首を揉まずに緩ます理由

森林

昨日書いた記事と関連するのですが、私の整体では身体全体の「ゆがみ」を整えてから、首の調整を致します。※昨日の記事は➔ゆがみが出る姿勢

慢性的な首肩こりの場合、首や肩を刺激するのではなく腕周辺や鎖骨下(デコルテ)のポイントを刺激して緩和して行きます。

ガチガチに固まった首肩の場合、正直実感はありませんし遠回りかも知れませんが私はこの方法が良いと思っております。

【首を揉まない理由】

以前にも書かせて頂いておりますが、決してマッサージ等を否定するものではありません、あくまでも私の見解なので「こんな考えもあるんだ」と読んで頂くと幸いです。

■首は「脳」と「身体」を繋ぐ重要な位置で、

神経や血管などが集中しております。

また頭の重さはボーリングの球と同じ位で約6㌔あります、その重さを「首」で支えているので余計にデリケートに扱わないと、私は怖いです。

固まった首肩の筋肉は「輪ゴム」と過去に表現しましたが、そう言った意味でも、私は首は確認で触る程度で、後は関連する腕と鎖骨下周辺を刺激して行きます。

※輪ゴムの記事は➔凝りと輪ゴムの関係

痛みや考え方など、私なりの考えはブログに沢山書かせて頂いておりますので、もし、参考になりそうでしたら、遡って気になるタイトルをクリックして頂いて読んでもらえれば嬉しいです。

さかい快福整体堂の市川でした。

タイトルとURLをコピーしました