怒ったりイライラする時の対策方法 続編

いつも読んでくださり
ありがとうございます♪

今日のブログは
前回の怒ったりイライラする時の対策方法の
続編をお届けします。

 

怒る・イライラする、その殆どは
相手があってのことです。

先ず先に僕が意識している
コニュニケーション方法は

ーー
会話のテンポ 間 空気を読む
伝え方と捉え方 そのタイミング 話の腰を折ってないか
エゴが強くないか 自分の話が多くないか(聴く力)共感力
ーー

家族・恋人・親しい友人・会社の同僚・先輩後輩など

人それぞれ
価値観や考え方、生い立ち、生活習慣が違うがゆえに、
時にはイライラしたり怒ったりすることもあるでしょう。

その時、前回お伝えしたように
「今の時代を一生懸命生きている、ひとりの人間だから」

と、僕なりの考え方を実践されても

まだ怒りが出る状況が強い場合
次のように思うとどうでしょうか?

::

::

「私をとことん怒らすあなたは本当にイヤ」
(ここまではよくある感情です)

(ここから)

「でも、もしかしたら、あなたは
大きな病気をかかえているかもしれない」

「でも、もしかしたら、あなたは
ご家族の看病をしているかもしれない」

「でも、もしかしたら、あなたは
過去に壮絶な苦労をしてきたかもしれない」

お互い
今の時代に生まれて生活をしています。

怒ったあと、そのお相手が家路に帰った時
家庭環境はどうなるでしょか?
パートナーは?お子様は?両親は?ペットは?植物は?

怒った相手は1人ではありません。
その人を支える全てに影響を与えます。

(念のため、お互いさまですよ)

それでも
怒ってしまうことがあると思います。

その場合は、
先に謝ることをおすすめします。
素直になってお互いのことを話合う、

そう冷静に、ゆっくりと。。。

「こうこう理由でこうなってしまったの、
ごめんなさい、あなたはどう思ってるの?」

その間も、こちらを意識して
ーー
会話のテンポ 間 空気を読む
伝え方と捉え方 そのタイミング 話の腰を折ってないか
エゴが強くないか 自分の話が多くないか(聴く力)共感力
ーー

そうすることによって
イライラしたり怒りにくくなると思いますよ~

これが、僕なりの
アンガーマジネメントです♪

::

::

『鏡の法則』というのがあるように、
目の前の人も自分と思うと、怒りの感情が湧いてきた時
グッと堪えることが徐々に増えてくるはずです。

後、あなたなりのストレス発散方法をされると
もう完璧じゃないでしょうか~^^

少し余談ですが、当院にお越しくださる方全て
私の鏡(自分を投影)と思って施術をしています。

それは
自分と対話し、自分を整体している感覚。

ですので、多くの方が初回でこころを開いて
色んなお話をされるのだと思います♪

 

『からだとこころの声を聴く整体 さかい快福整体堂』

整体師 心理カウンセラーの
市川 猛がお届けいたしました^^

タイトルとURLをコピーしました