パニック障害の克服に向けて「過去・現在・未来どこに意識が向いていますか?」

未来・現在・過去 あなたはどこに意識を持たれますか?

パニック障害克服プログラム

BMリンクセラピーの全てをいますぐ知りたい方はこちら↓

不安を安心に、恐怖を安全に、悩みを希望へ

——————————————————————————

パニック障害特有の、不安や恐怖を感じる時…

多くの方が、

 

「寝る前に、不安なことを考えてしまう」

「馴染みのある場所に行くことさえも怖い」

「何か別の怖い病気じゃないかと心配になり、スマホで調べてしまう」

「つぎパニック発作が起きると死んでしまうかもと、不安でいっぱい」

 

ほんの一例ですが、このようなことを思ってしまうようです。

 

このようなことは、私も一人の患者として思っていましたので、皆さまも同じようなことを考えているんだと思いました。

 

今日のブログでは、これらの考えが、過去・現在・未来の中で、どこに意識が向いているのかについて一緒に考えていきましょう。

「寝る前に、不安なことを考えてしまう」

 

この不安は、過去・現在・未来どれに対して、不安を感じているのか?

過去が不安だとは、あまり思わないでしょう。

過去は後悔する方が、しっくりきますよね。

 

そうなると、不安なことは現在か未来か、どちからです

まさに今不安なのか、明日や数かケ月後の不安なのかは、ケースバイケースです。

「馴染みのある場所に行くことさえも怖い」

 これも過去は考えにくいです。

現在か未来かを考えた時、現在なら行くことができていますので、おそらく明日など未来に対しての可能性が高いです。

 

「何か別の怖い病気じゃないかと心配になり、スマホで調べてしまう」

この心配は、過去・現在・未来のうち、どこに一番強い心配を抱えられているのか?

少し分析してみますね。

 

別の怖い病気じゃないかということは、おそらく過去のことではありません。

 

心配なのは今現在かも知れませんが、怖い病気かどうかは、病院で検査をしてもらわないと分かりませんよね?

 

当日に検査ができるとも限りませんし、検査結果が当日分かるかどうかも定かではありません。

 

検査結果を待つ、1日1日がどれだけ辛いことかを考えた時、未来に対して心配されていると思います。

 

「つぎパニック発作が起きると死んでしまうかもと、不安でいっぱい」

 

つぎの意味は、過去ではないことは分かるとして、現在でしょうか?それとも未来でしょうか?

 

今まさにパニック発作が起きているとすれば現在ですが、「しまうかも」という表現ですから、この場合は未来のことを示しています

 

 ::

 

::

いかがでしょうか?

 

過去・現在・未来という時間軸で考えると、ほとんどの場合が「未来」に対して意識が向いていることに気づかれたと思います。

 

過去を変えることはできませんよね?

 

未来のことを考えるのはいいと思います。

ですが、同じ未来に対する考えでも、不安や恐怖というマイナス要素より、どこか旅行に行きたい、人生を楽しみたい!フラメンコを習いたい!のようなプラス要素の方が、いいと思います。

 

そうなれるように、現在を意識して過ごしてみる。

現在(今)をしっかりと意識して生活することができるなら、未来を変えることはできます。

 

現在<未来ではなく、現在>未来です♪

さかい快福整体堂
市川 猛

タイトルとURLをコピーしました