生きづらさを感じる方へ

物思いにふける

さかい快福整体堂には、生きづらさを感じているお客さまがいらっしゃいます。


人生、山あり谷あり

上手くいく時もあれば、上手くいかない時もありますよね。



この生きづらさは、人によってさまざまです。



ある人は、転職をくりかえしてしまう。


ある人は、親から虐待を受けて育った


ある人は、学生時代のいじめがきっけけで対人恐怖症になった。


ある人は、借金の返済ができなくなり破産しないといけない。


ある人は、離婚を切り出された。



個人情報保護のため、くわしい内容を書くことはできませんが、生きづらさを感じながら毎日を過ごすのは苦痛といいますか、生き地獄といいますか、自分の人生はこんなものだったのかと悔しい気持ちになると思います。



実は、こう書いている私自身も30代後半の頃に生きづらさを感じていました。



くわしく書くと膨大な文字量になるため割愛しますが、何もかも”一気”に失ったのです。



趣味に関心を持たなくなり、大好きなテレビも一切見なくなりました。


まるで50キロの鉛を体に背負っているような感じで、常に横になって休みたいと思っていました。


行政の相談窓口に電話をしても気持ちはスッキリしませんでした。



そんな私ですが、何とか生きづらさから抜け出すことができました



お客さまのお話しと私の経験から思うことは、生きづらいと思っている時に一人で抱え込んでしまいますと、かなりしんどいですし人生を好転させるための時間がかかり過ぎてしまいます。



ご家族やご友人に、悩みを打ち明けることができる方がいらっしゃれば、相談されることをおすすめします。



「いや、家族に相談をしてみたけれど、家族は生きづらさを経験していないから、気持ちを分ってくれているとは思えない。」



「親友に話しを聞いてもらっても、がんばれなど根性論を言われて相談しても意味がないと思った。」



もし、そう思われる方は、お気持ちのケアを専門とするカウンセラーに相談されることをおすすめします。

一人で悩みを抱え込まないで

悩んでいる女性

カウンセラーの役割を分りやすく説明すると、「人生を豊かにするナビゲー役」です。


傾聴(お話しをお聞きする)

↓  ↓  ↓

お話しをしていただく


↓  ↓  ↓

問いかけ(気持ちや辛さなどをお聞きする)

↓  ↓  ↓

お話しをしていただく

↓  ↓  ↓

少し、気持ちの整理がついてきた

↓  ↓  ↓

問いかけ(今の気分や、何か違う感情があるのかをお聞きする)

↓  ↓  ↓

お話しをしていただく

↓  ↓  ↓

思っていることを(言葉にできないこと)を吐き出すことができた!

↓  ↓  ↓

前向きな気持ちになれた♪

悩みが解消された!

不安が安心に変わった。

嫌いな人に感謝の気持ちを伝えようと思った!

自分のことをもっと大事にしようと思えた。

ハート

カウンセリングは、基本このような流れです。


さかい快福整体堂独自のカウンセリングスタイル「魅力発見コンサルティング®」を受けられた方の生の声は、こちらをご覧くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました