【相談】筋肉のこりは自律神経失調症の原因になりますか?

肩がこる女性

Q はじめまして。

相談をお願いします。

私はふらつきと肩こり、頭痛で長年困っています。

病院で調べてもらっても異常なしと言われ、心療内科で安定剤と筋肉をやわらげる薬を処方されて飲んでいます。

まだ安定剤は分かるのですが、筋肉を和らげる薬を出されるということは、筋肉をほぐしていけば自律神経が安定するのかな?と疑問に思いました。

心療内科の先生には聞きづらく、筋肉のこりが自律神経失調症の原因になるのか、先生のご意見を聞かせてください。

よろしくお願いいたします。

ご返信

こんにちは。

さかい快福整体堂の市川です。

ご質問にお答えします。


A 筋肉のこりや痛みはストレスの中の構造的ストレスに属するため、
お体の状態にもよりますが、自律神経失調症の原因になり得ます

4つのストレス

自律神経の説明


精神的ストレス(皆さんが思われるストレス)


構造的ストレス(筋肉の疲労・痛み・骨格のゆがみなど)


化学的ストレス(排気ガス・添加物・合成されている商品など)

環境ストレス (熱い・寒い・湿度など)

これら4つのストレスが積み重なり一定量を超えると、身体症状として表れてきます。

例えば、Aさん(一定量を超える数値を70点と仮定します)

仕事の人間関係で悩んでいる 30点
首のこりを感じる 15点
暑さに弱い   20点
外食をよくする 10点

合計 75点

5点オーバーですので、Aさんの身体には何らかの症状として表れてくる可能性が高いです。

ご質問者さまの場合、筋肉がほぐれて自律神経失調症の症状が安定されるのならいいのですが、もし他のストレスが蓄積されているとすれば、それらを解消していく必要があります。

いただいた文面から、心療内科で安定剤が処方されていますので、おそらく不安なことをよく考えられているのかな?と思いました。(検討違いでしたら申し訳ございません)

もし、その場合、不安を安心に変えていけるように気持ちの切り替えができるといいですね。

少しでも参考にしてくださると嬉しいです。

さかい快福整体堂 
市川 猛

タイトルとURLをコピーしました