整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・睡眠の質でお困りの方へ

睡眠
ここ数ケ月の間、「睡眠」についてのご依頼が多く、ブログで取り上げてみました。

さきに当院の見解は、こちらにまとめています。


■ 睡眠と自律神経は密接に関わっています

自律神経失調症でお困りのあなたへ

当院が考える自律神経失調症の原因は、次の3つです。① 首の筋肉が硬い② 脳の疲労③ 精神的ストレス。私達は、どこか傷ができても自然に治っていくように、いくら疲れていても睡眠を取れば体力が回復するように、『自然治癒力』というのが備わっています。土日も施術対応|1日8名様の予約制


■ 不眠・睡眠障害でお悩みの方へ

不眠・睡眠障害でお悩みのあなたへ

不眠や睡眠障害には、薬や趣味だけでは改善されない、脳の疲労、自律神経の乱れが深く関わっています。普段、私たちが起きてる時、脳は活発にエネルギーを使い眠る時は脳の働きが落ち着いて、浄化体制に入ります。ですので、脳をしっかり休ませ脳の疲労を取る必要があります。


上記リンク先を読んでいただいた前提で書きますと、整体を受けても眠れない・鍼を打ってもらっても眠れない・カイロでもそうですし、リラクゼーションマッサージでも眠れない。


このような方で睡眠の質が上がらない理由は、つぎの2つにあると考えています。

睡眠の質が上がらない2つの理由

首こりについて説明をする整体師

精神的ストレスが解消されていないから

物思いにふける

今まで体へのアプローチ“だけ”受けてこられたため、睡眠の質が上がらないのです。

ただ、精神的ストレスという言葉は、漠然とし過ぎていますよね?

具体的にどういうことなのかは、下記を参考にしてください。



・不安を感じやすい
・心配性
・完璧主義
・~~べき
・~~しなければならない
・自己犠牲
・怒りの感情を抑圧している(いい人を演じている)



これらの言葉でも、まだ漠然としているかも知れませんが、ピンと来た方は向き合ってみてはいかがでしょうか?

忙しい生活がつづいているから

ハードワーク

ざまざまな事情があって、休む時間(自分の時間)が少ないために、自律神経の切り替え(交感神経副交感神経)がうまくいかず、睡眠の質が上がらないのです。



ここでいう、ざまざまな事情の代表例は、


・ワードワーク
・ワンオペ育児や家事


です。

 

しかし、これらは現実的にすぐ改善できることではありません。



整体などに通う時間を作るのも、大変だと思います。



そのような方は、少しでも「○○の負担を減らそう」と意識されることをおすすめします。


さいごまで読んでくださって、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました