うつ病でお悩みの方へ

どん底の人生
厚生労働省が全国の医療施設に対しておこなった調査(平成26年)では、うつ病患者数は112万人。

 

WHO(世界保健機構)によると、世界中のうつ病患者数は3億人を上回ると言われ、今まさに国際的な取り組みが求められています。

 

さかい快福整体堂では、2013年の開院以来、うつ病をはじめ自律神経失調症や不安神経症・パニック障害などでお困りの方と向き合ってまいりました。

 

当院をご利用くださる半数以上は、心療内科や精神科への通院歴があったり、抗うつ剤や精神安定剤といったお薬を服用中の方です。

 

ですが、みなさんそれぞれの目標に向かって、前向きに取り組んでいただいております。

 

今ご覧くださっているページは、うつ病でお悩みの方に向けて、少しでも気持ちが軽くなっていただきたい思いで書かせていただきました。

つたない文章ではございますが、ご一読よろしくおねがいいたします。

うつ病についてお伝えたえしたいこと 目次

・うつ病と自律神経失調症の違い

・受け入れる(自己受容)について

・うつ病でお困りの方へのサポート

・おわりに

うつ病と自律神経失調症の違い

うつ病と自律神経失調症

分かりやすくするために、まずは自律神経失調症のご説明からさせていただきます。

自律神経失調症

自律神経の説明 イラスト

自律神経とは、内臓の働き・血管の収縮、拡張・瞳孔、汗腺、唾液の分泌 など自分の意思では動かせない神経のことをいい、身体のさまざまなバランスを無意識で維持してくれている、まさに要ともいえる神経です。

 

自律神経は、2つの神経で構成されています。


 交感神経(がんばる神経):がんばる・緊張・ストレスを感じている時

◎ 副交感神経(休む神経):休息・修復・リラックスしている時


 

自律神経失調症の特長は、多数の器官に不調が表れたり消えたりします

自律神経のバランスが乱れる多くは、がんばる神経(交換神経)が優位な状態で、休む神経(副交換神経)への切り替えがスムーズではない状態です。


もし、心身に不調を感じられた場合、


・ 休息時間を率先して作る

・ 森林や海など自然に触れる

・ 整体やマッサージを受ける

・ スーパー銭湯でくつろぐ

・ いい意味でがんばらない

・ ストレスをうまく発散する

など、休む(リラックス)習慣を意識しておこなっていただければ、自律神経の乱れが整い心身の不調は表れにくくなります。

うつ病

考える人

うつ病は、自律神経失調症の延長上に位置します。


どういうことなのかと言うと、仕事・家事・育児・介護など、いつもと同じように動こうとしても、交感神経(がんばる神経)の働きが限界をこえているため、力がでなくなってしまうのです。



このような状態は、心身からのメッセージです。



どんなメッセージなのかと言うと….

 

「もう十分にがんばったじゃないか」

「今は、休息が必要なんだよ」

「我慢は体に毒だよ」

「いい意味で適当になろうよ」

「一人で抱え込まなくても大丈夫だよ」

このようなことを伝えてくれています。

 

心身からのメッセージに気づかれて、「自分らしく生きていくチャンスをいただいた!」そう思ってくださるとうれしいです。

自分の良いところも悪いところも全て受け入れる(自己受容)

話したい葛藤

うつ病になりやすい性格として、


・真面目(ルールを厳格に守る)

・完璧主義

・人一倍責任感が強い

・人から嫌われたくないと恐れて自己主張をしない

・他人からの評価を常に気にする

・ 不満をためてそれが一気に怒りとして出る

・人のせいや社会のせいにする

 

このような特徴がインターネット上であげられています。

 

もしあなたが、特徴にあてはまる!と思われた際に、


「自分はダメな人間だ」

「分っていてもできないから悩んでいるんだ」

「世間がバカにしている」


など、悲観的なお気持ちになられたり、怒りの感情がでてくると思います。

 

そんな時、当院ではこう考えます。



周りがどう言おうとも、最終的に自分の心身を守るのは自分自身


・完璧主義のどこが悪いんだ!

・人一倍責任感が強くて何が悪いんだ!

・他人からの評価を常に気にして何が悪いんだ!そういうあなたは絶対に他人と比べないのか?


というように自分の尊厳を守ります。

 

なぜ、このような考え方をするのかと言うと、実のところ世の中には「良い」も「悪い」もないからです。



良いも悪いも共存共栄といえば、分かりやすいかも知れません。



とらえかた次第で長所が短所になったり、短所が長所になったりします
から、自分にとって悪い情報に流されないようにしていただきたいと思います。

うつ病でお困りの方へのサポート

脳の疲労を説明

当院は、お体とお気持ち、両方サポートできるのが特徴です。

うつ病でお困りの方には、以下の方法でサポートさせていただいております。

 

① からだ(筋肉)の緊張をゆるめる

さかい快福整体堂 治療

心身が疲れていらっしゃる時に、必要以上にお話を聞くことはいたしません。


今まであなたの体を支えてくれていた、からだ(筋肉)を優先的にほぐしていきます。

 

②  脳の疲れをケア

脳が使うエネルギーの消費量は、体全体の20%だと言われています。 

たくさんのエネルギーを使う分、脳をしっかり休ませる必要があります


そうしないといけない理由は、うつ病の時はエネルギーが枯渇しているからです。



そこで当院では、脳内の疲労物質を処理してくれる役割を担う脳の体液を流し、脳の疲れをかるくするクラニオセラピーをおこないます。


クラニオセラピーは頭に触れるだけの心地いいセラピーです。

数分でウトウト眠られる方もいらっしゃいますよ。

 

③ お気持ちのケア

傾聴カウンセリング

ご希望の方に限り、心理カウンセラーの資格を有する院長が、じっくりとあなたのお話に耳を傾けます。


メリットとして、お話しを通じて悩んでおられる状況を冷静にふりかえることができます。


そして、自分はこういうことで悩んでいたんだと客観的にとらえることができてきます。


そうしていくことで、これからはこのように考えたらいいんだと、新しい視点(魅力)を見つけることができます。

 

・悩みを解決へ

・不安を安心へ

・心配を希望へ

 

どのようなことでも、あなたのいいようにお話ししてください。

※施術をしながらお気持ちのケアはおこなっておりません
※施術とは別の日に、お越しいただきサポートさせていただきます

おわりに

市川猛

私は過去に、自律神経失調症や不安神経症・パニック障害を患いました。

心療内科をはじめ、うつ病・自律神経失調症を専門的に治療をする整骨院整体院や催眠療法にも通いました。

しかし、全くと言っていいほど回復しませんでした。

お金をドブに捨てたような罪悪感と自己嫌悪感しか残りませんでした。

ある時期、私は仕事を辞める、友達と会うことも億劫になる、好きだったテレビやドライブなど趣味に対する興味も失いました。

 

心療内科など治療にいく元気もありません。

今考えれば、人生のどん底期です。

でも、このどん底期がなかったら私は変わらなかったと思います。

一寸先は闇

心身がつらい時だからこそ、自分の全てを受け入れる・肯定する・認める・許す

色んな表現がありますが、自分を守ることが何より大切だと思います。

下記【関連ページ】では、私自身の経験と、ご利用いただいた方のお話しから、こころがお疲れの時に参考になるページをご紹介しております。


必要な方に届きますように。

さかい快福整体堂
院長 市川 猛


【関連ページ】

こころの疲れで、現在休職や休学中の方へ
今の時代に求められる健康のあり方とは?

タイトルとURLをコピーしました