自律神経が乱れると微熱がでますか?

微熱
風邪でもないのに37度を少しこえるような微熱がでた、もしくは微熱がつづいている。


体がだるくて頭もボーとする。


近くの内科を受診しても、特にこれといった原因が分からない。


少し安心するものの、このまま微熱がつづくと思うと不安になる。


このような経験をされた方は、意外と多いと思います。



今お読みくださっているブログでは、病院では異常がない前提で書いてみようと思います。



なお、新型コロナウイルス( COVID-19 )がご心配な方は、厚生労働省のホームページをご参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症まとめ - Yahoo! JAPAN
新型コロナウイルス感染症についての、感染者の発生状況や厚生労働省などの公式発表、ニュース、Q&Aなどをまとめました。

そもそも、なぜ発熱をするのか?

発熱


発熱は、人間がもともと備えている防御反応のひとつです。


体温を上げることでウイルスや細菌と戦ってくれているのです。



分かりやすいところで説明をすると、風邪のひきはじめに体がブルブルと震えるのは、低体温(35度台)にならないように体温をあげようとします。



このように体温は、あがったり、さがったりをするのですが、一体何がコントロールをしているのか?


つぎの項目で、ご説明してまいります。

体温調節に深く関わる自律神経について

寒さを感じる女性

体温を調節する機能は、「外はいま、何度か?」「 体温はいま、何度か?」という情報を、皮膚と神経伝達の核となる深部体温受容器という所で集めています。


そして、これらの情報は、脳の「視床下部」と呼ばれる所で体温を一定に保つようにコントロールされています。


そのコントロールをしているのが、自律神経です。



自律神経とは、


・内臓の働き

・血管の収縮、拡張

・瞳孔、汗腺、唾液の分泌 など、



「自分の意思では動かせない」神経のことをいい、身体のさまざまなバランスを無意識でコントロールしてくれる、まさに要ともいえる神経です。

体温が上昇をした時の自律神経の働き

皮膚や血管が拡張して、外の環境と接する面積を増やし体温を逃げやすくさせます。

体温が低下をした時の自律神経の働き

皮膚や血管が収縮して、外の環境と接する面積をへらし、体温を奪われにくくします。

当院が考える自律神経が乱れると微熱がでる理由

自律神経とストレスの説明

自律神経が乱れることで微熱がでる理由として、まず



構造的ストレス(筋肉のこり・骨盤の歪み・睡眠不足)

精神的ストレス(悩み・不安・思うようにならない)

化学的ストレス(排気ガス・食品添加物・薬)

環境ストレス(暑い・寒い・台風・湿度など)



これら4つのストレスの影響が考えられます。


普段、体が元気(筋肉のこりなどを感じない)な方で環境の変化にも適応し、化学的ストレスに敏感でなければ、精神的ストレスの影響によって自律神経が乱れ、微熱がでるといえるでしょう。



あるいは、精神的ストレスをためこまない方で環境の変化にも適応し、化学的ストレスに敏感でなければ、激務が続く・睡眠時間が短いなど構造的ストレスの影響によって自律神経が乱れ、微熱がでるともいえます。




ちなみに、精神的ストレスの影響で熱がでることを、「心因性発熱」といいます。


我慢に我慢をかさね発熱をされたり、極度な緊張(交感神経優位)によって急性的なストレスを感じてしまうことで発熱されるのです。



こうしたストレス性の微熱(発熱)の場合、病院で血液検査や画像検査をしても異常が見つかりません。


また、風邪薬や解熱剤を服用されても、その効果は確かではないと思います。(炎症ではなくストレスが影響しているため)

自律神経とストレスに関するブログ一覧

自律神経の乱れ
自律神経についてやストレス対処方法については、過去のブログをいくつかピックアップさせていただきます。


ぜひ、こちらもご覧ください。


■精神的ストレスを生み出すメカニズム
ストレスを生み出すメカニズム~脳の仕組み~
今日のブログは、ストレスを生み出すメカニズムについて、ご説明しようと思います。それでは早速、下のイラストをご覧ください↓緑色で丸をしたところが、本能脳(大脳辺縁系)と呼ばれる部分です。本能脳は、動物的な脳といわれ...



■ 自律神経の乱れを整える方法
【相談】深呼吸は自律神経失調症の改善に有効ですか?
自律神経失調症の改善に深呼吸が良いと知り、深呼吸をしてみるのですが、息を長く吐く時にしんどくなります。うまく吐けないと言いますか、何度も続けることができません。なぜ深呼吸が自律神経失調症の改善に有効なのか?また深呼吸のコツを聞かせてください。



■ 今の時代に求められる健康のあり方とは?
今の時代に求められる健康のあり方とは?
今日のブログは、健康について書いてみようと思います。 私たちは、何を理由に健康だと判断するのか?厚生労働省の健康意識に関する調査(平成26年)を見て、一緒に考えてみましょう。① 病気がないこと:63.8%...



■ 言いたいことを言えない時はどうすればいいですか?
言いたいことも言えない時はどうすればいいですか?
Qはじめまして。ネット検索をしてこちらにたどり着きました。質問させてください。私は社会人になってから人と対立するのが怖く、自分の意見を言えなくなりました。 相手の主張を聞くだけで言いたい事もなかなか言えず、家に帰っ...



■ ふらつきを自分でケアする方法
ふらつきでお困りの方へ|セルフケア

JR津久野駅から徒歩5分の所にある「さかい快福整体堂」には、めまいやふらつきと言ったような、自律神経の乱れが影響する症状でお困りの方が多く来院されています。なぜ、当院には自律神経に関係する症状をお持ちの方が来院されるのか?それは、自律神経に特化した施術“自律心体療法”を習得しているからです。このページでは、“ご自身でふらつきを改善させる方法”をお伝えすると共に、当院のアプローチについてまとめてみました



今回のブログは、自律神経・自律神経が乱れる原因・4つのストレス・心因性発熱など、むずかしい内容だったかも知れませんよね。


もし、ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。



さいごまでご覧くださり、ありがとうございました。



さかい快福整体堂 
市川 猛
タイトルとURLをコピーしました