コミュニケーション能力をあげたい方へ【カウンセリングのご感想】

会話(コミュニケーション)は、言葉のキャッチボール。

楽しいひと時もあれば、ギクシャクすることもあれば、口論に発展する場合もございます。

近年、対人関係やコミュニケーションが苦手なことを示す、『コミュ障』と呼ばれるネット用語もでてきました。

さかい快福整体堂には、

・ 人と話すのが苦手
・ 興味を持たれることが嫌
・ 自分が思っていることを言えない
・ 自己主張ができない
・ まわりの空気を読めない
・ 場違いな発言をしてしまう
・ 2~3人ならまだ会話はできるが、4人以上だと黙ってしまう
・ 一方的に話しをしてしまう
・ 相手の話しを全部理解しないといけないと思っている
・ 反応が遅い(言葉のキャッチボールがスムーズではない)

このようなご相談を、よくいただきます。

本日のブログでは、さかい快福整体堂のカウンセリング(後に魅力発見コンサルティングと改名)を受けていただいた方のご感想をお届けいたします。

それでは、さっそくご覧ください。

人に対する苦手意識を持っている方におすすめします。


Q 今までどのような悩みを抱えてこられましたか?


人とのコニュニケーションの取り方、社会生活を送る上で避けられないストレス等の受け流し方、自分に対する自信のなさや学生時代から悩んでいたネガティブな考え方に悩んでいました。


さかい快福整体堂のカウンセリングを通じてどのような心境の変化があったのか教えてください


カウンセリングを受け、具体的な解決方法や行動を通じてどう感じ、自分がどう対応しているかを考えまとめる事で自信につながり、以前よりコニュニケーションに対する苦手意識、ストレスとの付き合い方に対して自信が持てました。

その結果、友人等も増え、以前より明るく生活できるようになりました。

Q さかい快福整体堂のカウンセリングを勧めるとしたらどのような(悩み)方にお勧めされますか?

A 私のように、悩みを持っている方や人に対する苦手意識を持っている方におすすめします。

Kさん 31歳 高石市

お返事

Kさん

この度は、さかい快福整体堂とご縁をいただきましてありがとうございます。

はじめてお越しいただいた時のKさんの印象は、物静かな方でした。

整体を通じて少しずつお話ししてくださるようになり、Kさんを知れば知るほど、自分らしい姿(自然体なKさん)を見つけていただきたいと思うようになりました。

お友達ができて旅行に行かれたお話し、今でも思い出します。

とても嬉しそうなお顔が印象的で、楽しいエピソードが満載でしたよね。

人に対する苦手意識は、多かれ少なかれ誰にでもあると思います。

どうかご無理なさらず、Kさんらしさを出していただければと思います。

これからのKさんの人生を陰ながら見守ってまいります。

ありがとうございました。

解説

コミュニケーションの能力は、十人十色です。

Kさんの場合は、ご感想に書かれているように、自分に対する自信のなさとネガティブな考え方」が、対人関係の構築に影響をおよぼしていました。

自分に対して自信がない人は、他人と比べてしまう傾向がございます。

いや、もう少し表現を変えると、他人と比べ「過ぎて」しまう傾向です。

「隣の芝生は青く見える」ではないですが、意識を自分他人ではなくて、自分>他人がベストです

一方、「自信がなくてもいいんだよ」という解決策もございます。

なぜ、こんなことを言うのかというと、自信がついたところで人生がうまくいく保証はないからです。

検証として、あなたが思う自信があるだろう他人に「○○さんは、ご自身に自信を持たれていますか?」とお聞きして、「えぇ、自信ありますよ」と答える人は少ないと思います。

【ない】ところにフォーカスをあてるよりも、【ない】も【ある】もひっくるめて『自分』という考えが、楽な生き方なのかも知れません。

さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。

さかい快福整体堂
市川 猛

【関連ページ】

魅力発見コンサルティング

タイトルとURLをコピーしました