幻の痛み

診察を受ける女性

今日のブログテーマは、幻の痛みについてです。

さっそく、あなたに質問をさせてください。

人間が痛みを感じる時、どこで感じると思いますか?

「      」

はい、そうです、ですよね。

膝痛や腰痛、どこか体をケガしたとしても、脳がないと痛みを感じることはできません

脳の疲れを説明

実は、脳の中には、「DLPFC」と呼ばれる、痛みの回路を鎮める指令を出すところがあります。

このDLPFCは、痛みをコントロールすると同時に、恐怖・不安・悲しみなど、負の感情もコントロールをします。

幻の痛みを説明するために、痛みが強い代表的な症状(整体に限る)として、

・頭痛
・寝違い
・慢性腰痛
・ギックリ腰
・股関節痛(関節痛)

をあげてみました。

これらの症状の際には、DLPFCによって、痛みの回路を鎮める指令が頻繁に出されているといえるでしょう。

と同時に、

「もうあの痛みは経験したくない」
「どうして治らないんだろう?」
「このまま治らなかったら人生がつまらない」
「旅行をキャンセルしないといけないかも」

自律神経・ホルモン系の症状

など、負の感情もコントロールをするために、“痛みのコントロール”+“負の感情のコントロール”が繰り返されることによって、DLPFCはヘトヘトになって疲れてしまいます。

すると、DLPFCの活動が衰えて、痛みの回路を鎮静することができにくくなります。

そうなることで、いつもなら抑えることができた痛みを認識しやすくなるのです。

幻の痛みがでないようにする、対処方法。

首こりの説明

幻の痛みが出ないように、どう対処をすればいいのか?ご説明させていただきます。

当院がおすすめる方法として、今ある痛みに対して極力意識を向けずに、痛みがない体の箇所に対して”意識”を向ける

つまり、視点をずらします

さらに、

たのしい
いい気分
落ちつく
気持ちいい

ことを感じていただきたいです。

前向きな女性

おそらく、あなたも

・趣味を楽しんでいる
・お笑い番組を見て笑っている
・何か緊急なことが起きた
・スポーツをしている

このような時には、痛みがそれほど気にならない経験があると思います。

私の場合は、たこ焼きを食べている時かな?(笑)

たこやき

このようにして、余分な痛みを減らしていきましょう。

ぜひ、お試しください^^

さかい快福整体堂
市川 猛

【関連ページ】

\ 見てなっとく!安心の取り組み /

全営業日クリーン宣言!コロナウィルス対策実施中!

初回限定 毎月先着3名さま限定初診料0円
ご予約はこちら
さかい快福整体堂室内写真

広々ゆったり完全個室

土日18時まで営業

JR阪和線「津久野」駅徒歩5分

さかい快福整体堂
住所大阪府堺市西区津久野町1丁14−12 ナカノハウジングビル202
TEL072-289-5992
営業時間10:00~19:00 土日は10:00~18:00
定休日火・金・祝日
カード決済さかい快福整体堂カードのお支払い
スマホ決済さかい快福整体堂PAYPAYのお支払い

写真による詳しいご案内は、こちら津久野駅から当院へのアクセス方法

脳の疲労
この記事がお役に立ちましたら、シェアして頂けると幸いです。
\さかい快福整体堂をフォローする /

整体おすすめ情報♪

堺市西区で体も気持ちも楽になれる整体院 | さかい快福整体堂
タイトルとURLをコピーしました