頭痛でお困りのあなたへ

頭痛薬に頼らない生活

もしかすると、あなたは、

 

頭痛が起こる⇒薬を飲む⇒マシになる⇒また頭痛が起こる⇒薬を飲む⇒マシになる⇒また頭痛が起こる…このようなサイクルに陥っていませんか?

 

もし、そうであれば、このページがあなたにとって、頭痛薬以外の治療を考えるきっかけになってくだされば嬉しく思います。

WHO(世界保健機構)によると、頭痛は健康寿命を脅かす疾患の中で、19位に位置づけられています。

また、日本での頭痛の総患者数は、4000万人にも及ぶと推定されており、驚くことに頭痛薬の年間売り上げ数は、なんと…470億円にものぼるようです。

 

そう考えると、頭痛はよくある身近な疾患ですが、かなり深刻な疾患だといえるでしょう。

・ 頭痛の分類

・ 病院以外の治療方法はあるのか?

・ 当院の頭痛整体

・ よろこびの声

・ なぜ頭痛薬がいけないのか?

・ 最後に

頭痛の分類

頭痛で困る女性

頭痛は、おおよそ次の3つに分類されます。 

 

● 片頭痛(偏頭痛)

片頭痛は片側のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つようにズキン ズキンと痛むのが特徴です。

痛みは1~2時間でピークに達し、はき気やおう吐を伴うことがあり、痛みが起きている間は姿勢を変えたり頭を少し傾けたりするだけでも、痛みが強くなる傾向があります。

 

● 緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭の周りを何かで締め付けられるような鈍い痛みが30分から7日間続くのが特徴で、身体ストレスと精神的ストレスがいくつも重なることによって起きると考えられています。

痛む箇所は、頭全体後頭部・首筋首・肩のこりふわっとしためまいを伴います。

 

● 群発頭痛

群発頭痛は必ず片側の頭が痛み、1~2カ月間に集中し毎日起きるのが特徴です。

女性より男性の方が多く、アルコール・タバコ急激な気圧の変化が群発頭痛を引き起こす原因になるといわれています。

※ 意識がもうろうとする頭痛や、今まで感じた事のない激しい頭痛の場合は、お早目に専門機関を受診してください。

病院以外での治療法はあるのか?

説明をする医師

私自身もそうですが、自分の体に何か不調がある時、第一選択肢として病院の受診を考えると思います。

しかし、さすがに、「原因が分かりません

違う病院を受診されても「特に異常はありません」と説明を受け、それでも頭痛がつづくようでしたら、病院以外の治療も選択肢の一つとして考えていただきたいと思います。

 

病院以外の治療のことを、民間療法と言いますが、病院(西洋医学)では治らないような慢性的な症状が改善する事例は、世の中に数えきれないほどたくさんあります。

当院の頭痛整体

 


当院では、このような頭痛整体を行っています。

① 首の筋肉をゆるめる

約7㌔の重さがある頭、その頭を支えている筋肉が首です。

この首の筋肉を、指先・腕・反対の肩・鎖骨付近・背中など、真の原因(トリガーポイント)を見極めてゆるめていきます。

※トリガーポイントとは、筋肉のこりや痛みの原因が離れた箇所の筋肉にあることを示します

 

②  あたまの整体 その1

頭蓋骨を形成する骨は、膝や肘のように折り曲げる関節ではなく、洋服の縫い目のような感じでつなぎ合わせています。

これを縫合と呼びます。

この縫合を、ヘッドマッサージのような心地いい刺激でアプローチをしていきます。

 

 ②  あたまの整体 その2

脳脊髄液と言う、脳や脊髄の中にある神経へ栄養を送り、脳の老廃物を排出する役割を担う体液を、クラニオセラピーと呼ばれる施術で脳内の疲労物質を流していきます。

文章で見ると不安を感じられるかも知れませんが、頭に触れるだけの心地いいセラピーです。

リラックスされると、数分でウトウト眠られる方もいらっしゃいますよ。

頭痛でお困りだったお客さまの体験談

よろこびの声

<口コミサイトに投稿いただいた体験談です>

30年悩んでいた頭痛が治るなんて

頭痛 クチコミ

元々、こちらの整体へは、仕事の影響からくる腰痛を治療して頂いてました。 

お陰様で、仕事に差し支え無いまで腰が楽になりました。 

先生から、頭痛も整体で良くなるケースが多いので、じっくり取り組みませんか?と提案されましたが、頭痛が当たり前の生活を30年近く過ごしていたので、整体で頭痛なんか治るのかと、初めは信じていませんでした。

でも考え直し、腰痛を治してくれた先生の言葉を信頼して、頭痛の治療も受けて見ることにしました。

治療の中で、頭の体液を流してもらうと眠気がが出てきて、直ぐに眠ってしまいました。

頭痛と睡眠の関係は知っていたので、先生の治療で良くなるかも?と期待が膨らんでいきました。

その日から通うたびに、週に2・3回頭痛薬を飲んでいたのが随分減ってきて、1ヶ月間頭痛に悩まなくなるまで快復して行きました!!

