ふらつきでお困りの方へ|セルフケア

脳の疲れを説明
当院には、ふらつき・めまいのような、自律神経の乱れが影響するお体の不調の方に、ご利用いただいています。


そこで、今ご覧くださっているページでは、ご自身でできるセルフケアについてまとめてみました。


少しでもあなたの疑問の答えになれば幸いです。

色いろと考えすぎてしまう・不安を感じることが多い

考え込む女性

ふらつきやめまいを感じられる方は、


・色いろと考えすぎてしまう

・不安を感じることが多い


この2つが、特徴としてあげられます。



考えたり、不安を感じたりする体の部位は、脳(頭)です。



これは、ふらつきやめまいを感じられる方は、脳(頭)にエネルギー(氣)が集まりやすくなっていることを意味します。


考える人

つまり、こういう状態です↓


★エネルギー(氣)のバランス★

 脳(頭)



たとえば、川の水の流れがどこかで滞るよりも、スムーズに流れた方が川の水が綺麗になるように、人間のエネルギー(氣)もスムーズに流れることが理想です。



★エネルギー(氣)のバランス★

 脳(頭) 足




ところで、きっとあなたも「地に足をつける」「足を地につける」、このような言葉を聞いたことがあると思います。


公園を散歩する女性


実は、この地に足をつけることが、ふらつきやめまいを改善させるポイントです。


もう少し、ご説明いたします。

目に見えない物だからこそ意識をしてみる

エネルギー

・空気

・エネルギー(氣)

・電気

これらは目に見えませんが、私たちが地球で生活を行う上で必要不可欠な要素です。

この“目に見えない物”について、ご説明させていただきますね。


私たちが電化製品を購入した際、多くの商品には「アース線を取ってください」と説明書に書いています。

※ 電子レンジのアース線
電子レンジ


ちなみにアース線とは、電化製品が万が一の時に漏電をした場合、電気を外部に流す役割があります。

このアース線の役割を、ふらつきに置きかえてみましょう。


ふらつきを感じる女性


ふらつくという状態は、体に不具合があるということです。
電化製品でいうところの漏電



電化製品に、あらかじめアース線を取ると安全になるように、人間の体も普段から大地にエネルギー(氣)を流すことで、不具合(ふらつき)は防止できるはずです。


しかしながら、それを意識しておこなっている人は限りなく少ないと思います。

 

だからこそ、今ふらつきやめまいを感じられている方には、取り入れていただきたいのです。

3ステップでカンタン!大地にアースをする方法

 

【ステップ1 場所選び】


地に足をつける


土や芝生などの上に立ち、「地に足が吸いついている」と意識します。
※コンクリートの上は避けてください


【ステップ2 イメージ】


アーシングをする女性

脳(頭)に集まっているエネルギー(氣)を徐々に下におろし、足の裏から大地に流すイメージをしてください。

※ゆっくり深呼吸をしながらイメージしていただくと効率的です


【ステップ3 言霊~ことだま~】


明るいイメージ

プラスイメージの言葉を発しましょう。

★プラスイメージの言葉集★

・うれしい

・たのしい

・だいすき

・ありがとう

・あいしてる

・しあわせ

・ついている

7つのことばから好きな言葉を選んでいただいてもいいですし、7つのことばを”おまじない”のように唱えていただいても大丈夫です。



【その他 補足】

○○分すればいいとかは、特にございません。

あなたが、「これくらいがちょうどいい」と思うお時間で大丈夫です。

大地にアースをするセフルケアは、体調不良や悪天候でない限り、毎日おこなうことをおすすめします。

おわりに

自律神経とストレスの説明


いかがでしたでしょうか?


・自律神経
・考える
・不安
・エネルギー
・氣


このように、実際に目に見えないことをお伝えしましたので、むずかしかったかも知れません。


アースをしたとしても、すぐに効果が表れることもないため、多くの方が途中でやめてしまうことも事実です。



必要な方に届きますようにという思いで、文章を考えてみました。


もし、むずかしい点やご質問がある場合は、お気軽にご連絡ください。


あなたの体調が少しでも楽になれるように、願いをこめて。


さかい快福整体堂
院長 市川 猛


【関連ページ】

めまい
自律神経失調症

タイトルとURLをコピーしました