自律神経・ホルモン系の症状

このセクションでは、自律神経のバランスが乱れることによる体の不調。

ホルモンバランスが影響する体の不調について、まとめました。

頭痛

頭が痛い女性
日本での頭痛の総患者数は、4000万人にも及ぶと推定されており、鎮痛剤に頼らざるをえない方が数多くいらっしゃいます。

あなたは、頭痛が起こる⇒薬を飲む⇒マシになる⇒また頭痛が起こる⇒薬を飲む⇒マシになる⇒また頭痛が起こる…このようなサイクルに陥っていませんか?

当院の頭痛整体では、首の筋肉をゆるめる・あたまに特化をした整体

をおこなうことで、頭痛はもちろんのこと、頭痛薬の服用を減らすようにサポートさせていただいております。

頭痛整体の詳しいご説明と、よろこびの声は、こちらからご覧ください。

頭痛

頭痛ブログ記事一覧

記事は見つかりませんでした。

不眠・睡眠障害

不眠

もしかすると、あなたは頑張って(意識をして)眠ろうとされていませんか?

質のよい睡眠を手にいれるためには、心と体がリラックスしていることが絶対条件です

当院では、体(脳)をリラックスさせるクラ二オセラピーと、自律神経の乱れの修復を目的とした自律心体療法をおこなうことで、質のよい睡眠を促してまいります

睡眠と深く関わる、脳の疲労と自律神経のご説明は、こちらをご覧ください。

不眠・睡眠障害

不眠・睡眠障害ブログ記事一覧

整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・睡眠の質でお困りの方へ
不眠症・睡眠障害でお悩み方に向けた3つの対策
脳を休ませないといけない理由

目眩(めまい)

めまい

宙に浮くような感じで気持ちが悪く吐き気がする。すーと意識が遠のくような感覚など、目眩(めまい)は日常生活を送るうえで、心配の種が尽きないと思います。

当院の考えは、病院で明確な原因が特定されず、これといった目眩(めまい)の治療方法がない場合、脳の疲労が影響していると考えています

脳の疲労によって、体の動きを察知する神経(前庭神経)が誤作動を引き起こすメカニズムや、回復された方のお声は、こちらをご覧ください。

目眩(めまい)

目眩(めまい)ブログ記事一覧

他の整体に通ってもよくなりません、先生のところではどれくらいの期間でよくなりますか?
目眩(めまい)が治りました【よろこびのお声】

耳鳴り

耳鳴り

これまで耳鳴りは、医学的に原因不明だと言われてきました。

ピーピーと塞ぐよう音がかすかに聞こえる・ポワポワと空気がこもったような音が聞こえる・キーンという高音が寝るまでつづくなど、同じ耳鳴りでも人によって症状はさまざまです。

しかし、最近の研究によると、脳の疲労と音を感知する神経に因果関係があるかもしれないと言われています。

脳の疲労によって、音を感知する神経(聴覚神経)が誤作動を引き起こすメカニズムや、回復された方のお声は、こちらをご覧ください。

耳鳴り

耳鳴りブログ記事一覧

耳鳴り・ふらつきの改善例 【よろこびのお声】

ふらつき|セルフケア

瞑想

いつ、ふらつきが起きるのか?予測がつかない生活を送ることは、ご不安だと思います。

ふらつき以外のお体の症状、全般的に言えることですが、体の不調は何か無理をしているサインです。

特集ページでは、ご自身でできる『ふらつきのケア』についてまとめてみました。

詳しくはこちらからご覧ください。

ふらつき(セルフケア)

