内臓を温めるとこんなに健康になります【体脂肪・筋肉量データー】

血液検査データ

昨日の続きです➔血液検査 右のデーターは
☑体成分が均衡的なのか ☑腕や足はバランス良く発達しているか
☑腹部に脂肪は溜まっていないか が分かる検査結果です。 結果を先に言いますと、体重・体脂肪量・骨格筋量・除脂肪量・体水分・タンパク質・ミネラル・基礎代謝量・内臓脂肪レベル・BMI指数は全て標準値です。

また両足と胴体の筋肉量のバランスも標準値です

私は40歳で身長176㎝ 体重65㌔という体型です。
学生時代の身体に戻っているではありませんか^^
ただ左腕の筋肉量が落ちているようなので、筋トレを再開しようと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
体温が1度下がれば免疫力は30%ダウンします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

体温を上げる1つの要因として筋肉を鍛えると言う事です。
筋肉が熱を作り出すので体温は上がると言う事となります。

例えば、あなたが風邪を引いた時に「ブルっと」震えた事はありますよね?
あの「ブルッ」は体温が著しく低くなるのを未然に防いで、筋肉を収縮して体温を上げているのです。
整体的な観点で見ても、手足の著しいバランスの左右差は歪みに直結するので、自分では分からない数値を体脂肪測定機などで測定してみましょう^^

若々しく健康に暮らす為には、内臓を温める意識や食生活、気持ちの持ちようで変わってきますよ^^

明日は最後になります、自律神経の測定結果をご紹介させて頂きます。
さかい快福整体堂の市川でした。

タイトルとURLをコピーしました