不眠症・睡眠障害でお悩み方に向けた3つの対策

4月に入り、自律神経の乱れが影響するお体の不調の方から、ご依頼が増えてきました。

 

その中でも…

 

・熟睡できない

・眠れているけれど朝起きると体がだるい

・なかなか寝つけない

・仕事中に眠ってしまいそうになる

・眠気が全くこない

・深夜の2時や3時頃に目が覚めてしまう

このように、睡眠の“質”でお困りです。

睡眠の質を向上させる3つの対策

① カフェインを制限する

 

カフェイン・睡眠でググれば沢山情報がでてきますから、カフェインの弊害については割愛しますね。

 

カフェインを取る習慣のある方は、制限を設けてみましょうというのが当院のご提案です。

 

たとえば、

 

・カフェインレスの飲み物に切り替える

(よく成分を調べる必要はあると思います)

・15時以降はカフェインを摂らない

・1日一杯までにする(夜はNGです)

 

みたいな、制限です♪

 

もし、あなたが本気で身体のことを優先される場合は、カフェイン(カフェインレスも含む)を摂らないようにしてみましょう。

 

目安として、3週間を推奨します。

 

では、何を飲んだらいいのかと言うと、「水」です!

 

そんな味気のない物を飲んでも…という声が聞こえそうですが、身体のことを気にしている人は

水(お気に入りの水)を飲んでいます。

 

ちなみに、私も水をメインで飲んでいますよ~

 

お茶より水でいいよ、みたいな感じです。

 

ぜひ、お試しください^^

 

② 就寝時間の3時間前からは電磁波の影響を避ける

 

電磁波のことを説明すると長くなるので割愛しますが、分りやすいところでいう電磁波は、スマホ・ゲーム・パソコン・テレビです。

 

実は、これらは脳を興奮させます。

 

脳が興奮するということは、本来なら休む神経(副交感神経)が優位の夜間に、がんばる神経(交感神経)が優位に働くため、睡眠の弊害となります。

 

就寝時間の3時間前には、これらの電磁波を絶つようにしてみてください。

 

あと、寝る前にスマホを充電する際に、あたまの近くのコンセントでつなぐ人が多いですが、これもやめておくのがベターです。(あたまから1メートル離して充電することを推奨します)

 

「じゃ、眠れない時に、何もできないじゃないか!」という声が聞こえそうなので、最後の対策をお伝えします。

 

③ 寝ようと頑張らないこと

 

「寝なければいけない」みたいな考え方ですと、余計に寝れなくなります。

 

そうではなく、

 

「横になっているだけで、身体は休まるんだよ」

「寝れなくても、いいんだよ」

「無理して目をつむる必要はないんだよ」

 

このように、身体に優しい考え方(休む神経が優位になる考え方)で、過ごされてみてください。

 

ただひとつ、睡眠の質といっても、色んな要因がございます。

 

ここに書いていることで、確実に睡眠の質が向上する訳ではありません。

 

あくまでも、自分でできる対策としてお伝えいたしております。

 

どうしても、自分でできる範囲を超える、もしくは生活に支障がでてきたために、早急に睡眠の質を上げたい要望がございましたら、睡眠の質を向上できる技術がある当院まで、お気軽にご相談ください。

 

■参考ページ
不眠症・睡眠障害について

 

さかい快福整体堂  市川 猛

LINEからのお問い合わせはこちらから

お電話・メールでのお問い合わせ

ご利用の流れ

タイトルとURLをコピーしました