ストレスを生み出すメカニズム~脳の仕組み~

ストレス

今日のブログは、ストレスを生み出すメカニズムについて、ご説明しようと思います。

それでは早速、下のイラストをご覧ください↓

脳の構造

緑色で丸をしたところが、本能脳(大脳辺縁系)と呼ばれる部分です。

本能脳は、動物的な脳といわれ、快・不快で物事を判断したり、人間の三大欲で知られる食欲・性欲・集団欲も本能脳の役割です。※ 睡眠欲は青色の矢印で示した脳幹の役割になります

一方、本能脳の欲求に対してバランスを取る役割が、黄色で丸をしたところにある、理性脳(大脳新皮質)と呼ばれる部分になります。

この本能脳と理性脳の軋轢(葛藤みたいなもの)がストレスを生み出すメカニズムです。

日常生活でたとえてみましょう。



「自分の時間を増やしたいのに、つい頼まれことを引き受けてしまう」

自分の時間を増やしたい(本能の欲求)

引き受けてしまう(断ったら機嫌が悪くなるから我慢しよう、理性的な考え)



「ダイエット中だけど、つい甘いものを食べてしまう」

食べてしまう(本能の欲求)

ダイエットも本能の欲求かもしれませんが、ストイックにダイエットをされない場合は、もしかすると理性的な動機かも知れません。

その場合、本能の欲求(食べてしまう)が勝ちます。


この2つのケースのように、本当はこうしたいのにという欲求に対して理性的に抑え込んでしまっている状態がストレスです。

ストレスの発散方法

ハート

ストレスの発散方法は、インターネット上でたくさんありますので、ここで似たようなことを書いても参考にならないと思います。


私らしい個性を発揮して、と言いますか私のストレス発散方法をお伝えいたします。(笑)



・ブログ

自分の思っていることを不特定多数の方にご覧いただくのは、凄く気分がいいです。


こんないい方法があるよ

よろこびの声をいただきました

私はこんな症状で悩んでいました(自己開示)

お客さまのお店の紹介



これは、つまり、「注目を浴びたい!」という本能の欲求なんでしょうね^^


自宅に帰ってからも、パソコンに向き合っているほどです。(笑)



・お酒

本来お酒を飲んでのストレス発散はいけませんが、ストレスのメカニズムや健康法を知っている前提で、ストレスを感じる時にはお酒を飲みます。


ただ、明日のことを考えて深酒はしないタイプです。


基本、ビールか酎ハイを飲みますが、ここぞというストレスの時にはワンカップ大関を飲みます(笑)


ワンカップと柿ピーがあれば最強ですね。



・音楽を聴く

私は、ジャズやフュージョン、古いレゲエ(ルーツ・レゲエ)が大好きです。



お酒を飲みながら音楽を聴くと、あっという間に時間が過ぎていきます。



・自動車レースF1の動画を見る

私が自動車整備士になったきっかけは、F1中継でした。



1990年前後、

アイルトン・セナ

アラン・プロスト

ナイジェル・マンセル(一番好きなレーサー)


に熱中しましたよ。


レースももちろん面白いのですが、エンジンの音を聞くのがとても気持ちいのです。

アイルトン・セナ 神ががりの予選ラップinモナコ オンボード映像


・スーパー銭湯


スーパー銭湯はストレスとか関係なく、よく行きますが書かせていただきました。



・一人カラオケ

これは、完全にストレス発散です!(笑)


私は一人で行動するタイプで、カラオケにいくことに抵抗を感じません。


よく歌うのは、桑田佳祐さん・サザンオールスターズ・フリッパーズギター・大瀧詠一さん・オリジナルラブ・前川清さん(クールファイブもです)


1時間大声で歌い、気分よく帰宅します♪

おわりに

自分らしさ


今日のブログは、ストレスについて書かせていただきました。


私自身のストレス発散方法を書いたあとに感じたことは、自分は他人に話しを聞いてもらうことはしないんだと思いました。



生きていると様々なストレスに出会うと思いますが、ストレス発散をされず、誰にも相談をしないとなると心の病になる恐れがございます。



あなたらしいストレス発散方法で、健康ライフを♪

さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。



さかい快福整体堂  
市川 猛

タイトルとURLをコピーしました