こころの疲れで休職中の方へ

公園でひと時を過ごす

このページでは、今あなたが抱えられているお気持ちを考え、微力ながら何かお手伝いできることはないかと思い、作成してみました。

これから、職場復帰に向けた5つのポイントを書かせていただきます。

5つ同時にしていただいても大丈夫ですが、決して無理をせずすすめください。

ステップ1 色々考えてもいいと認めてみる

気持ちを大事にするイメージ

休職中は、

・ 職場へ復帰後、雰囲気になじめるかな

・ いつもと同じように仕事ができるかな

・ 周りにどのように見られるのかが心配

・ また休職してしまわないか体調が心配

・ 今のタイミングで復帰でいいのか

など、さまざまな不安や心配をされると思います。

このような心境の時、インターネットなどでは「心配になることは考えないように」というアドバイスをよく見かけます。

でも、これは休職された理由にもよると思いますが、心配事や不安を感じるのは正直な気持ちだと思うのです。

考えたい(本能脳)

考えないようにしよう(理性脳)

この本納脳の欲求と理性脳の抑え込みとの間に生じるのがストレスの正体であるため、「今の時期は考えてもいいのだ」と、素直になることも必要です。

ステップ1では、今の自分の気持ちを“素直”に認めることを意識してみてください。

ステップ2 エネルギーの補給

栄養を考えた食事

私たちが、

・呼吸

・食事

・寝返り

・歩く

・話す など、

何かをする時にはエネルギーが必要です。

自動車で例えると、ガソリンがエネルギー源です。

車をガス欠にならないようにするためには、ガソリンを補給しますよね?

それと同じように私たちもエネルギーが枯渇しないように、

・栄養

・気力

などエネルギーの補給が必要です。

【栄養】

休職中はいつもより、食欲の低下があるかも知れません。

それでも必要最低限の食事はとられていると思います。

少しずつ食べれるようになれば、体力もついてきます。

【気力】

「病は気から」ということわざがあるように、気のエネルギーを補給しましょう。

ここでいう、気のエネルギーの補給とは、「しっかり身体を休める」ことです。

気力が上がれば、もう一回やってやろう!という気持ちになってきます。

そして、

・ 家族を安心させたい

・ 会社に恩返しをしよう

・ 自分らしく生きていこう

・ もう一回がんばろう

このように、誰かのために!自分のために!という気持ちがより強くなったら、次のステップに進むタイミングです。

ステップ3 体力(筋力)をつける

階段を利用する人

次に行っていくのが、職場復帰をしたことを想定して体力をつけていくことです。

ここはとても重要です。

具体的な体力回復方法は、

◎ウオーキング

個人差ありますが、毎日1時間は歩いて欲しいです。

※熱などの体調不良雨風が強い時にはこれに限りません

◎自転車で遠くにでかける

足腰を鍛える意味もありますが、今まで通ったことがない道を走ることで、視点が広がる可能性がございます。

◎エレベーターやエスカレーターを極力使用せず階段を使用する。

はじめは2階や3階でもいいですが、4階や5階と登れるくらいまでが理想です。

ステップ4 生活リズムを整える

目覚まし時計

ステップ3まで行えれば、後は生活リズムを整えていきましょう。

昼夜逆転傾向の方は、より意識して行ってください。

・起床時間を元通りに戻す

・就寝時間を元通りに戻す

※ここでいう元通りとは早寝早起きを推奨した元通りです

あとは、

・朝日を浴びる

・午前中に運動をする

・規則正しい時間に食事をする(間食をしない)

・その他できる事を率先して動く

これらを行い、どんどん生活リズムを整えてください。

ステップ5 なぜ、今回こうなったのかを分析する

チェック

最後のステップです。

体力・気力もついてきましたら、再び今回のようなことが起らないように自己分析をしていきます。

・ 何かムリをしていたのかな?

・ ストレスの発散がうまくできていなかったのかな?

・ 生活リズムがおかしかったのかな?

・ 以前はささいな事でもイライラしていたよな

・ 気持ちに余裕を持つように時間のスケジュールを決めよう

など客観的に考え、予防線をはっていきましょう。

元気に走り回る人々

以上、職場復帰に向けて5つのステップをお伝えしてきました。

それでも何らかの理由で行動に移せない方もいらっしゃるかと思います。

その場合は焦らずじっくり1つ1つ行い、それでも状況が思わしくない場合は、当院のような専門家までご相談ください。

自律心体療法師・心理カウンセラー

さかい快福整体堂  市川 猛

LINEからのお問い合わせはこちらから

お電話・メールでのお問い合わせ

ご利用の流れ

タイトルとURLをコピーしました