疲れているのは“体”ではない『脳疲労』のメカニズム

疲れている女性

そこで今日のブログは、記事を参考に脳の疲労について書いてみようと思います。

【脳疲労】 脳が疲れている3つのサイン

脳のイメージ図

記事の中で参考になったのは、脳が疲労を感じているとき、3つのサインがあることです。

記事から引用させていただきます。


・ 飽きる

・ 眠たくなる

・ 疲れる


飽きるは、「違う神経細胞を使って!」と、脳が疲れているサインだったのですね。


これは、大変勉強になりました。

他の、眠たくなる・疲れるについては、私もそうだなと思います。

多くの方は体が疲れている場合、栄養ドリンク剤を飲む・睡眠時間を増やす・栄養のあるものを食べる・スーパー銭湯で体を温める(サウナと水風呂も含む)・マッサージを受ける・整体を受ける。

などのような疲労回復に努められるでしょう。

でも、もしかするとあなたは、「睡眠時間を増やせば、脳の疲労は取れるんじゃないの?」と思われているかも知れませんよね。



さかい快福整体堂の見解では、睡眠の質が低ければ翌日起きた時に、体がだるいなど疲れが残っているはずです。

その場合、睡眠の質を上げる対策

つまり、脳の疲れに対してケアをする必要があります

脳の疲れを説明

私が整体の道にすすんだのは、30歳。

今からですと、15年前になります。

当時の整体のイメージは、腰をひねってバキバキ矯正をする。

同じく首をひねってバキバキ矯正をする。

筋肉を強くもむ。

芸能人が、「イタタタ!」とリアクションをした後に「スッキリしました!」的な番組構成が多かった時代です。


今は、「脳」にもアプローチができる時代です!

もし、あなたやあなたの大切な方が、何をしても体の疲れが取れないことでお困りでしたら、脳にアプローチを施す整体(クラニオセイクラル・クラ二オセラピー)があることを、この機会にぜひ知っておいてください。

さいごまでご覧くださって、ありがとうございました。

さかい快福整体堂  
市川 猛

【関連ページ】

タイトルとURLをコピーしました