今では薬を飲むこともなく、本当に幸せな気分です。

まさか、小学生の頃から悩まされていた頭痛が治って行くなんて夢を見ている感じです。

本当に先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

先生、ありがとうございました。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

薬を持ち歩かなくてもよい生活が叶っている

頭痛薬 体験談

社会人になりパソコンと向き合う仕事についた頃から頭痛、首こり、首こりが始まり、それから約20年間痛み止め薬を飲み続けつらい症状と付き合ってきました。

薬を飲んでも効かないことも多くあり頭痛がひどく吐き気をともなう事もよくありました。

大事な日には朝から薬を飲み痛くならないようにとビクビクしながらその日を過ごすという状態で周りの人達にも心配と迷惑をかけていました。

病院を探すために何度かネット検索して病院にも行きMRI検査をうけたりもしましたが、問題ないという診断結果。

頭痛の原因は何であるのかわからず不安な状況でありながらも、簡単に治してくれるような病院に出会える事は難しいと諦めていました。

いつの日か頭痛が長期間続き薬を飲んでも全く効かず、苦痛のあまり病院をネットで探していた時にさかい快福整体堂さんのブログにたどり着き、自分の症状と同じ人がいることその人達が通院することで回復していること。

 

非常に評価が良いこと、そして先生が優しそうな方であることが決め手となり「ここしかない」と思い予約させていただきました。

ドキドキの初めての訪問。

ドアが開き優しさが全身ににじみ出た先生が優しく迎え入れてくれた時には「良かった~」と安堵し、色々と質問されるという感じではなく症状を一つ一つ丁寧に引き出してくださるのでこちらからも正直に症状を伝える事ができました。

 

また、つらい症状を理解してくださるところがとても嬉しく安心して相談できました。

そして初めての治療、もうこれは驚きしかありませんでした。

治療前の頭の大きさが治療後には確実に小さくなっていました。

先生は頭をさわるだけで頭痛がおきている場所をあてられそれにも驚きです。

治療は毎回あまりの心地よさに眠ってしまいます。

眠ると勿体ないような気持ちになるので、眠らないように頑張ってもどうしても眠ってしまうぐらいに心身ともにリラックスできています。

頭痛に悩みすがるような気持ちでたどり着いたさかい快福整体堂さん。

通院を重ねるごとに頭痛が少なくなり早い段階で薬を飲まなくても大丈夫な日が多くなり、今では嘘のように頭痛が消え通院期間も長く開けることができるようになりました。

目標としていた「薬を持ち歩かなくてもよい生活」が叶っていることを心から喜び、感謝しています。

本当にありがとうございます。

毎日飲んでいた頭痛薬を飲まなくなりました!

頭痛 口コミ

産後の骨盤矯正をしてくれるところを探していたところ、よく通る道沿いにさかい快福整体堂さんを見つけホームページを見させて頂き、通う事にしました。

初めは少し緊張しましたが、先生が「緊張してませんか?大丈夫ですか?」と声を掛けて頂きいろんなお話もしてすごくリラックスする事ができました。 

産後の骨盤矯正と慢性頭痛で数回施術して頂きました。

これまで何年も毎日毎日頭痛に悩まされ頭痛薬も手放せなかったのですが、先生に施術して頂いてからビックリするくらい頭痛の回数が減り、頭痛薬を飲む回数も減り、今ではほぼ頭痛がなくなりました!

頭痛がしても薬に頼る事なく、すぐ治まるようになりました!

朝の目覚めもスッキリ!

頭痛のない生活嬉しいです!

先生ありがとうございます。 

先生もすごく話しやすく、いろんな為になることも教えて下さり、患者の事も考えて下さり丁寧に施術して下さいます。

いい先生に診て頂いてほんと良かったです。

これからも通いたいと思います(*^^*)

なぜ頭痛薬がいけないのか?

頭痛薬

医療機関でよく使われている消炎鎮痛剤、ロキ○ニンが開発されて30年が経ちます。

ロキ○ニンは、非ステロイド抗炎症薬という分類に入る薬で、以前は劇薬指定でした。

2011年に市販薬として発売され、簡単に手に入るようになってから、利用者がさらに増えているようです。

厚生労働省が市販を認可した背景には、軽度の症状は市販薬で治療してもらい医療費を削減したいからだと思います。

服用する事で受ける体の影響「副作用」は、胃腸症状・発疹・むくみが代表的です。


特に重大な副作用として腎障害・肝障害・血流障害が明記され、さらに、2016年重大な副作用の項目に、小腸・大腸の狭窄、閉塞が追加されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

頭痛薬の服用が絶対ダメとは言いません

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でも、痛み止めは痛みがつらい時の一時しのぎにしか過ぎません。

体に負担をかけている生活習慣
心に負担をかけていること

など、思い当たる原因をそれぞれ考えて、それに対処していくことが根本的な快復につながりますし、大事なお体を薬害の危険にさらす必要もないと思うのです。

お薬との付き合いも大事かも知れませんが、ご自身の体といかに向きあっていく方がもっと大事だと思います。

頭痛でお困りの方はお気軽に相談を

悩みや苦労のことを「頭痛の種」と呼んだりしますが、それこそ頭痛の種を当院で施術させていただく機会をいただきましたら、全力を尽くしてサポートさせていただきます。

 

あなたの頭痛が少しでも楽になるように、願いをこめて。

 

さかい快福整体堂
院長 市川 猛

タイトルとURLをコピーしました