【ストレス対策】愚痴や不満をためこんでいませんか?

男女の愚痴不満

私たちは、愚痴・不平・不満・妬み・文句など、つい負の感情を持ってしまいます

この負の感情がストレスとなり体の不調に表れるとすれば、できるだけ負の感情にならないようにしていくか、うまく発散(解決)をしていくか、どちらかだと思います。

愚痴・不平・不満・妬み・文句

多くの方の場合、その矛先は…

・パートナー

・お子様

・親

・会社の上司や部下

・お客様

・お店の店員さん

など、「人間関係」です。

人の個性は十人十色ですから、相手の考えや言葉が理解しがたいことは、誰にでもあると思います。

そこで、あなたに質問をさせてください。

「相手を変えることはできない、自分が変わる方が楽」

このような言葉を聞いたことは、ございませんか?

これは確かに、そうだと思います。

厳密に言うと、相手を変えることはできると思います。

ただ相手次第では、かなりの労力(心理テクニック)と時間を使うため、よほどの覚悟がない限りおすすめはしません。

そうはいっても、愚痴や不満の対象が相手にあるとすれば、負の感情をため込んでしまうのは避けたいところです。

愚痴や不満のストレス発散方法


① 誰かに話を聞いてもらう


② 紙に思いのまま書く


③ 自分に非(原因)がないか考えてみる


それぞれ見ていきましょう。



① 誰かに話を聞いてもらう


よくある、愚痴や不満のストレス発散方法です。


誰かに話しを聞いてもらうことで気持ちがスッキリされることは、どなたでも経験があるでしょう。


しかし、話を聞いてもらえる相手が聞き上手でなければ、余計にストレスがたまってしまいます



たとえば、


・逆に相手の話しを聞かされた(話のこしをおられた)

・余計なアドバイスをされた

・相づちをうってくれない


あなたは、こんな経験がございませんか?



その一方で、こういう考え方もあります。


1回や2回など、少ない回数の愚痴や不満の話しでしたらまだしも、定期的に聞かされる立場からすれば、その方にストレスが蓄積されてしまいます。



人生には、壁(成長する試練)が立ちはだかります。


その壁を乗りこえていくことで、人徳のある人になります。


常に誰かに話しを聞いてもらいストレス発散をされる方は、次に書いている②と③のストレス発散方法をおすすめします。




② 紙に思いのまま書く


自分でできる代表的な、愚痴・不満ストレス発散方法です。


方法は問いません。

思った感情(気持ち)を、自由に書いてみてください。


そう、自由です。


誰かが提唱した方法でもいいかも知れませんが、あなたの感情を解消するのはあなた自身ですから、あなたらしく自由に書くことをおすすめしています。



③ 自分に非(原因)がないか考えてみる


これは、私自身も使っています。


対人関係は、お互い様です。自分に非(原因)がないか考えてみるのです。



そうすると、

「あの言い方が悪かったのかな」

「早口で話してしまったから相手が機嫌を損ねたのかな」

「相手は、よかれと思って言ってくれているのに、それを否定しているのは相手に失礼ではないか」



など、色々でてくると思いますよ。



ぜひ思考錯誤をしながら、愚痴や不満をうまく発散(解決)されてください。


さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。


さかい快福整体堂
市川 猛


【関連ページ】

魅力発見コンサルティング

タイトルとURLをコピーしました