ふらつきブログ記事一覧

耳鳴り・ふらつきの改善例 【よろこびのお声】
ふらつきを自分で改善していく方法

自律神経失調症

日本

がんばり屋さん・毎日が忙しいと思う・ストレスを感じやすい。

このような方は、自律神経が乱れやすいです。

しかしながら、複数のことを同時にこなすマルチタスク・夫婦共働き・ストレス社会の現代においては、逆に自律神経が『安定』している人を探す方が大変だと思います。

がんばらなくていい・ゆっくりできる時間を作る・自分に思いやりの心を持つ。

この3つを意識して過ごすだけでも、心身が休まるかも知れません

自律神経の仕組みや、自律神経失調症が回復された方のよろこびの声は、こちらをご覧ください。

自律神経失調症

自律神経失調症ブログ記事一覧

有名人の自律神経失調症公表で思うこと
もしかして心臓病かも?と思っていたら、実は…自律神経失調症でした。
【NHKあさイチ】知らないとコワイ 自律神経の不調

更年期の体調不良

体調不良

人生において、乳幼児期・学童期・青年期・成長期とあるように、更年期もひとつの時期です。

この時期をいかに乗りきるのか?

無理をしない・がんばらない・自分にやさしくするなどの対策もありますが、お体や気持ちのケアをする対策もございます

更年期に体の調子が悪くなるメカニズムと、ホットフラッシュ・フワフワした症状がよくなられた方のご感想は、こちらをご覧ください。

更年期の体調不良

更年期の体調ブログ記事一覧

記事は見つかりませんでした。

無月経

お腹の痛み

無月経になる要因として、精神的ストレス・ホルモンの分泌機能の問題・急激なダイエット・激しいスポーツ・過食・拒食などが知らせています。

当院では、仙骨を中心とした骨盤の歪み・脳の疲労軽減・お腹を温める・精神的ストレスのケアをおこない、自然に生理をむかえるようにサポートいたしております。

無月経になるメカニズムと、よろこびの声など、詳細はこちらをご覧ください。

無月経

生理関係ブログ記事一覧

記事は見つかりませんでした。

動悸

問診を受ける男性

病院(内科・循環器科)を受診され、異常が見当たらない・原因不明である・これといった治療法がない

このような場合は、自律神経の乱れや精神的ストレスが影響している可能性がございます。

自律神経やストレスは、実際に目にすることがないため、動悸を長引かせてしまう方が少なくありません。

心臓と自律神経の関係など、動悸に関する詳しいご説明は、こちらをご覧ください。

動悸

動悸ブログ記事一覧

記事は見つかりませんでした。

喉のつまり

悩んでいる女性

喉に何かがつまっているような違和感・ものが飲み込みにくい・喉が細くなっているように感じる

これらの不調で医療機関を受診され、異常が見当たらない・原因が分からない、という説明の場合、精神的ストレスの蓄積や感情の抑圧(葛藤)が原因かも知れません

アメリカの精神科医用診断基準マニュアル「DSM」によると、ヒステリー球(咽喉頭異常感症)が増えることで、心体症状(つまり喉の不調)が引き起こされると言われています。

特集ページでは、ヒステリー球を少なくするために出来ることを書かせていただきました。

喉のつまり・違和感のセフルケアなど、詳細はこちらからご覧ください。

喉のつまり・違和感

喉のつまり・違和感ブログ記事一覧

【相談】症状がでない時もあればしんどい時があるのはなぜですか?

まぶたの痙攣(けいれん)

まぶたがピクピクする

他人と会話をする時・ストレスを感じる時・苦手な人と会う時・特に普通の生活をしている時、まぶたの下がピクピクと動く

一度気になり出すと、余計にまぶたの痙攣(けいれん)が気になる。

病院で診察を受けても、特に原因が見つからない

このような方は、精神的ストレスの蓄積が原因かも知れません。

精神的ストレスの解消方法と、まぶたの痙攣が回復された方のお声は、こちらをご覧ください。

まぶたの痙攣(けいれん)

まぶたの痙攣(けいれん)ブログ記事一覧

他の整体に通ってもよくなりません、先生のところではどれくらいの期間でよくなりますか?
まぶたがピクピク痙攣(けいれん)をおこす【よろこびのお声】

体温調節がきかない

クーラー病

体温を調節する機能は、「外はいま、何度か?」「 体温はいま、何度か?」という情報を、皮膚と神経伝達の核となる、深部体温受容器という所で集めています。

これらの情報は、脳の「視床下部」と呼ばれる所で体温を一定に保つように、自律神経によってコントロールをされています。

自律神経のバランスが乱れることで、暑い季節に汗をかかない・寒い季節にほてりを感じる・空調温度に体が敏感になる、などの不調が起きます

自律神経のメカニズムと、当院の整体で回復された方のお声は、こちらからご覧ください。

体温調節機能障害

体温調節機能障害ブログ記事一覧

記事は見つかりませんでした。

不眠・睡眠について

整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・睡眠の質でお困りの方へ

ここ数ケ月の間、「睡眠」についてのご依頼が多く、ブログで取り上げてみました。 さきに当院の見解は、こちらにまとめています。■ 睡眠と自律神経は密接に関わっています ■ 不眠・睡眠障害でお悩みの方へ 上記リンク先を読んでいただい...
不眠・睡眠について

不眠症・睡眠障害でお悩み方に向けた3つの対策

]]> 4月に入り、自律神経の乱れが影響するお体の不調の方から、ご依頼が増えてきました。   その中でも...   ・熟睡できない ・眠れているけれど朝起きると体がだるい ・なかなか寝つけない ・...
自律神経失調症

有名人の自律神経失調症公表で思うこと

]]> 昨日(23日)のヤフーニュースで、あるスポーツ選手が自律神経失調症であることを、所属するチームが公表しました。   こうして、メディアで自律神経失調症がとりあげられ、世間に知れ渡るということは、「自分も自律神経失調症か...
自律神経失調症

もしかして心臓病かも?と思っていたら、実は…自律神経失調症でした。

今日のブログは、私の体験談です。   自律神経失調症を患っていた、20代の頃。   睡眠障害・喉のつまり・まぶたの痙攣(けいれん)・下痢便秘の繰り返し・胃がムカムカする。 これらの不調よりも、一番“死”を感じたのが、胸が締めつ...
健康情報

【NHKあさイチ】知らないとコワイ 自律神経の不調

]]> 2019年3月20日、HNKの番組「あさイチ」で、自律神経の不調がとりあげられました。 タイトルは、『知らないとコワイ!自律神経の不調』 自律神経とは、一体何をしているものなのか? その答えは、体の各器官をコントロール...
ご質問

他の整体に通ってもよくなりません、先生のところではどれくらいの期間でよくなりますか?

ブログタイトルにあるような、「どのくらいの期間でよくなりますか?」というお問い合わせを、時々いただきます。お客様からしてみれば、どれくらいの期間が必要なのか?その見通しがつかないと、時間的な都合や治療費が気になるため、ある程度ハッ...
パニック障害

パニック障害の体の症状と自律神経の関係

]]> パニック障害の体の症状は、   ・喉が詰まったような感じで息苦しい ・急に手足や頭に汗をかき、冷たく感じる ・いつ動悸が起るのか分からなくて不安 ・頭重感、もしくは締め付けられるような感覚 ・体がフワフワして倒れそうな...
ふらつき

耳鳴り・ふらつきの改善例 【よろこびのお声】

]]> 今日のブログは、耳鳴りやふらつきでお困りの方のご感想を紹介いたします。   早速ご覧ください。 ※店舗のクチコミ・ランキングサイト「エキテン」より転記いたしております 感謝の言葉では足らないぐらい「心と身体」を健康...
よろこびのお声

長年の自律神経失調症が改善【よろこびのお声】

]]> 今日のブログは、自律神経失調症でお困りの方のご感想を紹介いたします。 早速ご覧ください。 ※店舗のクチコミ・ランキングサイト「エキテン」より転記いたしております うまく言葉で表現できない辛さを...
ふらつき

ふらつきを自分で改善していく方法

ここ数日の間で、風邪をひかれる方が多くなってきました。 体調が優れない場合は、無理なさらずご自愛くださいませ。 今の時期のように季節の変わり目は、自律神経が体のさまざまな箇所をコントロールしようと、がんばってくれています。 こ...
この記事がお役に立ちましたら、シェアして頂けると幸いです。
\市川 猛をフォローする /
タイトルとURLをコピーしました