パニック障害を薬に頼らず克服する法則

整体師イラスト

ある場所に行ったり、想像した場合や
予期せぬ時に、動悸や呼吸が浅くなり

しばらく辛い症状が続くと「このまま治らないんじゃないの・・・?」と不安になる方が多いです。

パニック障害や自律神経失調症など、個人差ありますが

今までの人生で固定観念が重なりなかなか「」を乗り越える勇気や希望が少ない為に、薬に頼らぜるを得ない状況になるのです・・・

薬の危険性はネットで探せばいくらでも出て来ますが、中々薬を止める踏ん切りも出来ない方もおられます。

主治医の先生より完治に向けた治療計画の基で、さらなる快復へ向けてカウンセリングやコーチング・霊気・ヒーリング・気功・鍼灸・整体院など各種民間療法に行かれる方も多いのではないでしょうか?

当店でも、お気持ち面でお困りの方に良く利用して頂いております。

特に30代~40代の女性の方が多いのは「駅から少し離れた裏路地の2階で他のご利用者様とお会いする事がないのがゆったりして安心です。」

と、ご利用頂いている方から良くお聞きします。

結論から言いますと薬が無くても克服出来ますよ。。

まず、自分と向き合って頂き目標設定を共有し、陽転思考という物・事に対する考え方を「陽」に持って行く事で、徐々にブロックが溶けて行くのです^^

固定観念は誰にもありますが

「鏡の前のあなたが先に笑顔になれないように
ます、あなた自身が笑顔になると鏡の中のあなたも笑顔になる」

という余の摂理に沿った感情のブロックを、あなたと共有しながら進めて行きますので、こちらのページでは快復された体験談など詳しく書かせて頂いておりますので、ご参考にされて下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● ハードワークで限界に来る前に

痛みを我慢して過ごすビジネスマンのあなたへ

女性疾患の多くは内臓の冷えが原因

自律神経系の考え方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?

あなたの身体さんは「あなたに治って欲しい、気付いて欲しい」というサインを痛みや症状を通じて出しております。

そこに「気づく方」と「気付かない・気付きたくない」という方との間で完治へ向けた分かれ目になるのであります。

少しでも、あなたの参考になればと思います。

元気なあなたの笑顔を全力で応援する
さかい快福整体堂の市川でした☆ミ

タイトルとURLをコピーしました