップが出るのですね。

ご参考まで➔電磁波と冷え性の関係とは?

なんとなく分かっていただけましたでしょうか?

冷え症とセルライトの関わり

冷え性のページでも書かせて頂いておりますけど

日本内臓協会の講義では、正しい足の手入れや情報を学んでおります。

先日は女性の大敵である
セルライトと冷え性の講義
も学びまして

エステ関係の方もしっかり勉強させておられましたよ。

・・
・・

世の中にはご存知のように、様々な情報が溢れに溢れかえっております・・
どれが正しいのかが分からない時代、、、

誰が言っているのかが分からない情報や
複雑な体操などを続ける人は少ないです。

さかい快福整体堂の情報があなたにとってどのように映るのか、またどのように判断されるのかは私には分かりませんが

さかい快福整体堂とご縁を頂いた方には

=============================
■足を温める方法でも温めてはいけない場所や逆に冷却する時もある
■足のセフルマッサージでもどこをマッサージをすれば効果的か?
=============================

などを、丁寧に分かり易くお伝えさせて頂きます。

春には花粉、夏は冷房病と「冷え症」は冬の時期だけではございません。

全ての症状「冷え性」は逆算しないと根本解決にはならないのです。

ーー
少し話が脱線しますけど、花粉症になり
ず~と薬を飲み続けていると言う事は、内臓が常に処理をしている訳ですので
処理に追いつけなくなった成分は内臓に蓄積されるのです。

つまり

24時間365日、内臓さんは常に働いてくれているのです。
特に肝臓さんと腎臓さんの負担が大きいので、

今はまだ良いかもしれませが将来、肝臓系もしくは腎臓系の疾患になっても、ある意味仕方がない事なのです

そして、また肝臓・腎臓の薬を飲むとなると、ゾッとしませんか?

繰り返しますけど、全ては逆算なのです。
原因があっての結果ですから・・・

耳鼻科では多くの赤ちゃんや子供さん、また30代40代の世代で一杯ですけど、あなたはどう思われますか?

東洋医学ベースで言いますと
アレルギーも身体の冷えと自律神経の乱れと密接に関係しております。

ですので、日本人にあった正しい解決方法で
心身共に毎日を穏やかに過ごして行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました