幻の痛み

今日のブログテーマは、幻の痛みについてです。


さっそく、あなたに質問をさせてください。


人間が痛みを感じる時、どこで感じると思いますか?

::


「     」


::


はい、そうです。脳です。


膝痛や腰痛、どこか体をケガしたとしても、脳がないと痛みを感じることはできません。



実は、脳の中には「DLPFC」と呼ばれる、痛みの回路を鎮める指令を出す所があります。



このDLPFCは、痛みをコントロールすると同時に、恐怖・不安・悲しみなど、負の感情もコントロールをします。



幻の痛みを説明するために、痛みが強い代表的な症状(整体に限る)として、

・頭痛
・寝違い
・慢性腰痛
・ギックリ腰
・股関節痛(関節痛)

をあげてみました。

これらの症状の際には、DLPFCによって、痛みの回路を鎮める指令が頻繁に出されていると言えるでしょう。

 

それと同時に、

「もうあの痛みは経験したくない」
「どうして治らないんだろう?」
「このまま治らなかったら人生がつまらない」
「旅行をキャンセルしないといけないかも」


など、負の感情もコントロールをするために、“痛みのコントロール”+“負の感情のコントロール”が繰り返されることによって、DLPFCはヘトヘトになって疲れてしまいます。

 
すると、DLPFCの活動が衰えて、痛みの回路を鎮静することができにくくなります。


そうなることで、いつもなら抑えることができた痛みを認識しやすくなるのです。

 

これが「幻の痛み」と言われる所以です。


この幻の痛みが出ないように、どう対処をすればいいのか?ご説明させていただきます。

 

当院がおすすめる方法として、今ある痛みに対して極力意識を向けずに、痛みがない体の箇所に対して”意識”を向ける。


つまり、視点をずらします


さらに、

たのしい
いい気分
落ちつく
気持ちいい


ことを感じていただきたいです。


おそらく、あなたも

・趣味を楽しんでいる
・お笑い番組を見て笑っている
・何か緊急なことが起きた
・スポーツをしている

このような時には、痛みがそれほど気にならない経験があると思います。


そのようにして、余分な痛みを減らしていきましょう。

ぜひ、お試しください^^


さかい快福整体堂  
市川 猛

LINEからのお問い合わせはこちらから

お電話・メールでのお問い合わせ

ご利用の流れ

タイトルとURLをコピーしました